--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.30

 32℃

Category: 息子たち
一昨日の土曜日、 いきなり気温が上昇、 真夏のようになりました。  

上は室温、 下が外気温
DSCF5618 - Kopie



朝早くから、ボーイスカウトの清掃活動へ行った子供達は
真っ赤な顔して帰宅  

DSCF5567.jpg
このカッコじゃ暑いよね・・・



午後は、  楡の小道で水遊び~。  

盛り上がってます        

4月とは思えん光景やね・・・   

DSCF5591 - Kopie - Kopie






でも車でちょっと走ると、 今は あちこちに、 こんな春らしい風景が。
菜の花が、黄色い絨毯のようです。

DSCF5612.jpg

DSCF5600.jpg




すっごく綺麗ではあるんですけどねえ。

そろそろ花粉症の予感が・・・   

これさえなければ、最高の季節なんですけど、ホントに。



・・・といっても、このお天気、 この日 一日しか持たず
翌日は、 また曇り空の広がる一日になったのでした。
屋外プールに行く~! (まだ、やってないよ)  とハリキッていた子供達でしたが
残念でしたっ     
まあ、 屋内プールも楽しいよね    波の出るプールもあるしさ~。






スポンサーサイト
Comment:0
2012
04.28

クルマの問題

Category: 義父母の話
うちには、義父母達のクルマと 私達夫婦のクルマ、 二台の車があるのですが
最近、私達の車を借りて買い物に行こうとした義母が、家に戻ってきて 


「ねえ、あんた達の車って、どうやってバックするの?」 
なんて聞いてきた。


 はっ?  今頃 何を・・・?  今まで、 どうやって乗ってたん    である。



ドイツの車は多くがMT車で、バックする際のギアの入れ方は車によって違い
3種類あるのですが   (フランス車には、また違うタイプのものもあるようです)


以前乗っていた FIATの車は、 5速の下、 右下 にありました。

お義父さん達が愛用しているフォルクスワーゲンの車は
ニュートラルの位置で一度グッと下に押して、 左上  に入れます。

そして、 今 私達が乗っているオペルの車は、 まず 人差し指と中指で
前にあるツマミを引き上げながら、 ニュートラルで下に押して 左上に
  
入れないといけないんです。



私も最初これを知らなくて、 新車がやってきた日、家に帰る為 Uターンしようと思ったら
やり方が分らなくて半べそかいたのですが  (偶然、知人が通り掛って助かった!)

今の車は、 もう半年近く我が家にあって、 義母は何度か乗ったハズ。


今まで、どうやってバックしてたんじゃーーー     



どうも最近、一速に入れる時 調子が悪い、 バックになかなか入らない・・・ 
と思っていたのですが、 義母が VW車と同じ調子で
力任せに、左上に押していたのではなかろうか・・・

ありえるなあ  


それとも前回はバック出来たけど、 今回忘れた?  ボケが始まったのか・・・?
どちらにしても、  すごーく 怖い~~~   




★*:.゜:。★*:.゜:。★*:.゜:。★*:.゜:。★*:.゜:。★*:.゜:。★*:.゜:。★*:.゜:。★*:.゜:。★*:.゜:。★*:.゜:。




今 乗っている車は、昨年の10月に購入したオペルの Merivaで
まあ、それなりに気に入っているのですが
購入して早々 「これは困ったなあ 」 と思う部分がありました。

運転中、直射日光が前から当たる時、下におろして使う サンバイザーありますよね。
あれが、どうやっても 私の目の高さ (低さ?) まで届かないのです。
私の身長が低すぎるんですよねえ・・・!?
といっても、 私は日本人女性として、 特別身長が低いわけでもないんです。
でも座面をどんなに上げても、 目の位置までサンバイザーが届かない。
というか、 座面を上げ過ぎると、 膝が前に引っ掛かってしまう。

確かに、かなりゆったり設計で作られている車なんですが
「アンタみたいなチンチクリンが運転するような車じゃないんだよ~  
と言われてるようで、 なんか悲しいものが・・・

まさか、こんな落とし穴があったとは・・・  試乗した30分やそこらで気付くわけないよねえ。
  ど、どうしたらいいのーーー? 




と焦ったのですが、 世の中にはこんな便利なものがあったんですね!

DSCF4902.jpg

DSCF4906.jpg
あと2cm長ければ・・・  だったので、この状態で十分なんですが



ホッとひと安心 

と思ったら、甘かった・・・
どうやらこれ、日本でもドイツでも、付けてはいけない違反品らしいです。
いやあ、そんなこと言われてもなあ   これ以外になんか方法ある???



