--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.11

クリスマス市・・・ 訪問ではないけど

Category: 息子たち
平日、朝9時半のクリスマス市。
この写真は人がいないところで撮ってますが
実際には、もう かなりの人出で賑わっていました。

0912132.jpg

右の、緑の服のお三方は警察官。
0912131.jpg

ドイツの中でも、かなり大きく、世界中からたくさんの観光客が訪れるこのクリスマス市。
しかし、なんとこの町の中央駅付近で、第二次世界大戦中の爆弾がみつかり
明日(11日)の午前中に、駅を閉鎖して撤去作業をする、とラジオで言っていました。
この町で爆弾がみつかるのは、珍しいことでもないのですが、この時期にねえ・・・


この日の私の目的は、クリスマス市でなく、子供達のズボンを買うこと。
「これじゃないと履かない!」 というこだわり、というかブーム!?
があるので本当に面倒です。
Amazon にもないし、探すのはひと苦労。
お店を四軒回って、同じブランド、同じデザインのズボンを三本入手してきました。
・・・って書くと簡単ですが、友人と二人で街中を探し回って大変だったのです

同じズボンが、家には既に5本くらいあるのですが
毎日洗って履くので、かなりボロボロ。
きっと先生やお友達には
「毎日、同じズボン履いてる」 と思われていることでしょう。
それも、そのズボン、結構 値段が高いんですよ・・・
全然 高くは見えないのにね。 なんせジャージですから!
私のズボンよりずっと高いジャージを履いてる息子達です。


クリスマス市近くにある、小さな切り絵のお店の前を通ったので、写真をパチリ。
まだ開店前だったので、ショーウィンドウ越しにしか見えませんでしたが
やっぱりプロの作品はすごいね、この星のイラスト描くだけでも大変そう。
コピーさせてくれないかしらん・・・
でも、これ もうずっと前に切ったものみたいで
白い紙は色が変わってきていました・・・ 毎年、この時期に飾ってるんだろうな。

0912133.jpg


この後に、私の作ったしょぼいクリスマスの切り絵はどうかと思うので
次男が空手の形の試合でもらった銀メダルの写真でも・・・
同点一位だったんですが・・・ 結局、負けちゃいました。

0312131.jpg

一緒に通っていたお友達がやめてしまい、息子達もイヤでイヤで仕方なかった空手ですが
「もう少し頑張ってみようかな」 という気になったようです。
家から遠いので、私はいつも、そこで一時間半のトレーニングが終わるのを待つしかなく
時間がもったない気もするのですが、まあ仕方ないね。 
次の大会は金メダル目指して頑張ってくれ~~~  





スポンサーサイト
Comment:0
2013
07.29

学年末に

Category: 息子たち
先日、長男の学校で、コーラスやダンス、楽器のクラブに所属している子供達による
ミュージカルがありました。

長男はコーラスをやっています。
本当はダンスクラブに入ったのに、みんなの踊りについていけず
コーラスに移ったらしいのですが・・・ 

今回のミュージカルの主役は、ピギーという色気を振りまいているメス豚。
農家のおじさんが、ピギーをドンドン太らせて、お肉屋さんに肉を高く
買ってもらおうと企むのですが、上手く逃げられてしまう・・・ というお話です。

  2807131.jpg

長男の役は、準主役のお肉屋さん(と、鳥の二役) だと聞きビックリ! 
セリフもたくさんあるし、一人で一曲歌う場面も・・・ 
普段の会話だって、スムーズにはできないっつーのに・・・  大丈夫なんかい???

歌を聴いたら、出だしが裏拍で入る、ちょっと難しい曲。
案の定、歌のない伴奏だけのCDだと
「そこと違ーーーう」 という箇所から歌いだす長男。
でもまあ、ノリの良い楽しい曲なので、家族みんなが歌を覚えた頃には
きちんと歌えるようになっていました。

お肉屋さんの帽子や包丁などの小道具は、私が準備。
(紙で適当に作っただけ)
2307131.jpg


ミュージカル当日、鳥の役から本番が始まったら、なんだかずっと
浮かない顔の長男・・・  具合でも悪いのか? と心配したけど
あとで聞いたら、顔に化粧されたのが、気持ち悪くて仕方なかったみたいです。

長男の隣にいる農家役の男の子のセリフや歌が素晴らしく
たくさんの拍手をもらっていましたが、長男も まあ間違えたりせず
なんとかこなすことができました。 よかった、よかった!

