--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
03.29

ま、まさかの衝突・・・

Category: 義父母の話
なんかやたらとイヤな事が続く日って、たまーにだけどありますよね。
先日 体験したそんな一日。

まず、その日、 急に子供を病院に連れて行くことになり、車をバックで車庫から出し
そのまま後ろに進んでいったら・・・ 
 (うちの前は車が一台通れるギリギリの幅しかないので
   バックで 100m ほど走って広い道まで出るしかないんです)





なんと・・・


 





  義父に車をぶつけてしまいました





でもね、 彼は、遠くから こちらに向かって、道の端を歩いてきていたんですよ。
真っ直ぐの細い道なんだし、私がバックして出てくるのは見えてると思うじゃないですか!
たまたま、隣の家にも工事の車が来ており、道にはみ出していたので
その車を避けながらバックしていたのですが、 なぜか道の端を歩いていたハズの義父が
いつの間にか道の真ん中に立っていて、 ボン と。





なんで、なんで、 なんで道の真ん中に立ってるのーーー???




って、ビックリですよ!
いつもウケないジョークばかり言っている義父なので、てっきり冗談でやったのかと思いました。
こちらに向かって歩いてきていたのに、 私の車は 全く目に入ってなかったらしいです。
お隣さんに駐車していた工事の車を見ようと、 道の端から 真ん中に出てきたようで。


幸い義父に怪我はありませんでしたが
子供と老人は、 ホントに細心の注意を払わないといけないですね。 
私も、駐車している車にばかり気を取られて、義父は避けてくれるものと
思い込んでいたのですが、甘かったようです。
これまでも気をつけて運転していたつもりでしたが、近所の子供なんか轢いたりしたら
それこそ大変なので、これからは より一層 気を付けます・・・ 。




病院の予約時間が迫っていたので、義父に謝ってそのまま出発しましたが
道中も もちろん義父の具合が気になって 気になって・・・ 
義父が倒れてたりしたら、どうしよう・・・  と動揺しまくりです。
息子は 「おじいちゃん、すごい勢いでぶつかったよ~。 顔がひん曲がってた!」 なんて
私を もっと動揺させるようなこと言うし・・・


心配になって、途中で、子供に電話させたりしているうちに、何度も通ったことのある道なのに
変なところをも曲がったり、 隣のホームセンターの駐車場に入ってしまったり・・・
なんとか時間前には病院に着き、そこから義父に電話したら 「大丈夫」 ということなので
とりあえず安心したんですけどね



息子を診察してもらった結果、   


    


  足の指の骨が折れてました   




3週間たくさん歩いたり、運動するのは禁止です。
週末から、イースター休暇で、学校も2週間休みだっていうのになあ・・・

DSCF4898.jpg




午後は午後で、誕生会に招かれた先で、挨拶した途端に、次男が高そうな花瓶を
落として割ってしまうわ、 他のお客さんの前で子供達が 「お腹減った」 「帰りたーい」 と
大きな声で連発するわで、  もう気まずいったら・・・ 
その帰りにはスーパーのレジでトラブル、そして工事中の場所を迂回したら、また道に迷って・・・
午後も、 どーっと疲れました。



ぐったりして家に帰りついたら、 ご近所さんから電話が・・・


「お宅のお子さんとお友達、 全く 左右の確認をせずに道路を渡ってますよ!
 危ないから、きちんと注意しておいてください!」 
 と。





そりゃ、ごもっともでございます。  
もちろん    きつーーーーく注意しておきますとも。

ということで、 夜は 説教。
でも、こういうご忠告はありがたいです。
何度、言い聞かせても、ちっとも親の言う事なんてききゃしないので
今度からは、 是非 本人にきつーく叱ってやってくださいませ。

義父が私の車にぶつかった瞬間をバッチリ見たのが
長男じゃなくて 次男だったらよかったんですけどねえ、ホントに。




すごく疲れた一日でしたが、 夜になり、やっと子供達が寝た~!
さあ、ネットでもしようかな・・・    フフン とPCの前に向かったら
次男が ベッドから起きてきました。


な、なんか嫌な予感・・・     「何?  どうしたの?」 



     


    「ママ~、 宿題いっこ忘れてた」   



だって。


あーーー、  もう、しらん!



