--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.30

サクラサク

・・・といっても、なにかの試験に受かったわけではないですよ~ 
あまりにも桜がきれいだったので、写真を撮ってみました。
本当に桜の木なのか自信ないんですが・・・
この冬はとても暖かかったので、花が咲くのも例年よりかなり早めのようです。

2903147.jpg

2903143.jpg

この黄色い花(レンギョウ)も、あちこちで満開。
2903146.jpg

学校の屋根の上に見える花もきれいです~。
2903142.jpg


こちらも最近 目立っている宿り木。
2903148.jpg

上の写真のように、緑の葉がつまっていると分かり易いけど
知らないと鳥の巣と間違えたりするんですよね  (私だけじゃないハズ・・・
2903141.jpg


車の中から撮った写真もあるし、あまり綺麗に撮れてないんですけど・・・
やっぱりこの季節になると 「写真、撮りたーい」 ってなっちゃいます。
花粉症は嫌だけど、やっぱり春はいいですね!
「遠くまでドライブしたーい」とも思うんだけど、ガソリンが勿体ないしっ
残念ながら、今日の目的地は  「空き瓶と缶の回収場所」  だったので
別の日に行ったレストランのお話しを。


義父母達がみつけて、最近たまに行くレストランなんですが
以前はビールの醸造もしていたようで、あちこちにその名残があるんです。

醸造樽の中に座っちゃう席。 遊園地のコーヒーカップみたい。
2103141.jpg

別の角度から
2103144.jpg

ちょっと分かり難いのですが・・・
醸造釜の中にあるテーブルの上で、おもちゃの汽車が走っていて
周りに座れるようになってます。
2103143.jpg

この奥で本当にビールを貯蔵してたってことはないと思いますが・・・
蓋だけ壁に貼り付けたんでしょうね。
下の器具はなんでしょう。 なんかの栓をひねるものとか?
2103145.jpg

これはビールと関係ないけど
暖炉の前(中?)に、可愛い二人掛けテーブルが。
2103142.jpg

外にも、立飲み用の大きなビア樽がありました。
ここなら風のある日も寒くない・・・
2203141.jpg

我が家からは、車で一時間近く掛かるんですが
この店の 「鯉の丸揚げ」 (どんなものか知りたい方は、こちらを)
が大好きな義父のお気に入りの店です。
小さな村にある、全く目立たないレストランなんですが
安くて美味しいので、地元の人達には大人気のようで
日曜の昼は予約も二部制になっていて、いつもすごく混んでます。

この日は、最後の予約になんとか入れてもらえ
お店の写真も 「どうぞ~」 と撮らせてもらえたのでラッキーでした 








スポンサーサイト
Comment:0
2013
03.25

バイエルンな(!?)市

またまた寒い日が続くドイツですが
街中では、春らしい雰囲気のイースターの市を開催中。 

2431337.jpg

2431338.jpg

2431340.jpg
ロウソクや石鹸の店

2431339.jpg
飴屋さんです


昨年も、この市について書いたので
(昨年のイースター市については こちら に)
今回は、面白そうなものを、ちょっとだけご紹介。

ビールとプレッツェルの絵がついた、日本へのお土産によさそうなエプロン。
2431332.jpg


この猫ちゃん達、ホンモノの猫が眠ってるみたいに
お腹が上下するんですよ、すんごく可愛い (でも高い)
2431333.jpg


こちらの陶器のお店には
2431334.jpg


なんと、1.5リットル入るマグカップが。
2431335.jpg

右下にある、青いバイエルン州旗と紋章模様の
1リットル入るコーヒーカップは、我が家にもあるんですけどね~。

左にあるのは有名な 「バイエルンの時計」 
普通の時計とちょっと違うことにお気付きになったでしょうか?
なんと、針が左に回る んですよ。
だから、普通なら1時である場所が、11時になっています。
バイエルンの時間は、過去へタイムスリップ!? 


可愛いまん丸の牛や羊が ぶら下がっている羊毛製品のお店。
2431331.jpg


あれ?  あれは、ひょっとして・・・




やっぱり、アレだーーー!

