--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.30

さくらんぼの思い出

Category: 食べ物
「Hitze-frei (ヒッツェ-フライ) になったよ~!」  と大喜びで帰ってきた次男。
「ヒッツェ-フライ」 とは、 暑さの為に授業が短縮になり、 宿題もなくなることです。
州や学校によって違うのですが、 「午前10時 (11時) の時点で、 気温25℃以上」 
というのが、 ドイツの  「ヒッツェ-フライ」  の基準のよう。 
25℃って・・・   日本じゃ 「ちょっと暑い」 くらいではないでしょうか
まあ、午後になれば 30℃は越えますが、 普段から授業は 遅くとも1時くらいまでしかないんだし
わざわざ短縮授業にしなくても~      
ただでさえ、 日本の小学校より、 ずっと帰宅時間が早いのになあ・・・

ちなみに、長男が通う私立の学校は  「ヒッツェ-フライ」  もないし
先生の都合で授業がなくなって早く帰宅する (公立学校はしょっちゅうある!) ということも全くないです。

  
   
                                      



前回、 6月24日の Johannis-tag (ヨハニスターク、洗礼者ヨハネの日) について書きましたが
ヨハニスと聞いて、 ドイツにお住まいの方ならすぐに思い浮かぶのが
Johannisbeeren  (ヨハニスベーレン、  スグリ)  ではないでしょうか。
この名前は、 「ヨハニスターク」 の頃に、実がなることから付けられたようです。
DSCF7128 - Kopie

我が家のヨハニスベーレンも、 ちょうど食べ頃。
DSCF7131.jpg

といっても、 これ、 そのまま食べると、かなり酸っぱいんですよね。
喜んで、生で食べているのは、 次男くらいなもので・・・
残りは、 いつも 義母がジャムにしています。


今は、さくらんぼも美味しい時期。
以前は、我が家の庭にも さくらんぼの木があったのですが
トランポリンを設置した際、邪魔になったので切ってしまいました。
でもね、どちらにしても、この時期  親戚やご近所さんから・・・


いただくんですよ、 ドーーーン と  バケツ一杯!
さくらんぼって、農薬を使用しないと、 すぐ中に (見た目が恐ろしい)虫が入ってしまうので
みなさん早目に穫って、持ってきてくれます。
DSCF7111.jpg

それでも、もちろん、 中に、 虫がいないか念入りに確認してから
(一匹もいませんでした~)
生地に混ぜるだけの簡単ケーキ、 焼きました。
DSCF7183.jpg



我が家にさくらんぼの木があった頃は
子供達 いつも、さくらんぼを耳に掛けて遊んでたなあ。
すごく大粒で、 甘くて美味しいさくらんぼだったのです。
今年も、もらったサクランボで、やってみたけど
もう息子の耳が大きすぎて、 上手い具合にイヤリングみたいにはならなかった・・・
あっという間に時は過ぎちゃいますね~。 




スポンサーサイト
Comment:2
2012
06.28

湖畔でのんびり

ドイツでは、 夏至近くになると、 Sonnwend-feuer (ゾンヴェントフォイアー) という
大きな火を焚き、その側で 飲んだり食べたりしてお祝いする夏至祭があちこちで開かれます。
最後には、小さくなった火の上を飛び越えたりするらしいのですが
あまり遅くまでその場にいたことがないので、 残念ながら、私はその現場を見たことはありません。

夏至のことを、 ドイツでは、 Sommeranfang (ゾンマーアンファング、 夏の始まり) とも言いますが
Sonnenwende (ゾンネンヴェンデ) とは、 ドイツ語で至点、 夏至や冬至のこと
「至点」 の語源は、 ラテン語やギリシャ語で 「太陽の静止」 を意味するのに対して
ドイツ語では、 「太陽の角度転換」 のように名付けられています。

カトリック信者の多い地域では、夏至よりも、 6月 24日の Johannis-tag (ヨハニスターク)
(洗礼者ヨハネの生誕日) を祝い、 炎も Johannis-feuer (ヨハニス-フォイアー) と呼ばれるようです。



たまたま外出先で、  「ヨハニス-フォイアー」 の準備がしてありました。
こちらのお祭りは、 6月 22、23日に開催され、  「ヨハニ-フェスト」 という名前みたいですね。
DSCF6788.jpg