狭い駐車場では、前と後ろのドアをいっぺんに開けると
ドアの間に挟まれて出られなくなってしまう・・・  という恐ろしい
観音開きドアにも最近は慣れました・・・  

DSCF4940.jpg


といっても、両脇に車がある場所には駐車できない運転下手の私は
広いスペースでの乗り降りしかしないから、あんまり関係ない問題なんですけどね~ 

免許取得して5年目、 まだまだ初心者です・・・ 






Comment:6
2012
04.26

呑んで食べて・・・ 続き

Category: 行事、記念日
前回の話、 レストランでの誕生会の続きです。


おばさんアヒルの大合唱で盛り上がった頃には
皆さん、 かなりアルコールが回っております。

すると、バイエルン人が大好きなこれが始まりました。
オクトーバーフェストなどの映像で見たことある方もいらっしゃると思いますが
隣の人と腕を組み、体を左右に揺すって歌います。
テーブルの向こうの人達とは反対方向に。


   老人だって ノリノリさ~ 

DSCF5388.jpg
DSCF5387.jpg


こういうことって、北ドイツの人達もやるのかな?
全然イメージないんだけど、どうなんだろう。


この後、 夜も遅いというのに、ケーキがでてきました。
ナイフが入っちゃってますが、本型のメッセージ付きケーキなど。

DSCF5401.jpg
WEITER 50・・・       もう 50年・・・ おじさん80歳ですが・・・

DSCF5403.jpg
心より おめでとう! と書かれてます

DSCF5406.jpg


私は、 「もう勘弁して・・・」 って感じですが 
(いや、食べようと思えば食べられるくらい胃袋は鍛えられてますけどね)
老人達はでっかくカットされたケーキを、 2個も3個も平気でパクパク食べます。
そして、宴は夜遅くまで  (夜中の2時なんてことも普通にある)  続きます。
私達は、翌日 子供の学校があるので、帰ってきちゃいましたけどね。



この日は、これでお終いなんですが・・・
実は、この週には、 もう一回 誕生会がありました。
日曜に義母の誕生会もあったので、 週3回誕生会だ~  




三回目は、日本人ご夫婦のお宅。
こちらは・・・  どんなものが出てくるのか予想不可能  (嬉しいほうに




そして・・・ 


  こ、 こんなにスゴイお料理がっ!   ワオ 


DSCF5469.jpg

DSCF5462.jpg



普段、超編食のダンナと息子達に囲まれているので、和食なんてほとんど食べられない私。
緑のアスパラガスのベーコン巻きや ゴボウ、ゴマ豆腐がドイツで食べられるなんて・・・ 感激っ!
もう、ダイエットなんて忘れて (昨年15㎏ほど減量いたしましたのよ) ガンガン食べちゃいました。
どれもこれも、美味し~~~
Tさん、どうもありがとうございました。

Tさん一家を我が家にお招きした時は、買ってきたピザくらいしかなくて・・・  
ホントに申し訳ございませーーーん。

ぐうたら主婦、 ちょっと反省・・・  








Comment:0
2012
04.25

呑んで食べて・・・

Category: 行事、記念日
先週、 義父のお兄さんが80歳の誕生日を迎えました。
ドイツ人は、5年毎の誕生日を大事にするのですが
40, 50, 60歳など、 0 が付く誕生日は、 特に盛大に祝います。
今回も誕生日は平日の夜でしたが、レストランを貸し切ってのパーティーでした。

この辺りのレストランでの誕生会の流れは、大体どこも同じなんですが
まず、最初に 全員で乾杯  
大人は、ゼクトと呼ばれる発泡ワインか、ゼクトをオレンジジュースで割ったもの。
子ども達は、オレンジジュースで乾杯です。

DSCF5332.jpg
 

そして、食事は、スープから始まります。
甘くないクレープ (ドイツ人はパンケーキと呼びますが) を細切りにしたものや
レバー団子、 グリースノッケルンという粗挽き小麦の団子などが具。

DSCF5330.jpg


お次は、サラダ。
写真の撮り方が悪いので、分かりにくいけど、すごいボリュームです。
人参やセロリなどには、ドレッシングがなくても、もう甘酸っぱい下味が付いてます。

DSCF5334.jpg


そして、メインの肉料理と付け合せ。

DSCF5345.jpg

モチモチしているじゃがいも団子
DSCF5347.jpg

待って~! と頼んだのにポテトは既に子供達につつかれてます・・・
小さめのカツレツとじゃがいものコロッケも下に
DSCF5350.jpg


肉には、ソースをかけていただきます。
付け合せは、シュペッツェレというヌードル。
DSCF5352.jpg


この日はなかったけど、これもレストランでの集まりの時によく出てくる
ショイフェレという、 骨付き豚肩肉をローストしたもの。 
(この写真は先日の義母の誕生日に行ったレストランで撮影)