2307132.jpg

幼稚園時代、みんなが楽しく踊ったり歌ったりしている中
一人だけイスに座ったまま泣いていた あの頃の長男と比べたら
すごい進歩です。

集中力のない子供も多い学校ですからね。
 先生方も、お疲れさまでした~  



次男の学校は、そういった行事はありませんでしたが
プールの授業中に、ドイツ全国共通の水泳検定 (級みたいなもの)で
「銅」が取れたようです。 (12分以内に 200m泳げること、2mの潜水など)
2807134.jpg

こちら、7歳の時に取った 「海賊」 (100mクロール、5m潜水で泳ぐなど)
2807133.jpg

この下に、 25m 泳げたらもらえる 「タツノオトシゴ」 という級もあります。



しかし、銅が取れたというのに次男は全く嬉しそうでなく、不満顔 

本当は、銅でなく 銀を取りたかったのに
「まず銅から」 と言われたようです。
まあ、そりゃそうでしょうね、普通は。
でも、あまりそういう検定を受ける機会っていうのがないんですよね。
小学校での水泳の授業は、もうこれで終わりだし・・・
(学校にプールはなく、バスで通っていた)


クラスには、一つ上の級 「銀」 を持っている子が三人もいるそう。
(25分以内に 400mの泳ぎと、2mの潜水二回、 10m潜水で泳ぐ など)
すごいね、9歳って、皆そんなに泳げるもんなの~???
でもオットが言うには、次男もいつも 1000mくらいは普通に泳いでいるらしいです。
うちの男衆は、プール好きだからねえ。

この夏は暑いので、またプールへ出掛ける機会も多くなりそうです  






Comment:4
2013
05.27

お猿のように

Category: 息子たち
小さい頃から、猿のようにスルスルっと
どこにでも登っていた長男。
登るだけでなく、飛び降りるのも好きだったので
年長の時には、二段ベッドの階段の上から飛び降りて
足の甲を骨折したこともありましたっけ・・・ 


昨日、遊びに行った先でも
こんなアスレチックは軽々・・・

255133.jpg

・・・といっても、実はこれ、すっごく高い場所にあるんですよ!
もちろん命綱は付けてますが、高所が苦手な人には、とても無理。
それも靴下でやってるし

255132.jpg

255135.jpg

これ、初めて見た時はすごくビックリしたのですが
いつの間にか、次男でも出来るようになってました。
次男は、かなり怖々 へっぴり腰ですが・・・
まあ途中で怖気づいても、やめられないからねえ 



2505131.jpg

ここは小さい子供でも楽しめる屋内のプレイランド。
野外にも、上のような 命綱を付けてのアスレチックって
あちこちにあるんですけどね。
なんせ天気が悪いのよ~ 毎日


地元のサッカーチームの試合がある日は、スクリーンで試合を観たりもできます。
この日は、 顔に絵を描いてくれるコーナーがあったり
バルーンアートを作ってくれるピエロがいたり。 (有料ですが)
ピエロさん、この写真では退屈そうにしてますが、 結構 商売繁盛してました。
バルーンで作ったミッキーマウス、 私もちょっと欲しかったな・・・

255136.jpg

子供達が大きくなって、以前ほど ここに行く機会はなくなりましたが
たまに、友人達とのんびりお喋りするには最適な場所。

「あっ、また ここか~」 って思った方も多いでしょうが・・・ 





Comment:4
2012
10.21

ちゅきちゅうだーん&おす

Category: 息子たち
習い事の話の続きです。

最近になって 息子達、 「絶対にやってみたい!」 習い事をみつけました。

それは、   空手

海外で空手を始めた人の多くが同じではないかと思いますが
この映画  「ベスト・キッド」  の影響です。
ドイツでは この映画、 12歳以上に指定されているんですけどね
オットが勝手に子供達に観せてしまって・・・  

DVD jacky32.jpg
Amazonより、画像拝借


ドイツでも、柔道や空手、合気道などの武道は、かなり盛んで
こんな田舎でも、あちこちにコースがあります。
・・・が、家の近くは、どこも金曜の夜が練習日なので
ボーイスカウトと重なってしまい行けない・・・
ということで、仕方なく、月曜日に練習しているコースをみつけて
かなり遠くまで通い始めました。