最後の最後まで、とっても疲れた一日でした・・・  ハア。



 宿題忘れた子が幼稚園の春・・・ の写真ですが
DSCF1056, 2007.04.05, 10.22.23

近所の教会の庭にあった噴水を、イースター用に飾り付けしたものです。
隣の幼稚園の増築が終ったら、なくなってしまいました・・・  春! って感じだったのになあ、残念。







スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2012
03.24

すっかり暖かくなりましたが

クリスマスプレゼントとして、子供達に任天堂DSを買い与えたのは
本当に大失敗だった! と後悔中  
取り上げれば癇癪起こして (または ふて腐れて) 言う事きかないし
与えれば際限なくやりたがるし・・・


これでは いかん! と思って、知育系のボードゲームなども色々買ってみましたが
子供達の反応はイマイチ。
そんな中、息子達が唯一 夢中になって遊んだのがこれ。
ご近所さんが貸してくれたものなんですが、私も楽しませてもらいました。  面白~い


DSCF4702.jpg


こんなプラスチックのプレートを重ねていって
DSCF4709.jpg



本と同じ模様を作ります。
DSCF4705.jpg

上の右ページの模様を作るには、これだけ必要。
DSCF4707.jpg


これが、簡単そうに見えて、結構 難しいのですよ。
100の模様があるのですが、 降参して答えを見てしまったものも いくつかありました。  



ボードゲーム以外にも、出来るだけ子供達と外出するように。
しかし、 この冬は 寒い日が多かったんですよねえ。
車の温度計も何日か 「-20℃」 なんてことがありましたが
 (ハンドルにもヒーター入れればよかったと後悔、マジで凍傷になるんじゃないかと思った・・・
  革のハンドルは温かいと言われたのに、ムルより冷たいゾー!)
節分の日に撮った動画でも  「今日はマイナス10℃です」  なんて自分で言ってます。

今年は 長男が鬼役でした、 撒くのはいつも落花生。
DSCF4855.jpg





川が完全に凍るほど寒い日には、 次男と二人で 近くの町の 「おもちゃの博物館」 へ。
(上の子は、お友達の誕生会)


この辺りは、完全に凍っちゃってますね
DSCF4873.jpg


カモたちも寒そう・・・
DSCF4862.jpg


こちらが、おもちゃの博物館。
写真だと、天気がよくて暖かそうに見えるんですけどね、ちょっと歩くだけでも、ものすごく寒かった。
DSCF4871.jpg



大きなものから 虫メガネで見ないとよく分からないようなものまで、たくさんのドールハウスが
展示されていて、大昔 リカちゃんハウス大好き少女だった私としては ゆっくり見たいのだけど
男児と一緒では、それは無理というものですよね。
箱の中を覗くと、今の3Dのように見える技術が ずっと昔にも既にあったりして面白~い。
空いているので、メルクリン(鉄道模型会社)や シュタイフ(テディベアで有名なぬいぐるみ会社) の
昔のCM なんかまでじっくり見て、のんびりしてきました。

この時期 (2月)、 この街では、世界で一番大きなおもちゃの見本市も開催されているのですが
一般公開されていないんですよね、残念ながら。
私は、以前 その会場でアルバイトしたことがあるのですが、 すごい数のおもちゃ会社ブースが
並んでいて、最新作で遊べ、色々見て回るのはとても楽しかったです。
子供を入場OKにしたら、 迷子 & 「あれ買って~!」 と泣き叫ぶ子供が続出しそう。
でも、一日くらい一般公開してくれてもいいのにねえ。



少し暖かくなった3月の初めには、部屋遊びに退屈しきっている息子達の為に
トランポリンも出しちゃいました。


トランポリンの中でサッカー・・・  半袖着てるのは、さすがにまだうちの子達くらいかも・・・
DSCF4896.jpg



安売りスーパーでみつけたインラインスケートもお小遣いで買わせって、とにかく外で
元気に遊ばせよう!
かなり滑れるようになったので、先週末は 車で近くの町の大きな公園まで行って、ぐるっと一周
まわってみました。

大して良い天気でもないのに、駐車するところも全然ないし、なんかすごい人出だな・・・
と思ったら・・・  公園を上ったところにある駅前の広場でお祭りをやってました。
遊園地のような乗り物もたくさんあって、結構 本格的なお祭りです。
なんだろう 春祭り?  やけに早いけど・・・

折角なので、ここで おやつと夕飯を。
ということで、 アイスとランゴシュ食べました。
ランゴシュは、揚げパンの上に、にんにくソース、パプリカソース、サワークリーム
チーズがのっかっていて  (チョコソースや粉砂糖などが掛かっていて甘いものもある)
すんごい高カロリーだけど、おいし~い!  最近 お祭りに行くと こればかり食べてます。


インラインスケートのヘルメット被ったまま・・・ つうかインライン持ち歩くのは、すんごい重かった。
DSCF4877.jpg


しかし、子供が大きくなると、外で食事するにもお金が掛かるようになりますねえ。
これではお腹いっぱいにならなかった子供達。
また家でしっかり夕飯食べてました。


あまりにもざっとですが・・・   冬から春にかけての我が家の様子はこんな感じです~。
しかし、もう少しマメに書くようにせんとねえ  
(下にも 少し書いてますので、お暇があればどうぞ!)







Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。