--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.15

アウトレットへ

今週いっぱい小学校は冬休み (カーニバル休暇)
息子達は、いとこの家に泊まりに行ってしまったので
私は、その間に友人達とお出掛けしてきました。

またまた バイエルン州内の公共交通機関がお得に
一日乗り放題になる 「バイエルンチケット」 を使って
今回は、インゴルシュタット郊外にあるアウトレットへ。

電車で目的の町に着いたら、「まずは、腹ごしらえ!」 ということで
Döner (ドネルケバブ、トルコ風サンドウィッチ) のお店へ。
ドイツのインビスで食べる Dönerといえば、丸いピタパンに
肉や野菜が挟まっていることが多いのですが
「今朝はチーズケーキ食べたから、ご飯食べたくなった~」 
という友人が注文したのは、 こちら
(ドイツ人は朝食にケーキ食べます、普通に。 この友人は日本人ですが)

DSCF2916.jpg

Dönerの具 (七面鳥肉、野菜、ヨーグルトソース) が、 ご飯の上にのったもの。
こんなの初めて見たよ~ 
友人は、これを食べながら、左にあるトルコのヨーグルトドリンクみたいなものを
一緒に飲んでました。  す、すごいなっ


食後は、バスでアウトレットへ。
初めて来たのに、なんだか初めてのような気が全然しない、この場所・・・
だって、この感じ、日本のどっかのテーマパークにソックリじゃないですか
バイエルン州内にいるとは思えないような建物が並んでいます。

DSCF2929.jpg

DSCF2938.jpg


今、イギリスで大人気らしい(!?) このファッションブランド。
名前は、 Superdry Store.   極度乾燥(しなさい)

DSCF2939.jpg


ベッカムなど有名人も顧客らしいのですが
店内は、 日本人が   っと笑えるロゴの入った商品でいっぱいでした。

店の奥に大仏様が鎮座していて、 怪しげな生姜の香水を売っている
アジアンチックな店もありましたよ~。
日本で話題らしい 「ロクシタン」 のお店にも初めて行けたし
20ユーロでジーンズが買えたし  (ドイツのジーンズ、高いのよ!)
よかった、よかった。 楽しかった~。

こうやって、たまに子供抜きで 友人達と出掛けて
たっぷり日本語を話せると、リフレッシュできるよね 

しかしこのアウトレット、だだっ広い駐車場は ほぼ満車だったのに
どの店もガラガラ・・・
人は一体どこにいたのでしょうか・・・    





スポンサーサイト
Comment:8
2012
08.10

天使いっぱいの街 

インゴルシュタット観光の続きです。
りすさんと一緒に、日本人シスター比護さんのいらっしゃる、女子パウロ会経営の書店に行きました。


この教会の裏手にある・・・
DSCF8370.jpg

こちらのお店です。 赤い車の横にある門から中へ。
DSCF8381.jpg

本だけでなく、色々なカトリック教会関係の小物もあります。
額に入ったキリストの絵や置物。
DSCF8402.jpg

これは聖水入れかな?
以前、子供達がカトリック教会の行事に参加した際、自分で飾り付けた瓶にそんな水をもらって帰ってきた)
DSCF8401.jpg

たくさんの蝋燭。 
などといった物もありますが・・・
DSCF8399.jpg

カトリック教徒でなくても気軽に買えそうな、可愛い天使の小物
DSCF8405.jpg

素敵なペンダントトップも色々あります。
DSCF8407.jpg


そして、この真ん中でひときわ目立っている首飾り。
これ、なんとシスター比護さんがソロバンの珠で作ったという  「ソロバンロザリオ」
すごい、 面白~い!
結構 本気でいいなと思ったんですけど、ちょっとお値段が・・・ 
(でも、前回りすさんが行かれた時より安くなっている様子。 今度行ったら・・・更に!?)

DSCF8389.jpg



明るい雰囲気のお店で、シスター方もとっても親切
子供の絵本などもたくさんあるので、旅行者がフラッと入っても楽しめると思いますよ~。 
実は、このお店、 すごく 「いいな~」 と気に入ってしまった私。
でも、シスター比護さんが素敵な方すぎて、お喋りに夢中になってしまったので
あまりじっくり店内を見ていないことに、あとで気付いた・・・
今度、またゆっくり見に行かなくては!