空手着は、自分で購入してよいということだったので
インターネットで探し、 地元企業の物を通販で購入。

しかし、道着を手にしてビックリ   
ちょ、ちょっとこれは、 社名のロゴが目立ちすぎでないのーーー???
adidas の空手チームにでも所属しているのかと思われそうよ・・・
サイトの写真と、全然違うし  

  DSCF0918 - Kopie


通販サイトでの道着のロゴは、 これだったんですよ・・・ 
       
      k200t - Kopie


あまりに違い過ぎるでしょ!
なんか漢字まで書いてあるし・・・
  DSCF0907.jpg


まあ、子供達は、そんな事 全くおかまいなしです。
早速、どこかで見たような鉢巻きを、 包帯で作って
主人公になりきってますよ・・・ オイオイ
  DSCF0930 - Kopie


しかし、空手着を一人で着るには問題が・・・
子供達、蝶々結びができない  
今まで、教えても教えても、やる気ゼロで、全く覚えられず
紐靴は当然今まで避けてきたけど、 どうするよ~~~。

・・・って焦ったんですけどね。
さすがに子供達も、自分で着られないのはマズイと思ったらしく
蝶々結び、一日でマスターできました。
まあ、当たり前ですな、この年齢なら。


空手なんて、子供達が習いに行くまで実際に見たことがなかった私。
ドイツ人先生の動きはさすがに、キビキビしていてカッコいい!

ところが、喋ると、日本語の掛け声はやっぱり、なんだかなあ・・・ ちょっと妙。
「押忍」  とか  「いち、に、さん、し」  などと言っているのですが
どうもよく分からない言葉も混じってるし。

隣に座っていたドイツ人ママに 「先生、なんて言ってるの?」 と聞かれたんだけど
私にも、 その日本語らしき言葉が サッパリ分からない・・・

何度も聞いてやっと理解できました!  「突き、中段」  だな・・・ 多分。
でも 「ちゅきちゅうだーーーん」 って妙な発音で叫ぶんだもん、 分からんよ 

子供に 『「突き、中段」 があるってことはさ~、 「突き、上段」 とか
「突き、下段」 もあるの?』  と聞いてみたが、 ポカンとしていた。
まあ、君達には到底無理な質問だったわね・・・

先生に聞いてみたい気もするが
先生にもポカンとされたら困るので、やっぱりやめとこう。

最後は、「押忍」 より、 「ありがとうございました」 と挨拶したほうが
いいんじゃないかなあと思ったりもするんだけど
別に日本語習いに来てる訳じゃないからいいのかね。


↑で 「おす」 って書いて、 漢字に変換しようとしたら出てこなかったんだけど
これって普通の日本語じゃないのか・・・?

調べてみたら、  「押忍」 っていうのは
(押して)は、自我を押さえ、(忍ぶ)は耐えて我慢するという意味。
すなわち、 “自分の我を押え、そこの仕来たりに従い耐えて我慢する” と言う事。

なんだって。

へえ、そうなんだ~。 応援団なんかは、まさにそんな感じよね。
応援団や武道でしか使わないような言葉なのに、なんで こんなに馴染みが深いんだっけ・・・?
と考えたら、「8時だよ、全員集合!」で、いかりや長介が毎週連発してたの思い出した  
 
「押忍」って、 元々は、「おはようございます」 だったものが 「おはよーっす」
→「おわーす」 →「おす」と縮まり、 そこに 「押して忍ぶ」 という意味と漢字を
当てはめただけらしい。   なーんだ  

息子達にこのまま空手を続けてもらって、 「押忍」 だけでなく色々な日本語
覚えさせて、もっと日本に興味持ってもらお。
そんでもって、しょっちゅう日本に行くようになって、日本人の奥さんもらって
「ママも一緒に日本に住む?」 って、聞いて~~~  

などと、 一人でおバカな妄想を膨らませてしまう空手、恐ろしや!

月謝も高いし、送迎も大変だからね、 息子達よ、しっかり練習するのだゾ~~~ 





Comment:2
2012
10.20

ちゅきちゅうだーん!?

