--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.30

甥はアスペルガー!?

Category: 未分類
義父には、 先天赤緑色覚異常があるようです。
赤と緑の区別が付き難い色覚異常で、男の子に遺伝することが多いのですが、夫には遺伝していません。
息子達にも遺伝していないのですが、 義妹には三人男の子がいて、その中の一人にだけ遺伝したようです。

この甥、日本でなら中学生ですが  (ドイツは小学校が4年生までしかないので)  かなりの変わり者で
ある日、いきなりベジタリアンになり (肉が食卓に並んでいるだけで、一緒に食事することを拒否することも)
機嫌が悪くなると、会話の途中でも急に喋らなくなってしまったり、 大事な行事などの最中でも、 いきなり
泣き出したりするのです。

学校の勉強はとてもよくできるし、ルービックキューブや電気系統のおもちゃ、機械などが大好きで
義妹夫婦は  「パパがエンジニアだからねえ」 などと微笑ましく見ていたのですが
ここ数年は、甥のあまりの気難しさに、かなり手を焼いていたようです。

その甥が 最近、  「死にたい」  などと頻繁に言うようになり
義妹夫婦が困っていたので、 私も色々調べてみたのですが
調べれば調べるほど、 甥は 「アスペルガー症候群」 に間違いないのではないかと思いました。
「アスペルガー症候群」 には、 色覚異常のある人も多いようですし。

私は、以前から それを疑っていたので、義妹にそれとなく伝えてみたところ 
「やっぱり、そう思う?」 と・・・  
義妹も、そうではないかと 少し前から疑っていたようです。


うちの長男も、アスペルガーとは違うタイプのものですが
発達障害があるので、小さい頃から支援を受けていたのですが
ドイツでは、 発達遅延や発達障がい児の早期療育に力を入れているので
両親が相談に行きさえすれば、それを支援してくれる機関や施設は色々あるのです。

でも、知的な部分や身体の発達に遅れがなく、 乳幼児検診でも指摘されない場合
「なんとなく変わった子だな」 と親が思いつつも (または全く気付かず)  そのまま育ってしまい
思春期頃になって、ある日いきなり大きなトラブルを起こしたり、 自己肯定感を持てずに
甥のように 「死にたい」 となってしまう、 「二次障害」 が現れたりします。

発達障がいがあると、どうしても周りに 「扱いにくい子」 だと 思われて
「何度言ってもいうことを聞かない」  「やる気がない」  「わがまま」 などと
叱責ばかりされるので 「自分は、何をしてもダメな人間なんだ」 と自信をなくしていってしまうんですよね。

普通の人は 特に努力しなくても身に付けられる 「相手の気持ちを理解する」 ということが
発達障がいの人達はとても苦手なので、、相手の気持ちを考えずに
思っていることをズバリと言ってしまったりして、友人関係が上手くいかなくなることも多いのです。
幼少時に問題点に気付いて そういう部分のフォローをしながら育てていくという事は
やはり大事なのだろうなと思います。

義妹は、他の子供も以前、発達遅延の療育を受けていたことがあるので
そのような場合、どうしたらよいのかは分かっているのですが
年頃の甥、本人が医療機関などへ行くのを拒否しているようで・・・  難しいです。
なんとか、甥の生活が、一日も早く穏やかなものになって欲しいのですが。 

でも、アスペルガー症候群の人達というのは、 普通の人が 「当たり前にできる事」 
が苦手だったりしても、自分の得意な分野では、もの凄い能力を発揮することも多いんですよね。
甥も、自分が活躍できる場を、早くみつけられるといいなと思います。
そして、周りの理解や環境次第で、こういう人達の人生は大きく変わっていくので
良き理解者をたくさん得られますように。

でも、甥には 信頼できるお友達が何人もいるようなので、 きっと 大丈夫~。
義妹も、まあ自分勝手なところはあるけど良いママだと思うし、 パパも最高に優しくて子煩悩な人ですからね!



       kako-Hxm4DNCusVpgvfYf.jpg
こちらも「我が道をゆく」タイプの うちの男衆、 車の後ろにウィンドサーフィンを積んで湖へ。  人生謳歌中





スポンサーサイト
Comment:0
2012
05.27

困ったちゃんたち

Category: 義父母の話
三月に、 義父が私の車にぶつかってきた話 を書きましたが
先日もまた、 ヒヤッ  とさせられた出来事が。

私が外出から帰ってきて、車を右前方にあるガレージに入れようとしたら
左の門の脇から、 義父がスッと前に出てきたんです。
いや、これも、本当にぶつかる寸前!

でも、これでハッキリわかりました。
義父は、 かなーり耳が遠くなってるなって。   
車が近付いてくるのが、全く分からないみたいです。
以前から ものすごく大きな音でラジオなどを聴いてはいたのですが
義母も夫も同じなので、慣れでそうしているのかと思ってました。
でも、最近は、どうもそれだけではないようです。


少し前には 義母にもこんな事件(!?) が・・・
長男が通う小学校では、年に数回  「Eltern-cafe」  (親のお茶会)  という行事があるのですが
子供達が、歌や楽器の演奏、簡単な劇などを (主に、そういうクラブに入っている子供達が) 披露し
親は、 用意されている簡単な朝食やケーキなどを食べながら、のんびりそれを観ることができます。


DSCF8329 - Kopie
舞台もなくラフな雰囲気。 子供達は円になって・・・  何してたんだっけ!?