その後、美味しい こちらの Doenerケバブ をりすさんにご馳走になり
 (ありがとう、りすさん!)
あっという間に帰る時間になってしまいました。
嗚呼・・・ 時間が足りない・・・


また、そのうち遊びに行きます、 インゴルシュタット。
私にとって、ここは  「天使いっぱいの街」 っていうイメージでした。

街中にも、こんな建物があるんですよ~。

DSCF8355.jpg

この建物の左下にも天使達がいます。
DSCF8410.jpg


シスター比護さんもりすさんも、なんか そんなイメージの方 
ふわっとしてて。
比護さんについては、りすさんが こちらに 詳しく書かれています。
りすさんは、ドイツ語もお上手だし、ご本人はあまりドイツに馴染んでいないような事を仰るけど
「いや、とっても馴染んでるでないの~」 と思いましたよ 

このお店の雰囲気にもしっくり馴染んでいる、天使のようなりすさん。
DSCF8392.jpg


あ~ 楽しかった 
りすさん、半日 お付き合いくださり、どうもありがとうございました。
また、どこかで一緒に遊びましょう!




インゴルシュタットでは、日本語のお喋りがたくさんできて楽しかったのですが
明後日から3週間、ドイツ語とフランス語漬けの生活に・・・

8月末まで、フランスの海に行ってきます。
といっても、オットの叔父さんちの庭で、貧乏キャンプなんですが・・・

皆さんも楽しい夏をお過ごしください。
9月に、またお会いしましょう  







Comment:0
2012
08.10

電車でぶらっと、インゴルシュタット

22ユーロで、一日バイエルン州の公共交通機関が乗り放題の
「バイエルンチケット」 を使った旅、 第二弾。
Ingolstadt (インゴルシュタット)  へ行ってきました。

「怠慢主婦、ドイツで同居」 という面白いブログを書いていらっしゃる、りすさんと
初めてお会いすることになったのですが、 りすさんからメールが来て、ビックリ!
えっ、インゴルシュタットって、中央駅が街中から外れた場所にあるの?
どうも、ニュルンベルクやアウクスブルクのように
中央駅から少し歩けば街の中心部へ・・・ という訳にはいかないようなのです。
そうなのか~、アウグスブルクみたいに何も調べずに行ってたら
30分以上も歩くことになってたかもしれない・・・  相変わらず、いつも適当すぎる私。

どうやって街中 (旧市街) へ行ったらよいのか・・・ は
りすさんのブログに、しっかり書かれていました。
これを 読めば、私のように 「超」 が付く方向音痴でも大丈夫!
どのバスに乗ればよいのか、絶対に間違えません。

ということで、無事バスで 「市庁舎」 の停留所には着いたのですが
「えっ、市庁舎どこにあるの?」 と、しばらく探してしまった・・・ やっぱり超方向音痴。
ただでさえ電車が中央駅目前で故障して停まってしまい、15分ほど到着が遅れたというのに
りすさん、 ご迷惑お掛けしてすみませ~ん。

しかし、りすさんにお会いしてビックリ!  
ブログを読んで想像していた方と、全然 違う~。
ガハハ・・・ と何でも笑い飛ばしてしまうような オバちゃんタイプ (それ、私か・・・) 
な方を想像していたのですが、そこにいらしたのは、すっごく細くて清楚な感じの美人さん。
とても落ち着いていらっしゃるのに、それでいて やっぱり面白い! という不思議な方でした。


そんなりすさんが、街の名所を色々案内してくださいました~。

待ち合わせした旧市庁舎。
DSCF8259.jpg

DSCF8264.jpg中も、なかなか素敵~。

しかし、隣には、 あ、あまりにも近代的すぎる新市庁舎が・・・
入り口の上にあるのは、市がユニセフに寄付した金額!?
DSCF8269.jpg

建物などは、先日訪ねたアウグスブルクにちょっと似ているような。
地理的に近いからかな・・・?
DSCF8348.jpg

街の中心部で、皆さんビールなど飲んでくつろいでます。
DSCF8278 (2)

りすさんお気に入りの、屋根が特徴的な図書館。
昔はお城だったらしいです。
DSCF8276.jpg

「H & M」 に似た 「 C & A」(看板しか見えませんが)  ここにもあります。
DSCF8283.jpg

子供を乗せてクルクル~、 楽しそう!
DSCF8290.jpg

この中へ入っていくと・・・
DSCF8305.jpg

バイエルン、アーミーミュージアムがあります。(日本語での正式名称が分かりませんが)
前に大砲がズラッと並んでいるのですが・・・
DSCF8311.jpg

これの装飾が一つ一つ違っていて面白かった。
中国語が書かれているものも・・・
DSCF8329.jpg

日本の雑誌に載ったこともあるというパン屋さん。
真ん中のクリーム色の建物。
DSCF8366.jpg

上の写真、右にある教会の裏手に、日本人シスターがいらっしゃる
女子パウロ会経営の、本やキリスト教関係のグッズを扱うお店があります。
りすさんが、シスター比護さんをご紹介くださったのですが
(彼女はまさに、何でもガハハ・・・と笑い飛ばしてしまいそうな頼もしい感じの方)
比護さんも、お店の中もとっても素敵でした~ 