かなり小規模な ヨハニス-フォイアーですが・・・ 
DSCF6798.jpg

夕方なので、食べ物を買う人の列が出来ています。
まだまだ火が付くまでには時間がありますが。
DSCF6805 (2)


でも、 私達がここに来た目的は、 お祭りではなく・・・
DSCF6705.jpg

ウィンドサーフィンに夢中になっている甥と一緒に、義妹宅近くの、小さな湖の下見にやってきたのでした。
南ドイツには海がないので、サーフィンも湖でするしかありません。
水はあまり綺麗でないのですが、サーフィンしている人、ヨットやボートに乗っている人もたくさんいるようです。
DSCF6734.jpg

このたくさんのヨット、子供達が乗っていたので、ヨットを習っていたのかな~。
DSCF6701.jpg

DSCF6745.jpg

ドイツでは、小学校中学年くらいの子供でも 昼食前に帰宅するし、学校でのクラブ活動などといったものも
ないので、 午後から色々な習い事をしている子供が多いのです。
甥も、 ウィンドサーフィンは夫から習ったのですが、 その他にサッカーも小さい頃からやっていて
地域の上級者チームに所属しているし、 ピアノも上手、 ボーリングもずっと続けている。
小さい頃から色々な習い事をして、 多趣味な人が多いのです。
まあ、その話は、 また別の機会にでも・・・ 


え~   あれは、  何???
子供達がたくさん、 大きな足漕ぎボートに乗っています。
どうやら、ここでお誕生会をしている模様。
夏は、こういう場所でやるのも気持ち良さそうですね~ 
DSCF6721 (2)


あっ、 トンボがとまった!
DSCF6740.jpg


DLRGは、 Deutsche Lebens-Rettungs-Gesellschaft (ドイツ-ライフセーバー協会) の略。
こちらの 「ヨハニ-フェスト」は、 この協会主催の お祭りらしいので
協会が所有する自動車やボートがたくさん置いてありました。

auto - KopieDSCF6710 - Kopie - Kopie - Kopie
DSCF6763 - Kopie - Kopieahiru - Kopie

あっ、 ガチョウは違いますけど~  
スワンのボートって、どこにでもありますね!


Euro 2012 の最中なので、ドイツ国旗を飾っている車もたくさん停まってます。
DSCF6782 - Kopie


また、長くなりそうなので、一度 ここで終わりにしようかな・・・  と思いますが
サッカー繋がりでちょっとお知らせ。


7月1日 夜23時20分、 TBSテレビ 「情熱大陸」 にて、 清武選手の特集が放送されます。
『6月30日の試合を最後に日本を離れ、ドイツ1部リーグのニュルンベルグに渡る清武弘嗣選手に密着』 
残念ながら、私は見られませんが、 ご覧になれる方はお楽しみに~ 







Comment:0
2012
06.26

どっちもショック

Category: 義父母の話
先々週のことになりますが、 講演会と食事会で楽しい時間を過ごし、 電車で帰宅したところ・・・
義妹と義母が、 外で何か話し込んでいるようなのですが、 なんだか様子が変。
私の方を見て、 義妹が 言いにくそうに切りだしました。

「お母さんが、 あんた達の車をぶつけちゃったんだよね」    「えーーーーっ
「ちょっと傷が付いてて、M(夫) がすごく怒ったんだけど、誰も怪我したわけじゃないし・・・ 良かったよ。」

いや、 よくない、  よくなーーーい!


義母が ぶつけたのはご近所さんの車で、 そちらにも、 かなりの傷が付いたようです。
まあね、 怪我人がいなくて幸いだったし、 誰にだってうっかりミスはあるんだから
それは仕方ないと思うんですよ。


でもね、 義母が  私達夫婦のクルマで  後ろをよく見ずバックして事故を起こしたのは
この道だけで、  もう三回目!      義父母の車では一度もないのですが・・・


義母の落ち込みようを見ても、 夫が ものすごい勢いで彼女に文句を言ったであろうことは想像できたし
もう外が暗くなりかけていたのでガレージに入った車も見ず、  「まあ、仕方ないよね」  と言って
私は、そのまま家に入りました。



翌朝、 初めて傷を見たら




あちゃーーー 
また派手にやりましたなあ。


DSCF6667.jpg


バックしてたのに、 なんで こんなとこがぶつかるかね

はぁ・・・  修理にいくら掛かるんだろう・・・ 




夫が  「もう Meriva(私達の車) の運転は絶対禁止」  と義母に言い渡したので
「じゃあ、もう一台小さい車を買う」 と言って、 義妹と義母が一緒にネットで車を探し
「これがいい」 と、 あるクルマを選んだのですが・・・


「えーーーー これ???   本気で?」  と思うような車でありました。
見たいですか、 どんな とんでもない車か?