「Eltern-cafe」  が開催されるのは、いつも平日の午前中で
私は大抵、ママ友達と義母を誘って三人で出掛けます。

前回のお茶会は、普段より参加者が多く、 いつも使用する ↑の部屋だけでは狭いので
隣りにある玄関ホールで子供達の発表をして、 二、三のプログラムが終ると
親達は、いつもの部屋に戻ってお茶する、という流れになっていました。


DSCF9714 - Kopie
これは別の日の写真。 この日は、玄関ホールに机やイスを出して、ここでお茶を飲んでますが。


そして、会が終わりに近付くと  「寄付をお願いしま~す」  と貯金箱が回ってきます。
義母はいつも  「あなたは出さなくていいから」  と私に言って
貯金箱に多めの寄付を入れてくれるのですが、 その日は いきなり
 「あれっ? 財布がない!」  と言い出しました。

私はすぐに 「ああ、家に忘れてきたんだな」 と思ったので  「今日は私が出すからいいよ」 
と言ったのですが 「そうじゃなくて、 財布を盗まれたのよ」 などと言い出すではありませんか。

「いや、家に忘れたんじゃない?」  と聞いても  「そんなはずは絶対ない。 ちゃんと持って出たんだから」
と言って聞きません。
その日は夫が家にいたので  「ちょっと待って。 落ち着いて! 今、家に電話してみるから」 
と言ったのですが、 私の声なんか全く耳に入らないようです。

「盗まれた、盗まれた 」 と大騒ぎして、 校長先生に報告しに行き
校長先生の呼びかけで、 皆で財布を捜すことに・・・

急いで家に電話して、夫に確認してもらうと、 財布は やはり家の中ですぐにみつかりました。
「財布、家に忘れてたよ!」 と言ったら  「あら、そう」  で済ませた義母。
「お騒がせしてすみません」 と謝って帰ってきたけど、周りに座っていたママ達の視線が
痛かった・・・    トホホ


最近、義母は、こういった思い込みが激しくなっているような気がします。
片付け下手も一段と進んでいるし、本人の側で平気で悪口のようなことを言ったりもするし
(義母は聞こえてないと思っている)  ちょっと大丈夫だろうか・・・ 
義父母と同居していて、認知症になられるのは一番怖いなあ。
特に、足腰が丈夫で、フラフラ外に行ってしまいそうな人は。


昔 買ったこの本、もう一度読み返してみようかな・・・  と思って出してきました。
自分の老いも気になるけど、 最近は こちらの心配のほうが大きいかも ハア

   
          51MV8ZG81VL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_



そして、もう一人の困ったちゃんは、 近所の知人。
この辺りの学校は、昨日から2週間  「聖霊降臨祭」 の休暇に入ったのですが
少し前に、2週間のイースター休暇が終ったばかりで、 また2週間の休み。
働くママ達にとって、こんなに幼稚園や学校の休みが多いのは困るだろうな・・・  とは思うんですよ。

でもだからって、  「ねえ、 休みはどっかに旅行でも行くの?」 と聞いてきて
「いや、別に 家にいるけど」  って答えたら
「あっそう!  じゃあ、 うちの子一週間 預かってもらってもいいよね~」 ・・・  って・・・ 
     

       全然 よくないわい   


って、 答えることができればいいんですけどね。 
私、 典型的な  「No と言えない日本人」 だったりしますのよ  トホホ

しかし、うちの子達と楽しく遊べる小学生くらいなら分かるんだけど
まだ目の離せない3歳児を、 朝から夕方まで 近所の家に預けるって
いくらなんでも どうよ!  
でも断ったら、 シングルママで、近くに親戚のいない彼女が困るのも分かるしなあ・・・

大体 この 突然ご主人を亡くした未亡人ママに  「大丈夫よ、私達が助けてあげるから」 
って言ったのは、義父母達なのですよ。
それなのに、クルマを出すのも、子供達の面倒みるのも全部 私! っていうのはどうよ・・・   本当にねえ。
義父母、すごく親切でいい人達なのですが、 言ったことには責任持って欲しいわ。

そして、それを聞きつけた義妹が
「あっ、 そうなんだ。  じゃあ うちの子達もよろしく~
って、 4人 うちに連れてくるのも目に見える。
彼女も仕事してるからね、 午前中だけだし、掃除婦さんまで雇ってるんだけど。

そして、 怪獣達の悪友から  「遊びに行ってもいい?」  の電話も
たくさん掛かってくるんだろうなあ。


休暇中は、毎日 大所帯になりそう、 そしてどこにも出掛けられそうにないな。
まあ今 花粉症が苦しいので、外出できないのは苦にならないというか
ずっと家の中に閉じ篭っていたいくらいなので、それはいいんだけどね。
私以外 誰も  「片付ける」  という言葉を知らないから困るのよ。


でもねえ、 以前  綺麗好きなお姑さんと同居していて
毎日 午前中いっぱいかけて家中をピカピカに磨き上げているという
ドイツ在住日本人女性の話を読んだ時、 ぞっとしたんだった・・・
こんな綺麗好きなお姑さんとは、一緒に暮らせないなって。