DSCF5201.jpg


最後に、デザートです。
バニラアイスに木苺の (季節によって、普通のイチゴだったり、さくらんぼのことも)
ソースをかけたものや、アイスの盛り合わせなどが多いかな。

DSCF5369.jpg



食事の最中に 音楽担当のおじさん二人がやってきました。
こういうふうに楽器の演奏をしながら歌をうたったり、ジョークを言ったり
ということを職業にしている人がたくさんいて、結婚式や誕生会に呼ばれてやってきます。
若い人の誕生会だと、友人達が余興を企画して、色々楽しませてくれることも多いのですが
今回は年寄りが多い集まりなので、プロにお任せしたようですね。

DSCF5354.jpg


でも、さすがプロ 
歌と歌の間に、 たくさんギャグを飛ばして笑わせてくれます。



そして、 宴もたけなわの頃

    
     「さ、 さ、  女性の皆さん、 前へどうぞ~~~」


と、 女性達に、 前に出てくるよう促すおじさん達。




一体、何が始まるの・・・?
みんなで、 歌でも唄うのかな・・・?



と、思ったのですが、  やはり私は甘かった・・・




  

 おばちゃんアヒルの大合唱!?  

DSCF5383.jpg  クリックで拡大
オブラート (とドイツ語では呼ばれるけど、 日本のものよりずっと分厚い
おせんべいみたいなもの)  を2枚、上下の唇に挟んで、 面白い替え歌をうたってます。 




若い人達は恥ずかしがって出てこないので、おばちゃんばっかりですが

会場は みな大爆笑  

すっごく盛り上がったのでした。




まだまだ宴は続きますが、 続きは次回・・・  








Comment:0
2012
04.23

省エネ・・・ かな!?

ドイツにも全国に、 METRO (メトロ) という
コストコのような会員制卸売りスーパーがあります。
うちの家族も、 たまにここを利用するのですが、 安いから  (という思い込み!?) で
なんでも大量に買ってくるダンナや義父母には困ったもので・・・

先日も、近くのスーパーで買ったほうが結局安かった大きなチョコを 20個! も購入、そして 
「ついでに買ってきた~」  というのが、200ユーロ (2万円) 近くもするこれ・・・
少しの油で揚げ物ができるフライヤー

DSCF5416.jpg
中身がグルグル回ってます

でも、うち 揚げ物なんて あんまりしないじゃないのー!
ドイツの子供達が大好きな市販のポテトフライは、 オーブンで油なしで作れるようになってるし・・・ 
「健康的だし、電気代も節約できる」  と、ダンナは うちに訪問者がある度に
熱弁をふるっていますが、  調理にかなり時間が掛かるので、電気代の節約は・・・  
イマイチのような・・・
味は オーブンで作る場合と特に変わりないしなあ。

私は、どっちかっていうと、こんな高いもん買うより、 こんなピンボケ写真しか撮れない
このカメラを新調して欲しかったなあ    ハア・・・




*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・゜・*




こちらは、全く話しが変わって、 牛乳パックを切ったもの。
DSCF5483.jpg


真ん中のベロンとなった部分を、右の凹に差し込むと
DSCF5484.jpg


なんと、お財布に!
DSCF5435.jpg


丸い穴に、注ぎ口の部分を通して
DSCF5429.jpg

DSCF5424.jpg


フタをすれば、お金が落ちません。
DSCF5418.jpg
右側にちょっと隙間が開いてますが・・・ お気になさらず・・・



子供達が、ボーイスカウトで作ってきたんですが
なかなか面白いことを考える人がいるもんですね~  



おちらは、おまけ。
またまた、ソーラーシステム。
教会の塔でも大活躍中です。

DSCF5455.jpg  クリックで拡大





Comment:1
2012
04.20

ばあちゃんへプレゼント

4月 15日の日曜日は 義母の誕生日でした。
ドイツでは、何歳になっても、誕生日を祝います。
たとえ遠くて会えなくても、電話でお祝いするのが普通なので
知人、友人達の誕生日を忘れないよう  「誕生日カレンダー」 という
全ての知り合いの誕生日が書き込めるようになっているカレンダーも市販されているくらいです。
一年の初めに、全ての友人、知人の誕生日をカレンダーに書き入れる人もたくさんいます。

私は、日本人なので(!?) どうしても誕生日に疎く、ダンナの誕生日も当日まで
スッカリ忘れていて、ドイツ人達にビックリ仰天された人ですが、今年の義母の誕生日も
もれなく前日まで忘れていました。
いや、日曜日に 義妹達とみんなで食事に行くということは、一週間前に聞いていたのですが
その後はスッカリ忘却の彼方に・・・