これですよ! ・・・   ← 左をクリックしてください。  


どうよ、これは?   おばあさんが乗るような車じゃないでしょう 
しかし、 自分がいいと思ったら  「他人がどう思うかなんて全然お構いなし」  な我が家族。
「あなたも乗ったらいいわよ~!」  だって。  遠慮しときますう。 

以前、 私達が乗っていたムルティプラも、天然ガスで走るかなり変わった車でしたが

何かの動物を想わせるようなこのフォルム  (タイヤはお気になさらず・・・)
DSCF1111, 2007.05.26, 12.37.53

前に三人乗れます
DSCF1135, 2007.05.26, 12.47.22

おもちゃのようなダッシュボード
DSCF1121, 2007.05.26, 12.41.26


TWIZY は、 この見て呉れな上に電気自動車。  
ムルティプラ以上に注目を集めそうな車です。

本当に買う気なのか・・・  
なるべく早く気が変わってくれますように~~~   


  






Comment:6
2012
06.24

ドイツにおける正しいサッカー観戦法(!?)

Category: ドイツの話
義妹宅で、EURO2012 準々決勝、 ドイツ対ギリシャの試合を見ているご近所さん達です。
普段は、特にサッカーファンというわけではない方々ばかりですが、 皆さん真剣
なんだか昔の 「街頭テレビ」 みたいですね  (って、もちろん本物は知りませんけど・・・)
試合開始は 夜8時45分ですが、 夏至を過ぎたばかりなので、まだまだ外は明るいです。

DSCF6899.jpg


皆さん、 頬にドイツ国旗を描き、 国旗色のレイやリストバンドを付けて、 旗をフリフリ~ 
試合開始直後、写真を撮っていたら、みんなが 「Tor トーア (ゴール!) 」 と叫んだのでビックリ。
「えっ、ホントにもう入ったの?」 と聞いたら、  「いや、 練習」  だって。
この時は、ゴールしそうでダメだったみたいですね。 
でも、 本番の瞬間が4回もあって、 ようござんした~ 
私は、この後すぐ家に帰ってしまったので、 本当のゴールの瞬間の写真が撮れず残念です。
結果は、4対2でドイツの勝利! 

DSCF6914.jpg


ドイツでは、 これから まだまだ、 まだまだ盛り上がりそうな EURO 2012 です。







Comment:2
2012
06.21

フランケンでお待ちしてます 2

e@syCredit-Stadion (フランケンスタジアム) 見学の続きです。 

この日は金曜日、 スタジアム見学が始まったのは 午後3時半なのですが
スタジアム内はシーンと静まり返っていて、 私達以外 誰もいません。
ドイツ企業の金曜日の終業時刻は、 大体どこでも午後2時頃なのです。
スタジアムの説明をしてくれたおじさんは、近くにお住まいなのでしょうか。
一人でバイクでやってきて、 一部屋ずつ 鍵を開けて説明してくれました。  


さて、 このドアを開けて
DSCF6562.jpg

たくさん写真が飾ってある こんな廊下を進んでいくと・・・
DSCF6565.jpg


右奥に、 1.FCニュルンベルク の選手達の控え室があります。
ドアを開けた途端、 やはりちょっとムッとした空気が・・・
DSCF6572.jpg

写真左の小部屋には、マッサージベッドが3台。
DSCF6570.jpg

DSCF6583.jpg

右のサッカーボールが描かれたドアを開けると、 ジャグジーとシャワーがあります。
DSCF6579.jpg

控え室のベンチに書かれている こんな数字。
実は、どの選手がどこに座るのか、きちんと決められているそう。
清武選手は何番になるのでしょうね 
DSCF6590.jpg