少し散らかってるくらいのほうがいいのだ、私には・・・
少し・・・  ならね。
少しで済むならいいんだけどねえ。








Comment:2
2012
05.23

怪獣仲間 & sweeties

オタマジャクシ達に、一体どんな餌を与えたらよいのか分からないので
ネットで調べてみたところ、 雑食で、水草でもパンでも煮干でも、なんでも食べるらしい。
・・・ということで、 パンを与えてみたら、 ちゃんと食べてくれました!
食べる姿が可愛い~   (けど、 口元は既にカエルっぽい  )

DSCF5845.jpg


手足が生えてきたら、 水から上がれる部分を作ってあげないと、溺れてしまうそうなので
(オタマジャクシが溺死って・・・ )  石の上に上がれるようにしてあげました。
でも、石に上がるどころか、 ずっと石の下に隠れちゃってます。

DSCF5855.jpg


なんでも食べてくれるなら飼いやすくていいな~ と思ったのですが
最後のほうに恐ろしい一文が。

「カエルになってしまったら
       生きて動いている昆虫しか食べません」



ええっ・・・ そ、そうなの!? 



そして、その後には、更に恐ろしいことが・・・
カエルの水槽の一部にバナナなどを入れておくと、そこにハエが寄ってきて卵を産みつけるので
幼虫を飼育してハエにしましょう!
ハエの幼虫?・・・って、  う、うじ虫だよね?  

そんなもん飼育したくなーーーい    


その上、カエルまで育てあげた人が
「カエルになった途端、オタマジャクシ達に食べられてしまったようで
手足だけが・・・」   なんて おぞましい事を書いてるし・・・  

・・・なので、  何がなんでもカエルになる前に
我が家から、  おさらば  してもらうことに決めました。


週末に、うちでバーベキューの予定があり、子供達がたくさん来ることになっていたので
その時に ちょっと皆に見てもらってから、月曜日にでも どこかに放そうっと!

・・・ということで、 日曜のバーベキューは、 気心知れた6家族
大人11人、 子供10人で、 ワイワイと 

DSCF5877 - Kopie


料理やデザートは持ち寄りなので、美味しそうなものが、たっくさん並んでます 
すっかり食べ過ぎました・・・

DSCF5879 - Kopie

DSCF5882 - Kopie DSCF5884 - Kopie - Kopie

DSCF5893 - Kopie
抹茶のマフィンや干し芋など、もっとあったのに写し忘れた~
ガレージの中なので、写真うつりがイマイチですね・・・
料理の奥↑ には、 こんなクルマも少し見えてますが、義妹のダンナ君のお宝エンテ。
子供達が小さかった頃は乗って遊んでましたが、今は邪魔だから早く持って帰ってくり~!

220px-2CV_Dolly_hinten.jpg



大人がのんびりくつろいでお喋りしている間に、怪獣二匹&フレンズは ゾンビの手 を破って
絨毯の上に砂をばら撒いたり、 雨水のタンクから水を出してお互いに掛けまくり・・・ 
みんなビショビショ  に。     ヒー
しかし、着替え持参の方もいらして、さすが男の子ママ、 準備万全

そんなこんなで、怪獣達はどこにいるのかもよく分からん状態だったので
オタマさんはじっくり女の子達に見てもらいました。
「わ~ 本当だ~ いたいた~」 って、 女の子の反応は可愛いですなあ。 

友人達にも 「可愛い~」 と言ってもらって、 すっかり満足した翌日
月曜日に、オタマさん達を池に返すことにしました。
元々居た所に戻すのが一番らしいので、ご近さんに場所を教えてもらい、こちらへ。

「達者で暮らせよ~」  
と池の中を覗いたら、そこにはもちろん、 子供達が覗いている 小さな泉の中も
オタマジャクシで いっぱーーーーい だったのでした    

ご近所さん、 もうすぐ大変ね 

DSCF5922 - Kopie




とっても美味しくて楽しい週末を過ごし、大満足でしたが
なぜか日曜から、子供部屋の目覚まし時計が行方不明~。
怪獣達よ、  いったいどこに持ってったんじゃーーーー    









Comment:4
2012
05.18

抹茶味じゃないよ~

Category: 食べ物
日本で緑のお菓子といえば、 ほとんどが抹茶味。
でも、 ドイツで緑のデザートといったら Waldmeister 味 
(ヴァルトマイスター、クルマバソウ)  や、 ピスタチオ味であることが多いのです。  
ヴァルトマイスター味は、 ジュースやスムージー、綿菓子などに多く
その緑色を見ると、 なんとなく  「クリームソーダやカキ氷などの メロン味
を想像するのですが、 食べてみると全く違う味なのでビックリします。
その味を説明するのは難しいのですが、 日本人でヴァルトマイスター味を
「美味しい」  と感じる人は少ないんじゃないかなあ。


ピスタチオ味のマカロン、 町のスーパーでみつけました。
友人たちが  「不味い」  と話していたマカロン。
ずっと食べてみたいと思っていたけど、近くの町では見かけないので
初めて食べました。  フランスで作られた物のようです。

見た目はすっごく美味しそうなんだけど、 やはり予想通り・・・ 甘すぎる 
とても一個全部は食べられない甘さでしたが
やっと初めてのマカロンを食べることが出来て まあ満足 

DSCF5642.jpg



そして、 これまた友人が   「マズイから食べて!」  と持ってきてくれたお菓子。
日本のお菓子だけど、日本でもあまりお目にかかれないであろう

新潟限定  「きのこの山  笹だんご風味」 

笹だんご食べたことないけど、 確かに 笹っぽい味が 
(笹も食べたことないけど~)
何も知らずに食べたら、何味か分からないだろうけど、 私は悪くないと思うけどねえ。
「じゃあ、全部あげるよ~」 と、 優しい友人は全部 私にくれました・・・  あ、ありがと

DSCF5815.jpg




こちらも緑のお菓子ですが、 ドイツで売られている、 ワサビ味のポテトチップス。
その名も 「日本の心」 
パッケージの写真の、チップスとワサビの置き方が
どことなく 「心」 の字の形になっているような・・・ 
(こじ付け過ぎ?)

