--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.27

ま、まさかの・・・

Category: クリスマス
前回も少し書いたのですが、クリスマスイブは義妹一家と
我が家で過ごしました。

ドイツでは、クリスマスツリーを24日に飾る家も多く
飾り付けた後、ツリーの下にプレゼントを並べておきます。
義父母も、毎年24日の朝、息子達を呼んでツリーを完成させるので
その後、子供達がいない時を見計らって、ツリーの下にプレゼントを置いておきました。

2512131.jpg
義父母達のツリーは、本物のモミの木、本物のロウソク。
分かり難いけど、赤に金の絵が入った飾りは、中がチョコレートになっている。


我が家では毎年12月になると、子供達が欲しい物を書いた紙を
居間にある小さなツリーにぶら下げておきます。
すると、夜中にクリストキントが紙を取りに来て
(この辺りの地域は、サンタでなくクリストキントという
 天使のような神の遣いが、プレゼントを持ってくることになっている)

イブの夜、希望したプレゼントが、義父母達の居間にある大きなツリーの下に
置かれているのです。

今年も、たくさん欲しい物を書いたリストが、小さなツリーにぶら下がっては
いたのですが、今年はオットと義妹が話し合って、息子達や甥、姪へのプレゼントは
「お金やギフトカードで統一」 ということになりました。
子供達にも、 「今年はお金だよ」 ということを
それとなく(いや、ハッキリ何度か言ったと思う) 伝えていたつもりだったのですが・・・

24日の夜、 プレゼントの  「お金やギフトカード」 を見た息子達
明らかにガッカリした様子だな、と思っていたら・・・
二人で大泣きして、ベッドの中に潜り込んでしまいました。
え、えーーーーっ???  
お金だけでは・・・ と思って、普段 欲しがるけど買ってもらえないような
お菓子も添えたし、私達夫婦、義父母、義妹夫婦、親戚からのプレゼントの合計は
一人150ユーロ・・・ 一万五千円くらい (今日のレートで計算したら二万円以上)ですよ! 
一体どこに泣く理由が・・・???

24日の朝、外に出て遊んでいた息子達が
「本物のクリストキントを見た!」 なんて真剣な顔で言っていたので
「まさか、もう信じてないよねえ・・・」 と、チラッとは思ったのですが・・・
次男は 「本当はママがプレゼント買ってるんでしょ?」 なんて言ってたし。

どうも二人ともまだ本気で (次男は疑いつつも)クリストキントが
リクエストしたものを持って来てくれる、と信じていたようなんです。
あちゃー  

結局、義妹が二人を優しく説得  (こういう事、義妹はすっごく上手)
なんでも好きなものを選んで買える、と分かって機嫌は直ったのですが
そこまで本当に時間が掛かって大変でした 

私が、サンタの追跡サイトなんかを見せてしまったのが悪かったのか
長男はいまだに 「(クリストキントはいないけど) サンタは本当にいるけどね 
なんて言ってます。  否定したほうがいいんだろうか・・・
次男は、義妹の話を聞いて完全に 「そんなものはいない」 と理解したみたいですが。

私は子供の頃から、サンタなんて全く信じていなかったので
子供達には夢を~ なんて思っていましたが
まさか、ここまで信じきって楽しみにしていたとは・・・

でもまあ、きっと これもいつかは良い思い出になることでしょう。
いや、悲しい思ひ出なのか・・・
しかし、あと数週間で 12歳と 10歳になろうとしているのに
こんなんで大丈夫なのかーーー   と心配になったクリスマスでありました。


24日の朝に、もう一つビックリしたこと。
十数年お会いしていなかった、ドイツ在住の知人(日本人女性)が、突然、我が家に!
毎年、クリスマスカードはいただいていたのですが
「近くまで来たから、カード持ってきちゃった」 って。
いやあ、ビックリ  
封筒には切手が貼ってあったから、本当に突然思いついたのでしょうね。
全くお変わりなく、とってもお元気そうでよかったのですが
私は寝起きで、髪がはねたまま料理していて、すごい格好だった・・・
また、そのうちゆっくり遊びにいらしてくださいね~。
といっても、まあ、これは読んでないでしょうけど・・・


この時作っていた24日の夕食は、いつもの感じで、焼きソーセージとザウアークラウト
揚げチーズと野菜 (ベジタリアンがいるので) 数種のサラダくらいで
こちらは、 25日にステーキハウスで食べたもの。
前菜の揚げマッシュルーム、ガーリックトースト、サラダ(バー)
2512132.jpg