試合前、 選手達がこの部屋で作戦などを練った後は・・・

先ほどの廊下を通って、 こちらの出口へ。
この時計で、 審判が試合開始時刻を確認します。  そして・・・
DSCF6560.jpg
ここから、 選手達がフィールドに飛び出していきます。
上にあるのは、 昔、1.FCニュルンベルクのゴールキーパーだった Heinrich Stuhlfauth
(ハイナー 1966年没、右の絵の男性) が、 1.FCニュルンベルクの後輩達に語った言葉からの抜粋。
「この町、このクラブ、ニュルンベルクの市民の為にプレイすることは名誉である。
これらすべてを胸に秘めておこう、そうすればこの偉大なFCNが決して落ちぶれることはない。」
1.FCニュルンベルクの応援歌にも言葉の一部が、 応援グッズなどにも時々これが入っています。


こちらは、試合中もお仕事をする 記者さん達のプレス席。
DSCF6534.jpg

この横の通路を入っていくと・・・  記者会見などをする部屋があります。
DSCF6547.jpg

こちら、インタビューを受けている選手から見た記者席。
DSCF6545.jpg

試合後、靴を履いたままインタビューを受けことができる、床が人工芝になっている場所も隣にあるのですが
暗かったので、写真が上手く撮れていませんでした、 残念。



さて、ここは どんな場所か分かるでしょうか?
DSCF6611.jpg

スタジアム内にある警察の、暴れたフーリガンなどを閉じ込めておく留置場です。
昨年、一度に30人 入れられたことがあるそうですが・・・  
70人まで入れるらしいです。   それは、ものすごく窮屈そう

窓も、もちろん、絶対割られないように、こんな。
DSCF6614.jpg


警察内には、フーリガンから取り上げた武器、ピストルやナイフ、鉄の鎖や鋲やらが、たっくさん
きれいに並べて保管してあるのですが、 ここは  こっそり大人だけに見せてくれます。
「写真は絶対インターネットに出さないでね」 と言われてしまいました。
「フェイスブックなんかに載せたら、 明日 警察が来るよ~」  だって。


スタジアム見学、 なかなか面白かったです。
これ、 ドイツのサッカーに興味がある人だったら絶対に楽しいと思うんだけどなあ。
日本からの観光ツアーのコースに入れるとか・・・  出来ないんでしょうかね

料金も、そんなに高くないんですよ。
DSCF6634.jpg ←ドイツ語ですので、ご興味のある方だけクリックしてね。
見学時間 約75分で
大人 5ユーロ  (500円くらい)   16歳までの子供 3.5ユーロ (350円くらい)   です。
でも木曜以外に個人的にお願いすると、人数が揃わない場合は ちょっと高くつきそうですね。
子供の誕生会にどうだろう・・・ と思ったけど、 平日は難しいかな。



1.FCニュルンベルク、 最近の成績は低迷気味なので、 なんとか清武選手に頑張っていただきたいものです。
ニュルンベルク周辺に住む日本人は多くないですが、 皆さん 応援する気満々(だよね?) だし
私も、今までは全く興味なかったサッカーですが、 ちょっと試合を見に行ってみたいような気がしてきました。

冬は寒いし、夏も天気が変わりやすい (最近 すごく暑い!) フランケンですが
町は綺麗だし、人は穏やかで親切 (だと思う) な土地ですからね、 清武選手 安心していらしてくださいね~。
(と書いたって、彼が読むわけはないですが・・・)
ご活躍、 期待しております  








Comment:0
2012
06.17

フランケンでお待ちしてます

金曜日、 子供達と電車でやって来たのは、 こちら  「フランケンシュタディオン (フランケンスタジアム) 駅」
DSCF6299.jpg


歩いて数分で こちらの e@syCredit (現在の名称はイージークレジット)スタジアム に到着。 
DSCF6313.jpg

7月 1日から、 現セレッソ大阪の清武選手が移籍することになった
1.FCニュルンベルク の本拠地にあるスタジアムです。
建設されたのは 1928年ですが、 その後 何度も改修工事が行われ
2006年のワールドカップの際に大きくリノベーションされて、今の形になりました。
W杯では、 日本対クロアチア戦が行われて盛り上がった場所でもあります。
DSCF6324.jpg


・・・といっても、 今は 外国で開催されている Euro 2012 の真っ最中ですからね。
私達はサッカーの試合を見に来た訳じゃありませんよ~。



正面ではなく、 裏の小さな入り口から入り
DSCF6339.jpg

選手達のサインが入った大きなサッカーボールの下をくぐって進むと・・・
DSCF6341.jpg

見えてきました
DSCF6343.jpg

サッカー (&陸上) フィールド
DSCF6346 (2)