DSCF5803.jpg


ピーナッツやポテトチップスなど、 「ワサビ味」 のお菓子は最近ドイツでも増えてきました。
私はあまり食べないけど、ドイツ人は好きなのかも・・・。
以前、寿司レストランで働いたことがあるのですが、 「ワサビのおかわり」 する人
たくさんいましたから。
ちなみに 「ガリのおかわり」 をするドイツ人は、もっと多かったんですけどね。

ガリ味のお菓子は、 まだ ないみたいです~  

誰か開発したら、 ドイツでは売れるかも・・・ 







Comment:4
2012
05.16

朝食

Category: 食べ物
義妹一家の影響で  『にわかFCバイエルンファン』 に仕立て上げられている我が息子達。
先週土曜日の対ドルトムント戦  (香川選手のいるチームですね) も
義妹の家で、 近所のファン一同と一緒に盛り上がって楽しんだようです。
しかし、翌日から、 次男と姪は吐いたりしてダウン・・・  お菓子の食べすぎでしょうか 

また今週土曜日に試合があるので、子供達 楽しみにしているのですが

試合じゃなくて、 お菓子を食べることを  ・・・  だと思われます。



フランス人少年達は、日曜日に無事バスで帰途につきました。
土曜日は、一日ホストファミリーと過ごす日ということだったのですが
「どこか行きたい所がある?」  と聞いたら、 「ボウリング」 と言われてビックリ。
まあ、若者は 観光なんてしたくないよね・・・ 


ということで、他のお宅に滞在しているフランス人少年達と連絡を取り
朝はプール、夜はボウリングに行くことになりました。
そして、その合間には、庭のトランポリンで飛びまくる少年達・・・  
若いってスゴイな~、 体力有り余ってるみたいですね  

IMG_4487.jpg




先日ミューズリーの朝食について書きましたが、別の日は一般的なドイツの朝食に。
この日は、白パン (ドイツ人は小さい丸パンを好んで食べますが、この日はフランス人の
ゲストがいたので小さく切ったバゲット) やプレッツェル、黒パン、ハムやソーセージにチーズ。
ゆで卵など温かいものは、お客さんがいる時くらいで、普段の朝食には食べないことが
多いのですが、この日もゲストが 「要らない」 と言ったので、作っていません。
朝食用の小さなまな板のような物とナイフを使って食べます。

DSCF5776.jpg
左の皿に乗っているパックは、Fleischsalad (肉のサラダ) と呼ばれるもの。
ハムやピクルスをマヨネーズ風味で和えたもので、パンにのせて食べます。



でも、 実をいうと、うちは、こういったドイツの伝統的な朝食をあまり食べないんですよね。
夫はミューズリーが好きだし、私は アメリカ風 (というか、日本風!?) の
サンドウィッチが好きなので。
私が食べるのは、専ら サンドウィッチ用の食パン。
日本の物と似てますが、サイズが少し小さいです。

DSCF5794.jpg


ドイツ人で、こういった食パンを好んで食べる人は少ないんじゃないかな。
だから、食パンも以前は すごく不味くて、日本に帰った時
朝食にトーストを食べるのが楽しみだったんですけどね。  
最近は こちらの食パンも、 かなり美味しくなりました。

でも、 ドイツ人は皆、 「ドイツの (酸味のある)黒パンは、世界で一番健康的なパン」
と思ってるんですよねえ。
日本人は  「好きじゃない」  と言う人も多い 黒パンですが。
(でも、ドイツで黒パンを食べて感激!してパン職人になった知人もいますから
 好き嫌いがハッキリ分かれるパンなのかも・・・) 


フレッシュじゃなくて、保存の利くサンドウィッチ用パンを見て、顔をしかめるドイツ人は多いです。
サンドウィッチ、野菜をたくさん入れると健康的だし、美味しいと思うんだけどなあ・・・ 








Comment:0
2012
05.14

癒される~

Category: ドイツの話
先日、ご近所さんが  「これ、お子さん達に!」 と瓶に入った何かをくださった。
「ん? なんだ、これは・・・?」 って、よく見たら、 お、おたまじゃくし???
えーーーーっ、 これを どうしろと・・・
まさか飼育してください・・・ ってこと?  