私が食べたメイン料理は、黒胡椒がたっぷりのったペッパーステーキと
マッシュポテトを搾り出して焼いたもの。 
ステーキの皿にはオレンジも乗ってたんですが、一瞬で次男の口に・・・
2512133.jpg

レストランの後に寄った義妹宅は、お茶するテーブルも
ちゃんとクリスマスの雰囲気になってました。
うちはいつも適当すぎるね・・・ ちと反省 
2512134.jpg






スポンサーサイト
Comment:2
2013
12.23

楽しいクリスマスを☆

Category: クリスマス
20日で学校も終わり、クリスマス休暇に入りました。
・・・なんて書いてたら、明日はもうクリスマスイブだったー!
21日が義父の誕生日なので、パーティーの用意や後片付けでバタバタして
あっという間にクリスマスになってしまいます。


12月には、保護者を招いてクリスマス会をする学校も多いのですが
長男達のクリスマス会で、面白い楽器の演奏をしていました。
「一体、あれはなんていう名前の楽器なのだ???」 と分からなかったので
調べてみたら、 「Boomwhacker」 (ブームワッカー、日本ではドレミパイプ)
というらしいです。 
日本では、 子供番組の「ポンキッキーズ」 で使われていたそうなので
知っている人も多いのかな・・・?
アメリカから来た楽器で、プラスチックの筒の長さによって音階が決まっていて
それを手で叩いたり、机や床にぶつけたりして演奏します。
シロフォンのように並べてバチで叩いたり、床に対して垂直に筒を持って
叩き付けて演奏したりも出来るようですね。
大人数で、ハンドベルのように演奏することが多いようです。

2012131.jpg

長男達の演奏は、簡単なクリスマスの曲でしたが
すごい演奏をしている人達をみつけました!
私と同年代の方には懐かしい曲なので、よかったら 
こちらへ  見に行ってみてくださいね。


クリスマス会は、各教室で色々な催し (古着販売や、映画の上映
カード作りなど) を行っていたのですが
次男は、やりたいと言っていたロウソクの色付けに。
2012132.jpg

容器の中には既に染料が入っているのですが、ここに他の色を入れ
串で一度だけぐるっとかき混ぜてから、白いロウソクをゆっくり漬けると・・・
右下の細いロウソクのように、マーブル模様がつきました。 
1512131 (2)

長男はその間スタンドで、生徒達が作った作品を売るお手伝い。
王冠型の小物入れは、長男が着色して飾りつけたそうなので
(箱は工作用の市販品) 購入しました。  上の白いロウソクも生徒の作品です。
1512131 (1)

保護者達が作ったケーキを買って食べた後、クジを引いたら
ものすごく大きな鉢植えの花が当たってしまい、皆の注目を集めながら
寒い中、遠くの車まで置きに行くことに・・・

クジの景品は、町の商店などにお願いすることも多いので
お店の名前が入っている品物もあるのですが、私達はなんと
ギリシャレストランの食事券 (まあ、5ユーロ分ですけどね) 
なんてのも当たっちゃいました。

学校のクリスマス会は、人が多すぎて、ゆっくりできないことも多いのですが
長男の学校は食べ物の屋台もたくさんあり、机やイスも十分に用意されていたので
知り合いのママや先生達とのんびりお喋りできて、なかなか楽しい時間を過ごせました。



。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆ 。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆ 。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆



以前にも書きましたが、ドイツではクリスマスの時期
クリッペと呼ばれる キリスト誕生の場面が模型になったものを飾ります。
こちらに クリッペの説明と我が家のクリッペの写真が)
そろそろ新しいものを買いたいと思うのですが、この年末は色々入用で
懐が寂しく、欲しいと思うクリッペもみつからなかったので
こんなものを作ってみました。

義母に 「子供達が作ったのかと思った」 と言われたくらいだから
全然大したもんじゃありませんが 
色セロファンは、グラデーションのものを使っているので
裏にロウソク(危ないので、実際はロウソク型の炎がゆらゆら揺れるライトです) を置くと
マリアが持つランタンに火が灯っているように見え・・・ 見えるハズ~。 
0312134.jpg

こちらのほうが、セロファンの色がグラデーションになっていることが
よく分かるかな。
0312137.jpg

この雪だるまは、ちょっと失敗。
窓に飾りたかったけど、後ろの景色に紛れてしまって全く目立ちません。
その上、裏に貼ったセロファン部分が透けて見えるので
雑に作ってあるのが丸分かり・・・  
0212133.jpg


上の写真にも写っている、木片で作ったこのツリーは
貰い物なのですが、授産施設のクリスマス会で購入したそう。
香り付きのキャンドルなので、甘~い匂いが部屋に広がります。
モミの木が苦手な私 (多分、アレルギー) には、嬉しいプレゼント!
2212131.jpg


明日のイブは、義妹一家が来て、我が家で過ごす予定。
みなさまも楽しいクリスマスをお過ごしくださ~い  







Comment:4
2013
01.07

新年最初のビックリ!