思い出したのは、土曜日の午後2時。
花を買おうと決めていたのに、土曜の午後なんて、どの花屋も1時までしか開いていません。
近所の花屋が、日曜日も午前中だけ開いているのですが、プレゼントは朝一番で
渡すことになっているので、間に合わない・・・
「う~  花が売ってるところ・・・ どこだ~  」  と考えて
あるスーパーマーケットを思い出しました。
多くのスーパーに、ちょっとした花くらいは置いてあるのですが、いかにも自宅用。
きれいな花束があるかもしれない・・・  のは一軒しか思い浮かばないなあ
翌日が休み (ドイツのスーパーはどこも日曜休み)  だから、もう何もないかも・・・
と考えつつも、 慌てて車を飛ばして行ってみたら
なんとか、これをゲットできました。  あ~  よかった 

DSCF5161.jpg


これで 千円くらいです。 
綺麗に包んである訳でもないけど、まあ身内だから、いいでしょこれで。
都会だと、駅に、花束の自動販売機なんかもあったりして便利なんですけどねえ。



あとは、スーパーの隣にある自然食品の店で、 お茶や菓子でも買って渡せばいいかな。
・・・で、 これも買いました。
最近、 私と友人が ハマッてるお菓子。

DSCF5151.jpg

ライスチップス、 たまり(しょうゆ)味。  まあ、おせんべいですね。
しかし、一回食べ始めたら、、やめられない美味しさなのです。
日本には、そんな美味しいおせんべいが色々ありますが
こちらでは、 今のところ これがダントツで一番美味しい 
ドイツにお住まいの方、 自然食品のお店 ebl で買えますよ~。
義母は、日本食もお菓子も大好きなので、きっとこれ喜んでくれるはず。



甥や姪達が、 義母の誕生日には、いつも何か工作してプレゼントするので
うちの子供達にも何か作らせなくてはなりません。
いや、別に しなくちゃいけないことはないんですけど
そういうことになってしまっているので仕方なく
しかし、息子達 そんなの やる気全くなーーーーーし!
「お願いだから、なんか作って~」  と無理矢理頼み込んでたら、どっかに消えてしまいました。
(いや、近所に遊びに行っただけですけどね)



夕方   「見て見て~、こんなの作ったよ~!  これ おばあちゃんにあげる~」
と言いながら帰宅。
なんか作ってきたようです。



どれどれ、  一体何を作ったのかな・・・






へ?   な、 なんじゃ これはーーーー  






DSCF5165.jpg


ゾンビの手  らしいです・・・   (ゴム手袋に砂を入れた)
いや、左の 皺くちゃの手じゃないですよ!


      
    こんなもん貰ったら、 ばあちゃん ショック死するわ!



近所のおじさんが、要らなくなったゴム手袋をくれたらしいです。
まあ、工作のアイデアとしては悪くないと思うんだけど、ばあちゃんの誕生日には ちょっとねえ 



それも、息子達、こういう状態で家に持って帰ってきたのですが・・・

DSCF5170.jpg

この花の中から、 小さな黒い虫が大量に出てきて、 後で えらいことになったのでした・・・



これだけでは なんなので  (結局、どうしても渡したいというので、ゾンビの手もプレゼントしましたが)   
こんなのも作らせりました。 
義母は、 テディベアが好きなので。

DSCF5182.jpg
嫌々作ったのがバレバレな出来ですな・・・


こうやって、ビーズを並べていって、 上からアイロンをかけます。
DSCF5176.jpg


あれ、  これって前にも作ったかな・・・
クマじゃなくて、別のものだったっけ・・・
うーーん、 全然 覚えがない・・・  

まあ、いっか。
私が忘れてるってことは、 義母も忘れてるでしょう。
なんせ    「似たもの嫁姑」  (似たもの親子とか、夫婦みたいな・・・)   なのでね   








Comment:0
2012
04.16

再生可能エネルギーへの取り組み&ドイツ人

Category: ドイツの話
先日、我が家の近くにある、 世界的に有名なおもちゃ会社Pが
ものすごく大きな ソーラーシステムを取り付けた写真を載せましたが
気を付けて見ていると、最近は本当にあちこちに ソーラーシステムが取り付けられているんです。


これ、 今週 撮った写真の、 ほんの一部だけなんですが・・・
(車の中から撮った写真は、ボケててほとんど使えなかったので)

DSCF5258.jpg


DSCF5141.jpg

DSCF5074.jpg

DSCF5144.jpg

DSCF5223.jpg

DSCF5190.jpg

DSCF5232.jpg


DSCF5245.jpg

DSCF5243.jpg

DSCF5308.jpg

DSCF5238.jpg

DSCF5236.jpg ←クリックで拡大
このお宅は、セントラルヒーティング用の薪も並んでますね。
うちも使っていますが、地下でお湯を沸かして、全部屋にパイプで熱い湯を送り込むのです。
前にある黒いネットは子供用のトランポリン。