以前もブログに書きましたが、ドイツはカエルの産卵時期
道路を通行止めにしてまで カエルさま達を保護する国。

こんな標識が立ててあることも。


  『 注意!(通行止め)  ヒキガエルの移動
   親愛なるドライバーの皆さん
   私達が、 夜7時から 朝6時まで
   危険なく、 この道路を横断できることを感謝いたします。
                                  ヒキガエル一同
  
         DSCF4183, 2008.03.30, 17.19.15 (2) ← クリックで拡大


こちらの標識の先には
DSCF4214, 2008.03.30, 17.47.18


カエルが、道路の向こうにある池に渡ることを防ぐ為、 道の脇にシートが・・・
シートの裏には、たくさんのバケツが置いてあって、その中に入ったカエルさまは
人間の手によって、向こうの池に移動させてもらえるのです。

DSCF4200, 2008.03.30, 17.40.13 ←クリックで拡大


そんな手厚く保護されるくらい 貴重なカエルさまだから
水辺の無い我が家の近くで、 普段 見かけることなど皆無。
ご近所さんも、珍しいから 子供達にあげようと思われたのでしょうが・・・
私は、いらんよ、これは!   ひぇ~  どうしよう・・・ 

子供達は、もちろん大喜び 
「でも、これ、そのうちに手足がニョッキリ生えてきて、カエルになるんだよ!」
と言ったら、ちょっと衝撃を受けてたけど。

「餌をあげないと死んじゃうから、どこかに放そうよ。
            学校の近くに、小さな池があるじゃない 

と子供を説得して、 通学する時、 瓶を持たせたのですが・・・



「ママ、 草を入れたよ~」 と、 また持って帰ってきた次男。  ガーン
前日 「水草か 何か入れないと、食べるものがないよ」 と言ったのを覚えていたらしい。
しかし、中に入ってるこれ、 タンポポの葉っぱじゃないの
こんなもん入れたら死んじゃうよー!
・・・ と思ったのですが・・・ ムチャクチャ元気です、 おたまさん達。
タンポポの葉も喜んで食べたり、 中に隠れて遊んだり (!?)  してるし。

DSCF5761.jpg


ということで、 もう6日間ほど、我が家にいるオタマさん達ですが
少しずつ大きくなってきました。
夜は草の中でおとなしく寝てるし、 昼間はしっぽをフリフリ元気に泳いだり
4匹で戯れるのを見ていると人間の子みたいで・・・ 微笑ましい
なかなか可愛いでないの~  おたまちゃん達・・・   熱帯魚とか飼うのもいいかもね~ 


なんて妄想していたのですが
「ネコが食べちゃうんじゃない?」 と子供達に言われて現実に引き戻されました。
そうだ、我が家には ネズミや鳥を襲うのが大好きな猫がいるんだった。
魚は無理だね・・・。
オタマさん達も、可愛いけど、やっぱり カエルになる前にさよならしなくちゃ。
手足が出てきたら、どこかの水辺にこっそり捨ててこよう、 自分で




えっ、生ゴミ捨て場 (コンポストにしている一角) で猫が死んでる!?
DSCF5765.jpg← クリックで拡大


長時間、ピクリとも動かないので驚いたっ
なんで、こんな所でこんなカッコして寝てるかね・・・
と思ったら、上を飛んでいた鳥に、いきなりすごい勢いで反応 
それが目的 








Comment:2
2012
05.12

ミューズリー&クロワッサン

Category: 食べ物
ミューズリーって、日本でも浸透している言葉なんでしょうか?
平仮名で入力しても、カタカナに変換できるし
検索すると、色々な商品がいっぱい出てくるのでビックリしましたが・・・

元々はスイスドイツ語だそうで、 スイスでは Müesli と綴るようですが
ドイツでは  Müsli と書きます。
オート麦などの穀物に、果物やナッツ、種子類を合わせ、牛乳をかけたりして食べるシリアルで
ドイツでは主に朝食として食べられていますが、 スイスでは夕食としても食べるそう。


私は、こういったシリアルの類が苦手なのですが、 夫や多くのドイツ人は大好き。
ダンナは、自分で麦を挽けるマシンまで買って、 週に2、3回は食べてます。


こちらが挽く前のオート麦
DSCF5732.jpg


左上の丸い部分に入れると、挽いたものが下から出てきます。
オート麦は、有機栽培されたものを粉屋で購入。
DSCF5725.jpg


赤いボウルに入っているのが、挽いた後の麦
DSCF5719 (2)



只今 我が家に滞在中のフランス人少年達にも、 ダンナはマシンについて長々と説明 
早く食べないと、少年たち遅刻するっつーの  (今日は、バスで工場見学)
お兄ちゃん達  「うん、おいしい」  と言って食べてましたが・・・

DSCF5716 (2)
怪我した右手は、ほとんど痛くないそうで よかった・・・


やっぱり、 フランス人は クロワッサンなんかのほうが好きなのかな?
私も息子達もクロワッサン大好きなので、しょっちゅう買っているのですが
フランス少年達に  「これ、途中で食べるように持って行く~?」  と聞くと
「ウィ」  と嬉しそうです。

15年以上前、初めてドイツのクロワッサンを食べた時は
あまりの不味さにビックリしたものですが・・・
最近は、ドイツのクロワッサンも、フランスの味とあまり変わらないかも。

以前は、近くの町に、フランス系スーパーマーケットがあったので
わざわざ、そこまでクロワッサンを買いに行ったのですが
今じゃ 、ドイツの安売りスーパー LIDL のクロワッサンなんかでも十分美味しいからね~