Category: クリスマス
「タイトルは  ↑ これにして」 とその場に居合わせたお友達からのリクエスト。
新年になってすぐ、 普段は 全く私が行かないような場所で
友人とウィンドウショッピングしていた時にみつけたもの。

それは!



なんと!




年末にご紹介した、 日本の Cloloさん宅にある
Cloloさんのお母様が 35年以上前に購入なさったものと同じクリッペ!
 (なんのことか分からない方は、 こちら と こちら をどうぞ )

「えっ、 ウソ~~~、 また、同じものだーーー   」 


DSCF2703.jpg

kurippe_3.jpg
こちら、日本の Cloloさん宅にあるクリッペ



よほど縁があるのでしょうか?
こんなに何度も同じクリッペを見かけるなんて
そうそう無いと思うのですが・・・


上のクリッペ、 小さなおもちゃ屋さんのショーウィンドーに飾られていました。

「これは、お店に聞けばメーカーなど色々教えてもらえるかも!」 
と思ったのですが、 なんとお店は昼休み中。

現在も販売されている伝統的なクリッペなら
家で調べればすぐ分かるだろうと
帰宅後、 ネットで探してみたのですが・・・ 


これが、なかなか・・・


木製玩具のメーカーや工房、通販サイトって
思ったよりたくさんあるようです。
一つずつ検索していっても、なかなかヒットしません。



しかし・・・



とうとう みつけました~~~   
ここに間違いないでしょう!

Lotte Sievers-Hahn (ロッテ・ジーバース・ハーン)

こちらに この工房で作られた木彫りの人形や動物の写真が色々あります。
Cloloさんのクリッペの人形も、全部 写っていますね。


工房は、やはり Cloloさんが子供の頃お住まいだった 北ドイツの港町
ハンブルクの近く。 ハンブルクから車で一時間くらいの所にあるようです。
ドイツの木製クリスマスオーナメントといえば、東部のエルツ地方が有名であり
クリッペといえば、 南ドイツ、バイエルンが有名なのに
なぜ私が何度もニュルンベルクで、北ドイツ産のクリッペを見かけたのか・・・
とっても不思議だったのですが、 「ロッテ・ジーバース・ハーン」 は
伝統的な木製クリッペの工房として  (ドイツではちょっとだけなんですが) 
世界的にはかなり知られているようです。
日本にも通販で取り扱ってるお店が数軒ありました。


ひょっとしたら、Cloloさんは、クリッペが入っているパッケージなどから
産地やメーカーをご存知だったかもしれませんが
私は、年末にちょっと調べてみた時も、全然分からなかったので
今回色々知ることが出来て、すごくスッキリ   


とても簡単に購入することは出来ないような高価なお人形達ですが
少しずつクリッペの人形を買い足しているドイツ人もたくさんいるので
もし、よかったら Cloloさん、そのうちまたお人形を増やしていってみてくださいね!


ああ、色々なクリッペを見たら、私も木製のものが欲しくなっちゃったなあ  





Comment:2
2012
12.30

今年最後のビックリ!?

Category: クリスマス
今年も残すところあと一日となりました~。

年末に、長男の発達検査やら なんやらでバタバタしていたところに
次男の先生から 「次男くん、ディスレクシアかも・・・」 というお話があり
ビックリしましたが、まあ そういうことは早めに分かったほうがいいですからね。
支援の仕方もよく分かっていらっしゃる、この先生が担任で本当にラッキーでした。

長男の発達検査のことも、また追々書きますが
今迄 ずっと疑問に思っていたことが
どうしてなのか解決して、スッキリとした気分で新年を迎えられそうです。
来年からまた新たな課題も色々ありますが、まあ頑張っていくしかないですね。


。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆


先週、クリスマスに飾る キリスト生誕の場面を模型にした 「クリッペ」 
をブログでご紹介したのですが、覚えていらっしゃるでしょうか。

その時、私が ニュルンベルクのクリスマス市で撮影したクリッペの写真を
二枚載せたのですが、 それを見たブログ友達の Cloloさんから
「うちにあるクリッペとソックリ」 というコメントをいただきました。
日本にお住まいのCloloさんですが、 ご両親がドイツのハンブルクに
駐在していらした際、35年以上前に購入なさったものだそうです。