屋根だけでなく、アウトバーンにも、あちこちにこんなものが・・・

DSCF5077.jpg ←クリックで拡大します


これは、マウトと呼ばれる通行税を、トラックが払っているか監視する装置のようです。

DSCF5079.jpg


ドイツのアウトバーンは、自家用車は使用料金を払わなくてもよいのですが
商用の大型トラックは通行税を払わなけければなりません。
そして、日本の人に話すとビックリされそうですが
トラックは、日曜日にアウトバーンを通行してはいけない ので、それも監視しています。


写真は撮れませんでしたが、駐車場の精算機なんかもソーラーで動いていたりするんですよね。
日本でも、、あちこちにたくさんある自動販売機くらいは太陽光で動かせないのでしょうか?
そしたら、ちょっとは 電気を節約できそうですが・・・


ドイツは、風の強い北部では、風力発電に力を入れているので、あちこちで
風車を見かけますが、 比較的 天気の良い日が多い南部では
太陽光での発電に力を入れようとしているのかもしれません。
倹約家の多いドイツ人達が、 最初に設備投資の必要なソーラーシステムを付けるのは
 「このほうが電気代が安いから」  という理由もあるのだと思います。

しかし最近、政府による、太陽光発電の買い取り価格の引き下げが
決まってしまったんですよね。
ドイツ最大手のソーラーシステム会社も経営破綻してしまったりして
先行き不透明な感じの 太陽光発電ではあります。
でもまあ、原発には後戻りできないですから
これからも、この国は、再生可能エネルギーによる発電率を増やす為に
色々 模索し続けていくのでしょう。


日本も、今 原発の再稼動に揺れていますが
なんとか 原発ではない他の方向にシフトしていけないのかな・・・  と思います。
今すぐには無理だとしても、 これからの事を考えていかないと
いつかまた・・・    同じ悲劇が起こりそうで本当に怖いですよね。




*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・゜・*




ソーラーパネルの写真ばかりを撮っていたら、 通り掛かったドイツ人達に話しかけられました。

「あなた、産業スパイかなんか~?」 


もちろん、冗談なんだけど、 ドイツ人のこういうところも  なんかいいなぁ・・・  と思うのですよ。





Comment:0
2012
04.12

姑の腰掛け

Category: 行事、記念日
今年は、 4月 8日 がイースターでした。
今年は・・・ って、 実はイースターの日って、毎年変わるんですよ~。
「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」 らしいのですが
なんだかややこしい・・・  ですね。
ちなみに昨年のイースターは4月24日で、  来年は 3月31日になります。

イースター前の 「聖金曜日」 はキリストが磔にされた日ということで
ドイツでは、肉を食べない家庭がほとんどなのですが
キリストの復活を祝うイースターには、 なんでも食べてお祝いします。
今年は、義妹の家で食事しましたが、二家族 (いや、義父母達とで三家族になるのか)で
12人もいるし、 義妹は前日仕事だったので、 まあ簡単なものばかりです。


DSCF5089.jpg
緑の丸いものはオリーブ
義妹は南欧風の料理が好きなので、野菜を炒めてオリーブオイルで和えたものなど

DSCF5092.jpg
長細いのは魚のフライで三角はポテト、いすれも市販品


これは義妹の手作りですが
デザートも、卵を抱いたウサギや羊など、イースターのシンボルで。
DSCF5100.jpg
当然 「屠殺~!」 と言いながらカット・・・


子供達は 『イースターのウサギが庭に隠していった、イースターの卵』 を探します。
義妹の子供達 (息子達と同級生) は、これを大人が隠していると知っているようですが
うちの子達は  私が騙しているから  純粋 (というか単純) すぎるのか 
どうもまだイースターのウサギを信じているような・・・
一人ひとり 「イースターの巣」 と呼ばれる、こんな詰め合わせを、庭で探してきました。

DSCF8668.jpg
写真を撮る前に食べられちゃったので、数年前の使い回し写真ですが
数年前のこの写真と比べると、最近の写真、白っぽいですよね? カメラそろそろ限界か・・・



義妹の長男(15才) は、イースターだというのに、この日もアルバイト。
植物園の中にある、小さな鍾乳洞 (といっても造り物) の管理をしています。
折角なので、みんなで彼を迎えに行ったついでに、植物園を散歩してきました。