長くなりそうなので、お店の紹介は次に続きます・・・








Comment:0
2012
08.08

電車でぶらっと、アウグスブルク

ドイツの公共交通機関って、運賃が結構高いのですが
バイエルン州内なら、 22ユーロ (2100円ほど) で一日中 電車もバスも
地下鉄も乗り放題できる 「バイエルンチケット」 というものがあります。

子供達がいない間に、それを使って、 Augsburg (アウグスブルク) の
お友達のところに行ってみることにしました。
電車の中からの撮影ですが、私が乗っているのも、この写真と同じ二階建て電車。
DSCF8102.jpg

2階席は、こんな感じ。 イスの向きは変えられません。
DSCF8103.jpg

途中で一度乗り換え、2時間ほどでアウグスブルクに到着しました。
綺麗な建物なんですけど、写真だとちょっと電線が目立ちますね。
DSCF8123.jpg
DSCF8137.jpg


友人の家までの行き方だけは調べたのですが、ガイドブックも何も持っていないので
街中は、ただやみくもに歩いただけ。
写真をたくさん撮ったけど、どんな建物なのかサッパリ分かりません。
(・・・ので、家に帰ってから調べました

市庁舎
DSCF8172.jpg

右の白い建物が ツェッツェラー宮殿 (宮殿? 道端にあった家なのにビックリ!)
DSCF8197.jpg

聖ウルリヒ&アフラ教会
DSCF8180.jpg

本屋さんなのですが、なぜこんなにたくさんの自転車が店前に?  大学の学生さん達?
DSCF8163.jpg


Oh!  ここにも 「おっぱいからピュ~」 の噴水がありました 
(ニュルンベルクには、 それ、いっぱいの噴水があるのですが)
DSCF8153 (2)
               このおじさんの頭のほうが目立ってますな ↑

そして、トラムに乗って友人宅へ。
彼女と最後に会ったのは 12年前、名古屋で。
二人とも、既にドイツに住んでいたのですが
偶然 日本に帰る時期が同じだったので、二人で名古屋観光して以来。
その頃、二人とも子供はいなかったけど、今ではお互い二児の母。
彼女のお子さん達は、まだ小さいので大変そうだったけど
私も久し振りに赤ちゃんを抱っこしたりして楽しめました。
ケーキ作っておいてくれて、ありがとね。  美味しかったよ~


行きは快適だったのですが、帰りの電車はミュンヘンから来るので激混み!
やっぱり夏休みですねえ。  大きな荷物を持った若者達がいっぱいでした。


アウグスブルクは、ミュンヘンが近いだけあって、最近 流行りらしい民族衣装も
種類がたくさんあって、 ディスプレイもオクトーバーフェスト風!?
サッカーチーム「FCバイエルン」グッズも色々あって、子供達が一緒でなくてよかったよ
DSCF8111.jpg

「C&A」 で、 「まじめでない面白い」 Tシャツ発見!
日本では 「H&M」 しか知られていないと思うのですが
ドイツだと、「H&M」 の近くには、 必ず 「C&A」 が・・・
DSCF8217.jpg

ゲイシャTシャツも。 
DSCF8226.jpg



観光より、ウィンドウショッピングを楽しんでしまったアウグスブルクの街中でした。
外にはたくさん人が歩いていたのに、なぜかデパートの中はガラガラだったんですよ。
なぜだろう?
普段 子供と一緒だと、服なんか のんびり見られないから (早く帰ろう!とうるさい)
ゆっくり見ちゃいました。

駅前にたくさんピザ屋さんがあったので、ピザを一切れ買ったけど
帰宅してから 「なにか美味しいものがあったのかな?」 と調べたら
「アウグスブルクは、バイエルン州だが シュヴァーベン地方に含まれているため
 シュペッツェレ(ドイツ風パスタ)や 「マウル・タッシェン」(イタリアの「ラビオリ」のような料理) 
 などシュヴァーベン料理が美味しい」
 とありました。

そっか~、 今度行ったら、 是非 食べてみたいわん 
Nちゃん、 また そのうち遊びに行くね~~~。








Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。