--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.19

オーストリアで山歩き

Category: オーストリア
夏の旅行の続き、やっと書きます。 ごめんなさいっ


クロアチアで十日間過ごした後は
イタリアを通り抜けてオーストリアへ向かいました。

イタリアの高速道路で見かけた、懐かしのムルティプラ。
ムルの上に、こんな風に自転車二台積んで高速走っちゃうとは・・・ 
これでスピード出せるのかな???
ただでさえ不安定な感じの車だったからね。
高さがある車だから、上に自転車を乗せるのも大変なんじゃないかと思うんですが。

1109161.jpg


イタリアからオーストリアに入る道は
山の斜面を上っては下っての繰り返しで、ものすんごい狭い道ばっかり。
国境も山の上にありました。
雪がある時、この山道をスキーに行くために通る人達ってすごい運転技術だなあ。

オーストリアに入った途端、やはり景色が違います。

1109162.jpg


大まかな地図しか持っていなかったので、(ナビもなく、ね)
予約していたペンションがなかなか見つからず
後から来た義妹一家の車を待って先導してもらい、なんとか到着することができました。

真っ暗になってから着いたので、翌朝の写真ですが
窓に花いっぱい、典型的なオーストリアの田舎のペンションです。

11091621.jpg


「どちらの部屋でもいいですよ~」 と宿の人に言われ
私達が二階、義妹一家が三階の部屋を選んでしまったのですが・・・
大失敗 
私達の部屋は、窓から駐車場しか見えない、陽も当たらない、一番最悪な部屋でした

ホテルのレビューに  「部屋からの眺めが素晴らしい!」 とたくさん書かれていたので
私は早めにこのホテルを予約してたんですが・・・
多分、私達が選んだ部屋は、旅行の数日前に予約を入れた
義妹一家達に割り当てられた部屋だったのでしょう。
義妹一家の部屋は私達の部屋よりずっと広くて、村を一望できる、素晴らしい眺めの部屋でした。
まあ仕方ないですが、やっぱり予約は早く入れないとダメですね。


オーストリアにはたくさんのスキー場があって、夏は山歩きに最適です。
都市部以外はこれといった観光名所もないので、夏はホテルも安いし
宿泊者には、色々な施設を無料や格安で利用できるカードを発行してくれることも多いので
かなりお得に楽しめます。


そんなお得なカードを使って、まず標高1500mまでロープウェイで上がりました。
上がったすぐの場所に十字架が。

1109165.jpg


山の斜面にも、山の上にも、たくさんの牛がいます。
牛さん達、首に大きなカウベルを付けているので、カランコロン とっても賑やか。

11091617.jpg


人慣れしているので、こんなに近くまで寄ってきて、ガン飛ばされたりもします。
いや、牛さんは道を横切りたかっただけなんでしょうけどね。

11091618.jpg


パラグライダーを楽しんでる人もたくさんいました。
この日は天気が良く、風もほとんどなかったので、パラグライダー日和だったのかな。

11091611.jpg

そんな大自然に似つかわしくない、こんな物が!
お金を入れると、楽団のお人形さん達が演奏してくれます。
ものすんごい大音量で 

1109168.jpg

その裏で 「そんなもんより、餌ちょうだーーーい
と金網をカミカミしているヤギさん。
お客さんが餌を買って与えられるようになっていたので
朝は食べ過ぎ防止の為に何も食べさせないんでしょうかね。
帰る時に餌あげました。

1109169.jpg


こんな池を左手に見ながら歩きます。
高地なのに小さなカエルがたくさんいてビックリ。
ドイツでは、田舎でもカエルなんてほとんど見ないので。

11091612.jpg


向こうに見える、チーズ農家を目指します。
道がきれいに整備されているので、ストックを持ったシニアの方達もたくさん。

11091613.jpg


チーズ農家の前にあったブランコで、ハイジごっこ~。

11091614.jpg


ここから更に30分程登って休憩したら
「もう疲れた~、下に降りる~」
って、ええ? なんつう ひ弱な子供達。
私は、まだ全然 登り足りなかった。
もっと高い所まで行くつもりだったのになあ。

11091615.jpg


この後、違う道からロープウェイまで戻って、男性陣はビール
子供達はオーストリア名物の飲み物 Almdudler(アルムドゥドゥラー)で乾杯。
これドイツにもたまに売ってますが、ハーブの入ったソーダ飲料で、日本人にも飲み易いです。
しばらくハマッてよく飲んでました。

1009166.jpg


一旦ペンションに戻ったものの、大人達は全然歩き足りなかったので
車で、他の町のケーブルカー乗り場へ。
ここも通常は往復17ユーロするのに、宿泊カードがあると無料で乗れます。
ところがこのケーブルカー、予想以上に高地まで上れて (標高2000m近くまで)
上まで30分以上掛かったので、すぐに降りないと最終のケーブルカーの時間に間に合わず
景色を数分見ただけで、すぐに山を下りたのでした。
それも頂上でいきなり、カメラの電池が切れてしまったので、上での写真はなしです。

11091623.jpg


帰り道、村でお祭りをやっていました。
そのプログラムの一つみたいですが
ビールケースを積んでる この女の子、すごーい!

11091619.jpg

と思ったら、あーっ、残念

11091620.jpg

お祭りで軽く食べたり飲んだりしようと思ったのですが、小さい村の祭りなので
もう終わりかけだったみたいで、仕方なくビーガンの甥が探したレストランへ行きました。
ビーガンというのは、肉や魚を食べないベジタリアンの中でも、卵や牛乳も摂取しない人達のことです。
地元の人以外誰も知らないような超田舎村なのに、なんとビーガン料理を出すレストランがあったんですよ。
ここの料理が見た目も綺麗で、すごく美味しくてビックリ。 
デザートも、私は食べなかったけど、どれも美味しかったようです。
ビーガンの甥も大満足。
カメラを忘れて写真を撮れなかったのが残念でした。

ペンションの庭で遊ぶ子供達。
山の中腹に見えるのは、霧なのか雲なのか・・・?
ペンションにはプールもあって、真夏にのんびりするのもよさそうです。

11091622.jpg


チロルの Wildschönau (ヴィルトシェーナウ) というスキー場の近くだったのですが
全く有名な場所ではないので
(たまたまホテルの予約サイトで激安のペンションをみつけて、ここへ来ることになった)
人が少なく、のんびり山歩きできてよかったです。


また安い宿でもみつけたら、ふらっと山へ遊びに行きたいな~と思ってます 







スポンサーサイト
Comment:2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。