「古い木製のクリッペだと、似たようなものも多いから・・・」 
とその時は思ったのですが、 Cloloさんのブログに載っていた
クリッペの写真を見てビックリ  
ヨゼフの服の色は違いますが、 ヨゼフ、マリア、飼い葉桶に眠るイエス
賢者の二人まで、ほとんどまるっきり同じなのです


こちら、私がニュルンベルクのクリスマス市で撮影したクリッペ
DSCF2350.jpg

Cloloさんのご両親が、35年以上前にドイツで購入なさったクリッペ
kurippe_3.jpg


ねっ、 すごいでしょ!
クリッペなんて、山のように種類があるのに・・・
今までにも色々な偶然を見てきましたが、本当にこんな事もあるんですねえ 


今年も、小さなビックリはいっぱいありましたが
家族に大きな怪我や病気などもなく、穏やかに過ごせた一年でした。
ああよかった、 このまま無事 今年が終わりますように・・・

と思っていたところですが
うちに泊まりにきていた姪は突然  「お腹が痛い」 と言い出して寝込んでしまい
甥は 「気持ち悪い・・・」 とビニール袋を抱えております。

 ひぃー 明日は すき焼きパーチーに行くんだから
うつさないでよ~~~
  


本当に年末も、最後の最後まで、気を抜けませんね。

年末最後までブログを読みにきてくださった皆さん
どうもありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えください   





Comment:2
2012
12.25

Frohe Weihnachten

Category: クリスマス
「一年に一回、クリスマスだけ教会に行く」 というドイツ人も多いので
聖夜の教会は、どこもすごい人出・・・  一日何度もミサがあるのですが
大抵夕方からのミサは二階席までいっぱいです。

義妹の子供達が、午後から二回行われたミサ中の 「キリスト生誕劇」 に
出演したので、前方の席を取っておいてもらえて助かりました。

DSCF2501.jpg

街中にある教会なので 「キリスト生誕劇」 も
ちょっと笑えるような場面があったりして現代的です。
うちの近くの教会だと、こういった演出はちょっと考えられないかも。
教会の宗派にもよるのかな。

上のキリストが誕生したシーンの写真は 「奇跡の一枚」。 
あとは全部こんな感じでブレブレでした・・・ あまりフラッシュも使えないし。
DSCF2499.jpg


その後は、義妹宅へ行って夕食です。
DSCF2523.jpg

私達の一家は、25日の昼にステーキを食べに行くことになっているので
軽めの食事ですが、 他の家庭も 「イブより25日の食事を豪華に」
することが多いです。
ドイツでは、キリストでない普通の人でも、「誕生日の前にはお祝いしない」 ことに
なっているからかな?   
普段の 「誕生会」も、 絶対に 誕生日前には行いません。

夕食は 焼きソーセージとじゃがいもサラダ、ザウアークラウトとパンといった
いつも食べているようなもの。
イブには魚を食べる家庭も多いです。
もちろん七面鳥など肉を食べている家庭もたくさんあると思いますが。
DSCF2541.jpg


義妹宅には、 こんな 「手回しオルガン」 があります。
道で見かける大道芸人のおじさん達、軽やかに回していますが
これ、結構 力がいるし大変なんですよ。
一定の速さで回し続けるのも、練習しないと難しいです。
DSCF2550.jpg

市販されている、穴のあいた厚紙を取り替えることで色々な曲を演奏できます。
オルゴールみたいなものですね。
DSCF2562.jpg

前を開けると、こんな感じ。
パイプオルガンのようになっています。
DSCF2569.jpg

手回しオルガンと、甥が弾くピアノに合わせて、たくさんクリスマスソングを歌った後は
(子供のいる家庭は、聖夜にたくさんクリスマスソングを歌っていると思います)
ツリーの下に置かれたプレゼントを開けていきました。
息子達、欲しかったものをもらえてニッコニコ 

あ~あ、 これでもう   「おりこうにしてないとプレゼントもらえないよ!」
っていう手は使えなくなったなあ 


こちらは、甥がもらったばかりの Wiiのソフト。
1.FCニュルンベルクファンの甥、 いつもサッカーゲームをしてます。
DSCF2572.jpg


「ねえ、これ、同じようなの持ってなかった?」 

「うん、でも、これは選手が新しいんだよ、 清武もいるよ!」 と言うので、しばらく見ていました。


来た来た・・・


「清武 ゴーーール!」  




DSCF2574.jpg



なんじゃこりゃ・・・?  全く似てなーーーい! 



他の選手はある程度似てるんですけどね。
やっぱり、ドイツ人には、アジア人が皆 同じ顔に見えてるんじゃないだろうか。
日本の会社が作ってるゲームなのに、なんとかならないの~???
ちょっとひどいよねえ、これ・・・ 





Comment:4
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。