こちらは、少年達がお土産に持ってきてくれたナッツのケーキとジャム。
フランスのデザートって、やっぱり日本人の口に合うんですよねえ、 食べるの楽しみだ 

DSCF5680.jpg








Comment:4
2012
05.10

よい香りの一週間

Category: 義父母の話
只今、フランス人の少年二人が、 一週間 我が家に滞在中。
以前も、二度ほどフランス人のホームステイを受け入れたのですが
二回目に来た男の子二人は、英語もドイツ語も全く出来なくて
コミュニケーションを取るのが えらい難儀だったので
「今回はどうか、もう少し楽しくお喋りできる子達が来ますように・・・ 」 
と祈ったのがよかったのか、 ものすごく英語の上手い子が来ました。


発音良すぎて、 おばさん (もちろん私)  聞き取れませんよ~   困ったね 



ということで、 まあ今回 言葉の問題はあまりないのですが
滞在二日目に、 一人は 右手首の腱を痛めてしまいギプス生活に・・・
もう一人は、 ものすごい鼻血を出しちゃって、服が血だらけに・・・
まあ、そういうハプニングも、旅の思い出になっていいような気はしますが
これ以上、何も起こりませんように・・・  





普段  収集癖のある義母と 怪獣二匹&フレンズでカオスの我が家は
お客様が来るとなると大慌て・・・   で、先週末は 大掃除と相成ったわけです。


まずは庭の草刈りから。
これ、結構 大変なんですけど、 もう完全に私の仕事になってますの・・・  
嫌じゃないんだけどね、 花粉症が辛いのよ~ 

DSCF5660.jpg
白い大きな家は、お隣りさん
その手前にある、鉄棒みたいな物二つにワイヤーを通してあるのが、我が家の洗濯物干し場



朝夕、 少年達の送り迎えがあるので、 車も掃除しないとね。
しかし、怪獣達が座る後ろは、なんでジュニアシートの下まで、こんなに汚くなるのかね 


お客さん用の部屋には、義母のものがいっぱい詰め込まれているので
それを全て外に運び出してから掃除・・・  なんですけど
のんびりした義母を待っていると、日が暮れても終らないので
私が 全部放っぽり出して、 とっとと掃除よー! 

その部屋は、壁一面が全て収納になっているのですが
そこにもいっぱい義父母達の服が詰め込まれているので
フランス少年達が服を入れられるよう、  義母に一角を空けるよう頼んで終了。

・・・ と思ったら、 お兄ちゃん達が到着する 数時間前になっても、やってなーーーい!
  頼んますよお、 もう

まあ、いつもの事なので、私は慣れてますがね。



以前は、義父母の電話番号と 私達夫婦の番号が一緒だったのですが
何度、義母と待ち合わせした相手から、怒りの電話が掛かってきたことか・・・
まだ、義母は家にいるのに  「 今、ちょうど出たところです」  って、よく嘘ついてました。
ホントに、 なんでもルーズな人には困ったものです。
(ドイツ人には珍しいタイプですがね、こんな人は)


でも よく考えると・・・  私も 以前は義母以上にルーズな人だったような・・・  
義母が良い反面教師になってるのかもね  




DSCF5490.jpg
私も、この一週間は緊張しておりますのよ・・・
お兄ちゃん達、いい匂いがプンプンするしね~  
(フランス人、本当に香水好きです、14歳の少年でも)









Comment:0
2012
05.07

やっと遭遇

Category: ドイツの話
先週まで、真夏のように暑くて良い天気だったのに、 この土日はずっと雨。
そんな中、子供達は、テントを張ってキャンプしてきたのですが
持ち帰った荷物は、 カバンや寝袋まで、 全部ドロドロ、 ビショビショ・・・
片付けと洗濯、 ボチボチやります。
夜はちょっと寒かったらしいですが、 楽しかったようなので、 まあいっかな!

しかし、いつも面白いなと思うんですけど、 ドイツの子供達って 小学生でも
キャンプの時まで、 夜一緒に寝る ぬいぐるみを持ってくるんですよ。
50cmくらいある ハスキーを持って来た子もいてビックリ!
皆、赤ちゃんの頃から、親と離れて子供部屋で寝ているから
そういうもので寂しさを紛らわせているのかな?


DSCF5675.jpg
集合場所は、すぐ近くなので、車で行くほどでもなく・・・  
でも荷物が多いので、自転車の後ろに付ける荷車が活躍!

      
       
        

                                              
 



以前から 「あれはスゴイ!」 と思っていたものがあるのですが
なかなかカメラを持っている時には遭遇しないものなんですよね。

急いで 車で出掛けようとしている時なんかに限って
「邪魔だよ~ どいて!!!」  って感じで、 ドデンと道路に停まってるんですけど。


それは、なにかというと ゴミ収集車


こちらでは、 ゴミ収集日の前夜、 ゴミ容器を家の前の道路に出しておき
それを収集車が 一軒ずつ回収していってくれるのですが
運転手さんが一人で働いていることも多いのです。


それは、こんな風にできるから。



収集車から アームが伸びてきます。
DSCF5494.jpg

ゴミ容器を持ち上げて
DSCF5495.jpg

クルマの中へ、ゴミをポイ!
DSCF5496.jpg



動画サイトを見ると、 他の国では
収集車が、もっと大きなゴミコンテナを持ち上げている映像があったり
同じような回収方法を取っている国もあるんですけど
降ろしたゴミ容器が倒れていたり、 ゴミが辺りに散乱していたり・・・
車を進め過ぎて、バックしていたり・・・  など
なかなかワイルドで大雑把な仕事ぶり。