今日はこちらで、 スタジアム見学です。
DSCF6357.jpg

天然の芝なので、もちろん水やりが必要。
鳩たちが、のんびり寛いでます。
DSCF6432.jpg

芝の中にマンホール。
DSCF6411.jpg

水はけ用の穴。
DSCF6397.jpg


ゴールがたたんで置いてあります。
ドイツでは、 あちこちで、 こういう折りたたみ式のゴロゴロ移動できる
大きなゴールを見かけるのですが、 日本にもあるのでしょうか?
小学校の体育館で見かけた時は  「さすがサッカーの国!」  と思いましたが。
DSCF6436 (2)

黒いイスの部分が、一番安い席です。  (通常、販売はしないそうですが)
左側は 全然見えないでしょうねえ。  上に屋根もありません。
DSCF6442.jpg


こちらは正反対の  VIPルーム。
DSCF6524.jpg

DSCF6522.jpg

VIPルームの隣にある、一般の応援客は入れないカフェテリア。
DSCF6500.jpg

DSCF6526 (2) - Kopie



VIPルームからのスタジアムの眺めは、 もちろん最高!
DSCF6506.jpg

DSCF6508.jpg

DSCF6507.jpg

こちらは音響ルーム。
ゴールの後ろにある電光掲示板の文字も、ここから出すので
掲示板や、選手の交代などが一番見やすい場所にあります。
DSCF6486.jpg

DSCF6480.jpg
右の信号のような装置は、スタジアム内に響く音の大きさを示しているそう。
確かに、この中にいたら、会場にどんな大きさで音が流れているのか、よく分からないですもんね。
赤が付いた時は、うるさすぎるのでボリュームを下げます。


スタジアムの裏には、プールが。 
DSCF6450.jpg

選手達も、ここで泳いだりするのでしょうか。
いや、 しないだろうな~。
なぜなら、  選手の控え室には・・・


次は、いよいよ 選手のロッカールームなどにも潜入   
しばしお待ちを!







Comment:4
2012
06.15

学校で体罰!?

Category: 学校行事
長男が、学校生活の写真を持ち帰ってきました。
担任の先生が撮影したものですが、面白い写真が色々あったので、ちょっとこちらで使わせてもらおうかな。

クラスのみんなで  「Schulmuseum」 (学校博物館) という所に行ったようです。
アメリカのドラマ 「大草原の小さな家」  に出てくるような、昔の小学校の机が並んでいます。
肘をついている子の前にある黒い四角は、インクを入れる場所。

101_0997.jpg

アメリカや他の国では、もうあまり使わないようですが
ドイツの小学校では、今も 2年生くらいから万年筆を使い、筆記体でノートをとります。
筆箱のことを 「Federmäppchen」 (羽を入れる小さなカバン) と呼ぶのも
羽とインクを使っていた頃の名残でしょうか。

こちらは、昔の文字。
! ? マークの後、下に書いてあるのが、 英語と同じ アルファベットの大文字です。
Q の後に続くのは大体いつも u なので、 Qu と並べて書いてあります。
S の次にあるのは、 ST と書いた場合の続け方。
V や W まで 丸く書いてしまうのが面白いですね。
101_1001 (2)

小さな黒板を使って、昔の文字を書いてみたようです。
こういう小さな黒板、 文字の練習用に 「現代の小学校で」 よく使われています。
次男も毎日持参して登校。 
101_1028.jpg


昔も、いたずら坊主が たくさんいたのでしょう。
悪い事をした子が罰を受ける時の道具です。
こちら、男の子用。  スネが痛そう・・・
息子達よ、こんな時代に生まれなくてよかったねえ 
ちなみに、この子は男の子ですが、エプロン付けてます。
101_1001.jpg

こちら、女の子用の罰。
頭の上に水が入った洗面器を持ち、立たされます。
女性が右手に持っている物も多分・・・  生徒を叩く為じゃないかと・・・
101_1006.jpg