DSCF5101.jpg

温室への入り口
DSCF5105.jpg

カカオの実  
DSCF5112.jpg

魚もいます
DSCF5118.jpg




ドイツ語で Schwiegermutterssessel  「姑の腰掛け (安楽イス)」
 
という名前の植物があったのですが・・・




なんと、 こんなものでした!
右奥の丸い大きなサボテン。
家に持って帰って、お義母さんに座ってもらいましょうかねえ 


DSCF5108.jpg


日本庭園風の場所も。 大仏と鳥居のあるここ、以前 見たことある方もいらっしゃるかも。
DSCF5125.jpg


外には、ハーブガーデンなどもあるのですが
こんなものもありました。

DSCF5127.jpg

わざわざ植えてある~ 
土筆って、この辺りには ほとんど生えないですからね。 
フランスのほうに近付くと、もっとたくさんあるようですが。
もちろん、こちらの人達は土筆を食べたりしません。


木の枝に吊るした卵の飾りも、この季節あちこちに
DSCF5131.jpg



しかし、この日は本当に寒かったー、 気温 5℃。
でも、 甥がいる鍾乳洞への訪問者は、それなりにあったようで
寄付 (入園料は取っていないので寄付をお願いしている) も
まあまあ集まったようです、よかった よかった。
しかし鍾乳洞の前で、他のお客さんとべらべら喋ってたら
また鍾乳洞の写真撮り忘れちゃったな。


寄付のお金を片付けるため、従業員の事務所に。
階段の壁にも、こんなものがあったりして、さすが植物園~ 

DSCF5134.jpg


なんて感心したのですが・・・

事務所の中の鉢植えは、 みんな水不足で枯れそうでしたーーー。


アカンでしょ~、  それはいくらなんでも・・・   










Comment:0
2012
04.09

願いが叶う町!? 2

前回からの続きです。

マルクト広場で 「イースター市」 を見てきました。
正面には、 毎日正午に仕掛け時計が出てくる 聖母教会があります。

DSCF5046.jpg


春らしい、色とりどりの飾りが並んでいます。
イースター市なので、ウサギや卵型の飾りが多いですね。
イースターには、ウサギがイースターの卵 (色付けしたゆで卵や
卵型チョコレートなどを庭に隠して、子供に探させる習慣がある) 
を運んでくることになっているので。

DSCF5022.jpg


DSCF5050.jpg


白いレースのような飾りばかりのお店も
DSCF5024.jpg


こちらは、白っぽい食器ばかり
DSCF5054.jpg



こちらは青い食器や飾り
DSCF5051.jpg

DSCF5025.jpg


これ、左に並んでいるのは毛糸ですが、 右のほう、何か分かりますか?
DSCF5055.jpg


色々なボタンの見本でした~。
たくさんのボタンが、透明の筒に入って売られています。
DSCF5056.jpg


他にも、木のおもちゃの店や、 この町の名物 焼きソーセージの屋台などもありますが
いつも こういった市やお祭りで、 一番の賑わいを見せるのは、こんなお店。
(この写真は、人がいない時を見計らって撮りましたが)
お喋りが上手な売り子さんが、実演しながら売る  「野菜スライサー」 のお店です。
きゅうりや人参、ザワークラウト用キャベツなど、野菜を細くする時
ドイツ人はあまり包丁を使いません。   スライサーが大活躍!
DSCF5053.jpg


この広場には  「美しの泉」 というものも あるのですが・・・
泉といっても、水は出ておらず、 ピカピカ光る 七人の選帝侯や中世の英雄などの像が付いた
塔のようなものです。  (この日はスタンドが多くてよく見えないので、別の日に撮った写真で)

DSCF4867.jpg

ここにも、なぜか橋と同じように鍵が・・・
DSCF5037.jpg


実は、この泉の柵に付いている小さな輪っかを、 心の中で願い事を唱えながら三回まわし
誰にも言わなければ、その願いが叶うのだとか。
輪は黒くて小さいので、どこにあるのか、ものすごーく分り難いです。
243131.jpg

DSCF5039.jpg
お姉さん、回してます 回してます
結構高い位置にあるので、身長170cm近くないと届きません。

ガイドブックに出ている こちらの 「金の輪」 は
1957年に、観光客用として低い位置に作られたもの。 (私も、最近知ったのですが)
243135.jpg



マルクト広場を一周しただけで、また元の公園に戻りましたが
その道中にあったレストラン。  一人で写真を撮りながら歩いていると
普段なら素通りしてしまう こんなレストランも素敵に見えます。
DSCF5058.jpg



うーん、 お腹減ってきたなあ・・・  
たまには、こういうところで食事したいけど、子供達と一緒に行くのは
ハンバーガー屋と決まっているので、 そちらを目指しましょう。

子供達三人分と私のセットのトレー、 一人では持ちきれないので
長男に、 少し持ってもらったら・・・
階段で つまづいて、私のポテトが半分以上 床に・・・ 
「ゆっくりね」  「気をつけて」  と 何度も声を掛けたのに
嗚呼 やっぱり、やってくれました 