Category: 息子たち
ドイツの小学生の帰宅時間は、日本に比べると とても早い、 早過ぎる・・・ 
(州や学校にもよりますが)

日本と同じように 45分授業なのですが
8時に一時間目が始まり、2時間続けて授業、その後 20分休み時間があり 
また2時間の授業の後 20分休み (休憩中に、パンなど軽食を各自でとる)
という感じで、給食や掃除もないので
6時間授業の日でも、1時過ぎには子供達が帰ってきてしまいます。

午後からたっぷり時間があるので、みんな色々な習い事をしているようですが
日本のような学習塾や英語教室などというのは、ほとんど聞いたことがなく
(学校の勉強に困難のある子供が、マンツーマンで教えてもらう学習塾はあるのですが
 かなり上の学年になってから行くことが多いよう) 

多くの子供が習っているのは、サッカー、ハンドボールなどのスポーツ
ダンス、乗馬、ピアノやバイオリンなどの楽器、コーラスなど。


子供が、まず最初に通う習い事は水泳が多いようです。
ドイツの学校にはプールなどないし、 体育の授業で水泳を教えてくれることも少ないので
(学校によっては全くないらしい)  家庭で泳げるようにさせるしかないんですよね。
ドイツ人達が大好きなバカンスに、海やプールは欠かせないし
子供達に泳げるようになってもらわないと、親も困るようです。

水泳は、とりあえず水に慣れさせて、泳ぎ方の基本を少し教えるだけの
7、8回で終わる短期コースも多いのですが
長く続ける習い事の多くには  「一日体験日」  や  「試し期間」  があります。
これを、ドイツ語で  Schnupper-tag (シュヌッペル・ターク)
Schnupper-stunde (シュヌッペル・シュトゥンデ)  などというのですが
schnuppern (シュヌッペルン) とは、 猫や犬などが鼻先で
「これは一体なんだろう・・・?」 と、 クンクンにおいを嗅ぐ様子のことで
いかにも  「ちょっと、お試し~ 」  という感じ。  
(タークは 「一日」、 シュトゥンデは 「時間」 のこと)


この制度を利用して、我が子達もサッカーやテニスなどを何度か試してみました。
しかし、どちらも、本人にやる気がなかったり、冬の練習場所が遠すぎたり・・・
冬は寒すぎて外で出来ないスポーツだと、屋内の練習場を借りる必要があるので
夏と冬の練習場所が、全く違う所だったりすることもあるのです。
   
   DSCF7120.jpg
テニスの体験コース。 20人ほど来ていたのに、翌週は3人になっていた・・・

家のすぐ近くに活動拠点のあるボーイスカウトは、 体験日に Stock-brot (シュトック・ブロート)
と呼ばれる、長い木の棒の先にパン生地を巻き付けて、焚き火であぶって焼いたものを
食べさせてもらえたようで、息子達 大喜び。 子供って、焚き火が好きだしね   
それ以来、ボーイスカウトはお気に入りで楽しく通っています。

ボーイスカウトって・・・ 何をする団体なのか、私も最初はよく分かっていなかったのだけど
仲間たちと 自然の中で遊びながら、色々なことを身につけて
より良き社会人を目指す活動
  だそうで
外遊びや、動き回るのが大好きな息子達にはピッタリ  
   
   DSCF7978.jpg


習い事とは違いますが、 長男の言葉の遅れや注意欠陥がひどかったので
以前は、 言語療法や作業療法にも通っていました。
でも、今の長男に、どうしてもそれらが必要、 だとは思えないし
時々遠くの小児科まで処方箋を貰いに行かないといけないのも、かなり面倒・・・

ということで、一年ほど前からは代わりに、感覚統合療法を兼ねた 
「健常児と障がい児が一緒に楽しむ体操教室」 に通っています。
長男が通う小学校の体育館で行われているのですが
やはり専門の施設だけあって、他の学校には無い設備がかなり充実しています。
ゆらゆら揺れる平均台や、 障害物競走ができそうな道具
スケボーのような物に腹這いで乗っていたり、ボーリングなどもあって楽しそう。
   
DSCF4619 - Kopie
ガラス張りの体育館なので、外から丸見え~


まあ、そういう感じで、息子達、 「たまたま近所にあったから」 という
ゆる~い感じの習い事しかしていなかったのですが


最近、 積極的に  「絶対やってみたい!」  という習い事をみつけたようです。
それは・・・


この後もツラツラと書いたら、あまりにも長くなっちゃったので
二回に分けることにしました。

さて、子供達が ハマッた習い事とは・・・  

ヒントは、タイトルに・・・  これで分かったアナタはすご~い  





Comment:2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。