でも、ここらのゴミ収集車は、違うんですよ~!
少しの間隔を空けて置いてあるゴミ容器も、 少しずつ車を進めて上手く挟み
容器を倒したりもせず、 きちんとまた元通りに並べて回収していってくれるんです。
初めて見た時は、本当にビックリしました。
まあ慣れれば、ある程度できるようになるものなのかもしれませんが
ものすごく狭い道や、両脇に車が駐車しているような道にも
入っていかないといけないから、 かなり運転が上手い人でないと難しそうです。


そういえば、 ゴミ収集車って、横幅はあまり広くならないよう
考えられていると思うのですが、 結構 高さがあるんですよね。


数年前、 うちの近くの橋を 作り直した時・・・

完成後   橋が低すぎて ゴミ収集車が通れない!  ってことがありました。


仕方ないので、橋はもう一回作り直されたんですけど
あれはホント、 みんな苦笑するしかなかったなあ・・・  








Comment:2
2012
05.05

お子様さまさま

Category: ドイツの話
日本でも、 楽しみにしているサッカーファンは多いと思いますが
6月8日から、 ウクライナとポーランドで開催される予定の UEFA EURO 2012
(サッカー欧州選手権)

メルケル首相は、ウクライナでの大会を、政治的ボイコットするよう呼びかけていますが
(ロシアとの天然ガス取引をめぐる職権乱用罪で実刑判決を受け、収監中のティモシェンコ前首相が
 ドイツでの椎間板ヘルニアの治療を求めているのですが、出国を認められず
 抗議のハンストで衰弱してしまった状況や、彼女の出生地である東部の都市の爆破事件を受けて)



世間のサッカーファンはそんな事  どこ吹く風。
あと一ヶ月に迫った大会を楽しみにしているようです。



スーパーの広告にも、こんなものが増えてきました。

DSCF5653.jpg
応援グッズ



スーパーで買い物をして、ポイントを集めると、音が出るマスコットがもらえるサービスも。

DSCF5621.jpg



こちらのスーパーで貰えるのは、サッカーをしている 16種類のスマーフ。
ドイツでは Schlumpf シュルムプ、 Schlümpfe (複数形で シュリュムフェと呼ばれることが多い)
という奇妙な名前なのですが、 ベルギーの漫画家が作った造語の名前で
オリジナルは schtroumpf (シュトルンフ)  という名前だそう。

しかし、1個もらうのに 10ユーロのスタンプ4つ必要よっ
40ユーロ (約4千円) も買い物しなくちゃいけないのね・・・
全部集めようと思ったら、かなりの金額じゃないの~!
大して興味もないのに、欲しがるんだよねえ子供って、こういうものを。

DSCF5625.jpg
集めたものを入れる袋や、並べて置く場所も売ってますよ~ とアピール・・・



サッカーとは関係ないけど、今までにも
バックスバニーのカードとか

DSCF5626.jpg
このカードは、20ユーロ買い物したら貰えるけど・・・

DSCF5628.jpg
集めたカードを入れるアルバムは、やっぱり買わないといけない



ポイントを集めると、 レゴの製品が安く買えたことも  (少し安くなっただけ)
DSCF4645.jpg
水が漏れるので、ほとんど使えなかった水筒



まんまと 踊らされて、 買わされてしまった我が家・・・  というか 私 



サッカーなんて、大して興味もないのに
UEFA EURO 2012 期間中は、 きっとこういったグッズを
「集めようよ~!」 って子供達に言われるんだろうなあ。


以前は、全然 商売する気があると思えない店の多かったドイツですが
最近は、スーパーもドンドン増えているので  (そして潰れる店も多いので)
どこもお客を集めるのに必死な感じです。
営業時間も、  朝7、8時 ~ 19、20時 までが普通になったし
店員も、親切な人が増えたと思うし。  (日本ほどではないですけど)
やっぱり、ある程度の競争は、どこの世界でも必要なのかな・・・
サッカーだけじゃなくね~     








Comment:0
2012
05.03

これも遺伝!?

Category: 息子たち
共感覚、 という言葉、 ご存知ですか?
昔、仲良くしていた友人が 「数字に色が付いて見える」 というような事を言っていて
「え~ 何それ?」 と、私は全然 それが理解できなかったのですが
世の中には 「数字や文字に色が付いているように見える」 人が
結構たくさんいるようなのです。
は赤、  は黄色、  は青、 のような感じで。
音楽家やミュージシャンには、 音に色が付いて見える人も多いそうで
それは 「色聴」 というのだそう。

目に見えるというよりは、思い浮かぶ・・・  というか
文字や数字を見ると、 その色をイメージしてしまう、  という感じなのでしょうか。
色だけでなく、 男女の区別を感じたり、 歳が思い浮かぶ、 という人もいるようです。


人によって、見える色は違うようなのですが
多くの共感覚の持ち主を集めて実験したところ
同じ文字に似たような色を感じることが多かったり
高い音ほど明るい色に見えるという人が多いことなどが分かったそう。