2431330.jpg

なかなかの巨乳ですな   ちょっと垂れ気味ですが・・・
バイエルンなら、これくらいのサイズの方はたくさんいそうです。
これは一体、どうやって使うものなのかな・・・  枕に!?

ちょっとお値段高めの Lammfell (子羊の毛皮) だと思うので
肌触りは、ホンモノより良いかもしれませんけどね~~~  






Comment:4
2012
10.30

ニュルンベルクでバッタリ、ビックリ!

ニュルンベルクも紅葉が綺麗です。 
もう終わりかけではありますが。

DSCF1138.jpg


ここでの用事を終え、市内のアジア食品店へ寄り
レジに並んでいたら・・・

なんと、 FCニュルンベルクの 清武選手が
ご家族と一緒に入っていらしたではありませんか! 
   え~っ

店内が狭いため、奥様が一人で奥に入られ
清武選手はベビーカーと一緒にレジの側で待っておられたので
思い切って、写真を撮らせていただけないかとお願いしてみました。
快く  「いいですよ」  と応じてくださり、  子供達と一緒に記念撮影。
「応援してます。 頑張ってくださいね」  と声を掛けたら
「ありがとうございます」  とニッコリ。
素敵な笑顔に感激です    

チームは、なかなか大変な状態のようですが、どうかめげずに頑張ってくださいね。
これからもずっと応援していますので。
私だけでなく、ニュルンベルク周辺に住んでいる人達みんな応援しています 
(清武選手が活躍している FCニュルンベルクの本拠地、フランケンスタジアム
 (e@syCreditスタジアム) を見学した時の様子が、 こちら と こちら に
ありますので、 もしご興味のある方はどうぞ)

ニュルンベルクなんて本当に小さな街なので、いつかお会いできたらいいなとは思っていましたが
まさか、こんなに早くその日がやってくるとは・・・ ビックリ でした。



こちらは、ニュルンベルク空港近くにある屋内レジャー施設 Tucher-land (トゥハー・ランド)
DSCF8232.jpg

DSCF8225 (2)

DSCF3318, 2008.02.05, 12.21.17


FCニュルンベルクの試合がある日は
大型スクリーンで、テレビ中継を観ることができます。
DSCF0181 (2)

子供達を遊ばせながら、 パパ ママはみんなで試合観戦。  
楽しいですよ~。  みんなで清武選手、応援しましょう!
ニュルンベルク付近にお住まいの方には、おススメです  
いや、近くにお住まいでなくても、 お子さま連れでニュルンベルク観光される方には
いいかもしれないですね~   





Comment:6
2012
10.01

食欲の秋なので

親戚での誕生会に招待されたのですが
そのお宅は大きなお子さんしかいないので、昼食後、退屈しきった息子達。
「近くに新しい公園が出来たらしい」 ということなので、ちょっと行ってみることにしました。

公園の入り口に、不思議な看板が・・・  巨人の国???
後ろに見える、あれが巨人なのか?

DSCF0332.jpg


巨人の足跡・・・?
DSCF0346.jpg

DSCF0348.jpg


このイスに座ると・・・
DSCF0385.jpg

後ろにそびえるペンチで、舌でも抜かれそうよ   
DSCF0343.jpg

滑り台の下にもペンチが
DSCF0397.jpg


舌を抜かれた後は、ここで食べられちゃうのか?   
DSCF0363.jpg


梨とリンゴをかじる芋虫も巨大。
でも、この腰掛け、なかなか座り心地がよいのよ~。
後ろに見えるのは、 巨人の大工道具らしい。
DSCF0350.jpg


ペンチのこの尖り具合といい、ノミが地面にブスッと刺してある様子といい
これまた、なんか ちと恐ろしいような光景・・・
DSCF0376 (2)


・・・という、 なんだか ちょっと変わった公園でした。
最近は、わざわざ公園に行く、なんてこともなくなったので、子供達は結構楽しんでましたが。


その後は、親戚に戻ってケーキを食べたのですが
いつもは好きじゃないリンゴのケーキが、ものすごく美味しく感じて
「このリンゴケーキ、すっごく美味しいね~!」 と皆の前で言ったら
そのお宅のママが 「そう? それだけは、私が作ったんじゃないけどね」 って。