学校以外の 昔の生活についても色々教えてもらったようです。
こちらはカマド。
穴が開いているカマドなので、鍋が下に落ちすぎないよう(!?)  面白い形になってますね。
左にいる子が、質問しようと手を上げていますが、ドイツの学校で発言する際は、こうやって人差指を立てます。
日本のように真っ直ぐ腕を上げると 「ハイル、ヒトラー!」 を連想してしまうから  (本当の話ですよ)
101_0960.jpg


ベッドの下は、ハイジに出てくるような藁葺き。
掛け布団は羽毛だそうですが。
101_0965.jpg


そして、こちらは・・・  何をするのか想像が付くと思いますが・・・
101_1051.jpg

まずは、こうして大まかな汚れを落とし
101_1073.jpg

ゴシゴシ洗う。
101_1087.jpg

脱水機だって、昔は無かったからね~
101_1100.jpg

洗濯物が干してある風景は、現代のドイツと変わらない。
こうやってロープに引っ掛けている家も多いのです。
101_1117.jpg

ここで博物館の写真は、お終い。


こちらは、全然違う場所での写真ですが、左の子のズボンに注目!
継ぎはぎが当ててある。
ドイツでは結構 普通のこと。  日本でも、こういうズボン履く子、いるのかな・・・?  
101_0535.jpg


学校生活や、先生が一人でサイクリングした時のものであろう写真もたくさん入っていた。
担任の先生は、私よりかなり年上 (50は超えてると思う) の女性なんですけどね。 
101_0926.jpg


先生、いいカメラ持ってるな~。
101_0905.jpg

101_0915.jpg


こうやって、学校生活を見せてもらえるのは嬉しいですね。
長男が通うのは、ごく軽度の発達遅延や 学習に困難のある子供ばかりの学校ですが
親が参加する行事も多いし、学校生活を親に知ってもらおうと色々と努力してくださる先生が多いのです。
次男が地元の公立小学校に入ってみたら、子供達が学校で何をやってるのかホントに全然分からないので
ビックリしました。

公立の小学校は、 イエローカード、レッドカードなどという罰を与えたり
子供同士で色々なことを競争させるようなやり方をする先生も多いのですが
負けず嫌いなところがある次男には、そういう方法もいいかなと思います。
人が何をしていようと気にせずマイペースで、叱られるとすぐにイジケてしまう長男には
「自信を持たせる」 ということを意識して、 「褒めて伸ばす」 ことを常に考えてくれる
こちらの学校のほうが絶対に合っていると感じるんですけどね。

上の写真を見ても、クラスメイトなのに体の大きさが全然違うことが分かると思うのですが
ドイツでは入学を一年遅らせたり、学年を一つ落としたりすることも 「普通の事」 としてよくあります。

勉強が分からなくても、ドンドン学年が上がってしまう日本の学校は
ついていくのが大変な子供も多いんじゃないかな・・・
「皆と同じでないと恥ずかしい」  という考え方や、 「個性の強い子がイジメられる」 ということが
早く日本の学校から なくなるといいなと思います。







Comment:2
2012
06.13

サッカー小僧達の休暇後半

聖霊降臨祭の休暇も終わり、 月曜日から また学校が始まりました。
休暇後半は お友達と遊んだり、 誕生会や プールに行ったりして
すぐに終ってしまったような・・・

ドイツは、今 いちごが美味しい季節なので
どこに遊びに行っても、いちごのケーキが出てきました。
DSCF6217.jpg
子供が自分達で取った後なので、汚いですが・・・

あっ、そうだ!  次男は すごい腹痛で、 病院にも行ったんだった。
以前、鼠径ヘルニアや停留精巣の手術をしているので、やはり一応行っといたほうがいいかと思って。
まず小児科へ行ったら、大きな小児病院へ回され・・・  診断は 結局  便秘!
浣腸してもらったら、腹痛は治りました。
「水分をもっと取らせるように」 と言われたけど、 夜 おねしょするので困るのよ~。
「もっと水を飲め」 とパパに言われて飲んだ結果、 義妹宅でオネショしてしまった次男。
しかし、 全然 恥ずかしがっていないのが、また困りもの・・・ 



さて、 ヨーロッパではユーロ2012が始まったし、日本代表はW杯のアジア最終予選があったりで
サッカーファンは盛り上がっていることでしょうね。
私は、全然サッカーに興味ないのですが、 子供達は こんな旗と帽子をパパに買ってもらい
サッカー選手のカードなども集めて、それなりに楽しんでいる様子。
先日の ドイツ対ポルトガル戦も、 お菓子を持って、ご近所さん宅へテレビを観に行きました。
DSCF6203.jpg