そして、不思議な事に、その共感覚を持つ人が子供を産むと
お子さんも同じ感覚を持っていることが多いようなんです。


へ~、 そういう人達がいるんだ~  楽しそうでいいなあ 
と思ったのですが・・・



そういえば、私にも ちょっと人と違う感覚 (体質!?)  があって
最近、 どうもそれが、息子の一人も 同じらしいことを発見  


実は、私  「夢で見たことが、よく現実になる」   んです。


「この風景や光景、どこかで見た・・・ 夢の中でかな・・・  」 くらいなら
誰にでもあるでしょうし、 心理学的にも解明されていることのようですが
私の場合はもう少し具体的なんです。
事故であることも多くて・・・  これは嫌なんですけど。


例えば、さっき夢で見た光景を、頭の中に思い浮かべていたら
そのまま、全く同じ光景がテレビのニュース画面から出てきたり

白い車に乗った女性と事故を起こす夢を見たら
翌日、 当時お付き合いしていた男性が
「今日、 後ろから追突されたんだよね」  と言い出したので
「それって、 女の人が運転してた白い車?」  と聞いたら
ドンピシャリ! (死語?) だったとかね。

知人が事故に遭う夢も何度か見ていて
後に、それが現実に起こったことだと分かると、なんとも言えない気分に・・・


でも、そういう夢を見たからと言って、本人に話すわけにもいかないし
事故が起こった後なら、 誰でも 「夢で見た」 なんて言えるわけだし
全然 役に立たない能力 (なのか?) であるのも確か。
そういう話をしすぎると、頭がおかしな人だと思われるし・・・


共感覚を持つ人達も、 まあ 他人にはあまりそういう話をしないでしょうし
周りに同じような人がいても気付かないのでしょうが
お子さんが同じ事を言い出して  「遺伝してる!」  と驚く人も多いそう。



私も、 数ヶ月前、 次男が食事中に
「夢で見たことが、本当にそうなるんだよねえ」  と言ったのでビックリ。

横にいたダンナや長男は何の事かよく分からないようだったけど
私はもちろん即、反応
「そうでしょう! あるんだよねえ、そういう事」 と言いつつ
「あはは・・・  遺伝したのかな~~」 って、ちょっとニンマリ  


その後も、何度か同じことを言っているので、 本当みたいですが
まあ、今は、 学校での他愛ない出来事くらいみたいです。



共感覚も、私の夢も、あまり役に立つとは思えないけど
それなりに、不思議で面白いなと感じる体験はみなさん色々しているようで。


私は、運転するようになってから、今までに、2回 車を傷付けたことがあるのですが
一度目は免許を取って3日目に自宅のガレージで。 (このガレージは今でも難しい)
2回目は、その一年後くらいに、 大型のトラックを道の端に停めて
そこから大きなビア樽を道路側にたくさん降ろしていた業者がいて
その脇をすり抜けようとしたら、 ビア樽で車を擦ってしまったんです。


でも、 実は その数日前に  「アナタ事故に気を付けなさい」 って
夢の中で知らないおじさんに言われて、 ちょっと気にはなっていたんですよね。
気になりつつも  「なんのこっちゃ! 変な夢~」 と 忘れようとしてたんですが・・・
嗚呼 やはり あれは何か意味のある夢だったのかも 

まあ、 事故そのものの夢じゃないし、 偶然かな・・・ とも思うのですが
タイミング良すぎ! ですよね。
車を擦ったりしたことは、 その後 一度もないですし。
 


その夢を見たことで  「運転する時、 もっと気をつけよう」  と思ったし
右側面をビア樽にぶつけた事で  「私は追い越しする時 右に寄り過ぎている」
と気付けたのですが、 これが もし ぶつけたのが 自転車やバイクだったらと思うと
ゾ~~~ッ   とします。
そうなる前に、 一度 ここでビア樽にぶつかっておいてよかった・・・   という気さえするし。
ビア樽の持ち主は  (多分、車の傷を弁償させられるのが嫌だったからでしょうが)
「えっ、 ぶつかった?  気付かなかったけど・・・」  で終ったし 


まあ、夢が役に立ったというほどでもないんですけどね。
何かのメッセージかもしれない・・・  と思って気にかけておこうかなっていう感じでしょうか。



ちなみに、私は 霊感とかそういうのは全くないのですが
父が 急逝した時や、その後数年は、 ちょっと不思議な体験をしました。


でもね、 私の父も昔、 自分の父親が亡くなった時
 「不思議な体験をした!」  って、 よく言ってたんですよ~。




やっぱり、 これも遺伝なのか・・・ ???



     
        

                          




「お子さん達にどうぞ!」 って、チュッパチャプスをもらったのですが
子ども達が   「見て~」 というので、何かと思ったら、 舌が真っ黒に・・・
コーラ味ですが、 日本で販売されているものは、 こうならないらしいです。
「chupa chups」 って、スペインの会社だったんですね! 

DSCF5514 (2)



ちょっと追記、 前回の記事を書いた翌日
パパと子供達は本当に屋内プールに行ったんですけど
「近所のA君も一緒に連れて行きたい!」 と言ってたんです。
いつもだったら 「いいよ」 って言うんですけど、 なんかその日は
「A君は、背が低いし、 ダンナは子供達の事なんてしっかり見てないし・・・」 って
どうしても 何か引っ掛かるものがあって連れていかなかったのですが
一昨日、そのプールで 親の不注意によると思われる子供の死亡事故が起こったそう。
あの日、なぜか頭にやたらと  「責任、責任」 って言葉が浮かんでたんですよね。
まあ、 これも偶然なんですけど・・・  






Comment:6
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。