 ゲ、ゲッ・・・ 

リンゴのケーキだけは、お客さんが作って持って来たものでした。 
(それも、その場に居なかった方)
そ、そうだったのか・・・  ケーキを褒めるのも難しいわね

ドイツではよく見かけるケーキなんですけどね。
なかなか美味しそうでしょ!
DSCF0413.jpg


しかし、最近、本当になんでも美味しくて困っちゃうなあ。
太ったレディー・ガガの写真を見て  「他人事じゃないわ・・・」 って焦るよ~。
私も、  15㎏くらいなら、すぐに体重が変化しちゃう体質 なので。

実際の私をご存知ない方には、 俄かには信じ難い話でしょうが
次男出産後、本当に 「15㎏増えては、また元に戻す」 っていうことを、2回も繰り返してます。
ここ一年半ほどは、なんとか、15㎏少ないほう で保ってますけど・・・  最近まずい・・

食欲の秋よ、早く終われ~~~ 

なんて言いつつ、 「お祭りに行こうよ~!」 と友人親子を誘ってしまっていたわ。
嗚呼・・・  また、食べまくっちゃいそうよ・・・  


DSCF0728.jpg
花屋さんも秋らしく・・・





Comment:2
2012
07.14

ドイツ的水泳場

我が家の近くには・・・ というか、車で気軽に行ける範囲内のことですが、たくさんのプールがあります。
今まで行ったことがある場所をざっと思い出してみただけでも 10ヶ所!
屋内で、波が出るプールや流れるプール、色々なスライダーがあるような施設は
やはり入場料が高いのですが、夏季しか営業していない野外プールは、どこもかなり安いのです。
だから、 夏の間は、 暇さえあれば、野外プールに行っている夫と息子達。


2年ほど前、近くの村に、新しい野外プールが出来ました。
このプール、 私が かなり気に入ってます



まず、水の色が他のプールと全然違って、 きれいな緑色。
それだけでも、結構 珍しいと思うのですが・・・
DSCF7338.jpg


木で作られたプールサイドを、もう少し右にずれていくと・・・
DSCF7340.jpg


蓮の花が咲いてます!
DSCF7361.jpg


そう、ここは、 殺菌・消毒剤、塩素などを全く入れていない 「Natur bad」 (天然水のプール) 。
日本にもドイツにも天然水のプールって結構あると思うのですが、こんな風になっている所は珍しいのでは!? 
DSCF7441.jpg


左に少し見えたのは、水に浮かぶトランポリン 
DSCF7429.jpg

滑り台もあります。
小さな滑り台ですが、子供用のサーフボードに寝そべって滑ってもOK! なので
(混んでいる時はダメかもしれません)  水に落ちても顔が濡れず、息子達のお気に入り。
DSCF7370.jpg


こちらは子供用プール。
おたまじゃくしも一緒に泳いでいたりするけど、子供達には嬉しいかも・・・ 
(二匹見ただけだから、たまたまかな?)
右奥に見える、小屋のようなものは、 そこでチャチャッと着替える為のもの。
DSCF7330.jpg


もっと、ちっちゃな子供達には、水遊びや砂遊びができる場所もあります。
DSCF7444.jpg

DSCF7380.jpg

DSCF7424.jpg



周りも自然がいっぱいで昼寝に最適 気持ちのよい場所だし
なんといっても、入場料は、  家族4人で 7ユーロ (700円ほど) 
6歳までのお子さんは無料 で入れます。


アンタ達、そんな事やってるだけなら、 わざわざプールに来なくても・・・
DSCF7448.jpg


って、他のプールだったら思うんだけど、ここなら許せるわ。
でも、入場料払って、芝生で昼寝してるだけの私よりマシ!?
だって、水が冷たいんだもん。  この日なんて、気温も20℃そこそこしかなかったのですよ。
夫や子供達は、どんなに寒い日でも平気みたいですが。


もっと暑くなったら、また来よう!  と思った  「天然水プール、 ナトゥア・バート」 でした。


いやいや、暑くなったら人が多くなって、ゆっくり昼寝できないから
やっぱり、暑くない日のほうがいいのかしらん・・・    










Comment:4
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。