いつもは注文しないポテトを、久し振りに 「食べた~い!」と思った時に限ってこれです。
でもまあ、わざとじゃないし、仕方ないですね。
最近、マックでセットを頼むと、ジュースとポテトには、クジのようなものがついているのですが
以前アイスが当たったことがあるので   「早く開けてー!」 と急かす子供達。    


クジを開けてみたら・・・




うっ、  字が細かすぎて、読めましぇーん  




半年ほど前から、近視用のコンタクトを入れていると、細かい字が見えなくなってきました。
裸眼なら見えるんですけど!
超ド近眼だった祖母が昔、メガネを上に押し上げて新聞を読んでいたのが思い出されます・・・
メガネなら外せばよいけど、コンタクトは・・・ コンタクト+老眼鏡しかないのでしょうか

老眼って、白髪やほうれい線より、ずっと  「年取ったなあ・・・」 と思わせてくれて落ち込みます。
ポテトをたっぷり食べたい! という願いも叶わなかったし
マックで、 ガーーーーン  な一日だったのでした。  


あっ、ひょっとして、  「美しの泉」 で、 輪っか回してないから・・・   





Comment:4
2012
04.05

願いが叶う町!?

日本では、ものすごい強風が吹き荒れたようですが、皆さん大丈夫でしょうか?
こちらも、この季節は風の強い日が多いです。
今日は雨ですが、 昨日も 花びらが舞い散るような結構な風が吹いていました。

***************************************************************************

実は、我が家から 最寄の電車の駅までは、 徒歩5分くらい。
そして、急行なら10分で、州で2番目に大きな都市Nの中央駅に着くんです。
(車だと30分以上ですが)

でも、電車の運賃が結構高いんですよね。
なので、うちのような田舎では、都市の周りと 市内の電車、バス、地下鉄、トラムが
一ヶ月乗り放題で 61ユーロ (6千円ちょっと) のカードを、一日3.5ユーロ (350円)で
こっそり貸してくれるお店があるのです。
 (普通の切符を買うと、片道でそれ以上になります)

こんなのですが
DSCF4965.jpg
上の、利用できるゾーンが書いてあるカードは、毎月変えたりしないので使用感たっぷりです・・・
バックの柄も妙ですみません



今回は、このカードを使い、学校がイースター休み中の息子とお友達を連れて映画館へ行きました。
電車の中は、以前もご紹介したことありますが、二人掛けのシートが向かい合っていて・・・
まあ、普通です。

DSCF5069.jpg


こちらは、数年前から、中央駅の前や街中に増えている貸し自転車。
どうやって借りるのかというと、 まず、電話かネットでセンターに登録します。
そして、この機械で、クレジットカードや ECカードなどを使って個人認証し
借りたい自転車の番号を入力すると、鍵の解除に必要なナンバーが出てきます。
この機械もソーラーシステムで動いているようですね。

DSCF4972.jpg



私達は、駅から映画館まで歩きます。  
地下鉄やトラムでも行けますが、 徒歩でも 10分掛からないので。

DSCF4993.jpg

歩道の隣は、自転車道。
城壁に囲まれた街なので、前方に 壁の一部になっている塔が見えます。



今回観た映画は  「ザ・ パイレーツ! バンド・オブ・ミスフィッツ」
(ヨーロッパの子供達は海賊が大好きなんですけどね。
 日本語ではほとんど情報が出てこないので、まだしばらく日本での公開はなさそうです) 
「ウォレスとグルミット」 「ひつじのショーン」 などと同じ会社が製作したクレイアニメですが
なかなか面白かったです。
ワンマンだけど皆に慕われていた船長が、溺愛していたペットの鳥を売って、大量の金を
手に入れたことから仲間達が離れていってしまって・・・ 
子供にも、友情の大切さを理解させるのに良い作品なんじゃないかなと思いました。
しかし、一緒に連れて行った、近所の一年生の男の子は  「つまんなーい」 を連発。
息子達は楽しんだようですが、幼稚園児や、5、6歳の子どもでは、ちょっと難しいかもしれません。
「ウォレスとグルミット」 が好きな方なら、大人でも十分楽しめると思うんですけどね。





映画が終った後は、橋の向こうにある公園で遊ぶのが、いつものお約束。
一見、普通の橋なんですが・・・

DSCF5006.jpg


渡っていくと、 こんなものがあちこちに ぶら下がってるんです!

DSCF5011.jpg

DSCF5013.jpg


大量の鍵   
ハート型のものもあるので、 恋人同士の心が離れないように・・・  ってことでしょうか。
以前は、なかったので、 ここ1、2年の間に始まったのかなと思います。
いつも同じくらいの数しか ぶら下がっていないので、 町が適当に撤去しているのかもしれません。

そういえば、映画館も、後ろの二列は 「ラブシート」 と呼ばれる、こんな二人掛けのシートに
なっているのですよ。   ここで映画を観た後、橋に鍵を掛けにいくのでしょうか・・・

DSCF5004.jpg




街の中は、 すっかり春です。
あちこちに花が咲いていてとっても綺麗。

DSCF5060.jpg

DSCF5021.jpg

DSCF5063.jpg
これは、さくらんぼの木っぽいです。上の2つはなんだろう・・・

この紫の檻のようなもの、何かよく分からないんですけど、その隣にも色違いのものが二つ並んでいます。
子供達は  「この中でサッカーをするようになっている」 と言うし、確かに小さなゴールのような
ものが付いてはいるのですが・・・   やってる人は見たことないです。


朝、電車の駅で偶然会った知人に、 マルクト広場 (12月には、ドイツで一番大きなクリスマス市が
開催される場所) で  「イースター市をやってるよ!」  と教えてもらったので
子供達は公園で遊ばせておいて、一人で行ってみることにしました。
まあ公園から歩いてすぐですし、雲行きが怪しくなってきて、子供達が遊び終わるまで待てそうにないので。



長くなりそうなので、次回に続きますね  





Comment:2
2012
04.02

本日は晴天なり

下の記事を読んでご心配くださったみなさま、ありがとうございます。
義父は、大きいお腹のクッションが幸いしたのか 
とっても元気ですので、ご心配なく  


晴天の日曜日、次男はお友達家族と一緒に出掛けてしまい
足の指を骨折して、あまり歩けない長男は退屈そう・・・
お天気はすっごく良いし、私もどこかに行きた~い!


ということで、 とりあえず車を走らせてみました。
まず、前回の記事の最後に載せた写真の場所へ。
あのイースターの飾り、今年はなくなったと聞いたのですが
行ってみたら、教会の前がこうなっていました。
これはこれでスッキリしていて、 いい感じです 


DSCF4964.jpg





もう少し車を走らせると、イースターのウサギ付きのこんな泉もあります。

DSCF4908.jpg



そして、もう少し先には、 世界的に有名なおもちゃ会社Pの本社があるのですが
その近くを通ってビックリ・・・  な、なんじゃ あの建物の下にある黒いものは???

DSCF4942.jpg

よく見ると、ソーラーシステムのようです。
2022年までに、完全な脱原発を目指す国ですからね、 企業も色々考えているのでしょう。
しかし、いつの間にこんなものが・・・?



車を停めた向こうには、 10数km先の町のテレビ塔 (写真中央) と
ゴミ焼却場 (少し右の白い煙突、両脇に青い建物がある) が見えます。
土地が平らで、高い建物がないドイツならではですね。

DSCF4958.jpg
車中のボウズはお気になさらず



そして、車の前には 牛・・・  
DSCF4953.jpg


もいるけど、これは何? バッファロー?  調べてみたけど、よく分からず・・・

DSCF4950.jpg

みんなとても人慣れしていて、餌をもらえると思うのか、近くまで寄ってきてくれるのですが
ちょっと、  こ 怖い~。



結局、着いた先は、 いつものマクドナルドです。
数年前に出来た新しいお店なので、 子供の遊び場が ちょっと変わってるんですよね。

DSCF4932.jpg
左のアナタ、骨折中でしょ!

DSCF4935.jpg
入り口の黒いボタンを押して中をくぐり、ゴールでまたボタンを押すと電光掲示板に掛かった秒数が



昼食後なので、子供は マックフルーリー、 私はマックカフェのキャラメルマキアート。
今までキャラメルマキアートなんてメニューにあったかな???

DSCF4928.jpg

一見 美味しそうなんだけど・・・  なんか、ものすご~~~く甘ったるい。
全部 飲み干すのにちょっと苦労しました。
やっぱりコーヒーは、スターバックスのほうが好きかも・・・。



帰り道、赤信号の交差点で停車したら、 長男が
 「ねえ、ママあそこ見て! 3Dの看板があるよ、すごい!」
なんて言うので 「えっ、 どこ  どこ?」 と探したけど、 普通の看板しか見当たらない。
「どこよ?  右? 左?」  キョロキョロと探してたら、
長男が一言



  


    


    「エイプリルフール!」  と。
ドイツ語では 「アプリル アプリル」 と言います。




くぅ   やられたーーーー!

4月1日なんて、すっかり忘れてました。
よく覚えてたなあ。 




しかし、そのアイデアって・・・  
  
       任天堂3DSのやりすぎじゃないのかね      ったくもう・・・







Comment:2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。