お菓子も、ユーロ2012にちなんだ、特別バージョンが色々でています。
DSCF5957.jpg
プリングルズが、 プリンゴーーーールズになっていたり
通称(以前はこの名前だったが問題になった) Negerküsschen(黒人のキス) も、Deutschlandküsse(ドイツのキス) に

先日記事にした M&M'sのチョコ もドイツ国旗バージョンが
DSCF5950 - KopieDSCF6205.jpg
                            こちらは、最近、子供達にねだられているアイス

いつも、大きなサッカーの試合の後は、 テレビをつけていなくても
外から歓声が聞こえるので、試合が終ったことがすぐ分かるのですが
今回は、 とても静かで、試合中も試合後も何も聞こえませんでした。
子供達が家に帰ってきたので  「あれ? 試合終ったの?」  とビックリ。
夜、遅い時間だから (試合開始が 夜8時45分だった)  皆さん 騒ぐのを自制していたのでしょうか?

ドイツは  「大きな音を出してはいけない時間帯」  に、 結構 うるさいのです。
朝は、早起きの国民なので (配達や修理の人が、朝7時に来たりするのだ!) 早朝の騒音には甘いのだけど
老人が多い地域だと 昼寝する人も多いので 午後1~3時は 静かにしないといけなかったり
その時間帯は、遊んではいけない公園などもあったりします。
夜は、まあ季節にもよるけど、 冬なら 夜8時以降は うるさくするとマズイかな。
小学生でも、 8時頃には寝かせる家庭が多いし。
夜は、本当にシーンとしてます。
アパート住まいだと、夜 生クリームをミキサーで泡立てただけで文句言われることもあるそう。

そういえば、前回のワールドカップの時に問題になった 「ブブゼラ」 とか
音が出るような応援グッズは、最近あまり見ないかも・・・
プリングルズは、 プリングルズ型のメガフォンみたいなもの  がもらえるキャンペーンを
やっているようですけどね。



なんで息子達が、こんなにサッカーに夢中になっているのか不思議だったけど
理由が分かりました。
義妹の家で、こんなもんばっかりやってたからでしょう

DSCF6225.jpg

DSCF6226.jpg

DSCF6237 - Kopie

これ、 日本の Wiiのソフトには無いようですが・・・
ドイツでは大人気らしいです。

日本でも、プレイステーションは、 本田圭佑選手、長谷部誠選手が出てくる
こんなソフトを作っているようですが。
fussball.jpg



猫はのんびり、トカゲ鑑賞
・・・ ではなく、この後 大バトルに×××××
トカゲも、大口を開けて威嚇するんだけど、 呆気なく 猫にパクッとされ
家の中へ持って行って、みんなに見せようとするネコ。  や、やめて~ 
可哀想なので、トカゲさん、チリトリですくって逃がしてあげました。
DSCF5998.jpg


夏の、田舎のネコは、狩猟本能全開です~ 







Comment:2
2012
06.09

五感で楽しむ 2

前回の続き。
「Erfahrungsfeld der Sinne」  という
五感を使った色々な遊びが出来る場所での話です。

道具を使って遊ぶだけでなく、インストラクターさんに色々な事を教えてもらえるコーナーもあります。
私達が参加したのは  「チョコレートを作ってみる」 体験。


まず、カカオの実を触らせてもらい、説明を受けました。
カカオの実は木の枝に生るのでなく、幹から直接ぶら下がっています。
(以前書いた こちらの記事 に写真が)
実を振ると、中の種 (カカオ豆) がカラカラしてマラカスみたい。 
カカオは大きくなるまで、他の木の陰で生育させる必要があるそうで
コーヒーやバナナのように大規模プランテーションでは栽培できず
アフリカでも生産できる国は赤道直下の数カ国に限られているそう。

DSCF6028.jpg
DSCF6057.jpg

実を割ると、中からカカオ豆が・・・  (これは、既に乾燥させてあるものですが)
DSCF6035.jpg

皮を剥いて・・・
DSCF6039.jpg

砂糖と混ぜて、子供達が機械をグルグル回して挽きました
DSCF6045 (2)


すると、甘~いチョコ味に!
DSCF6053.jpg

混ざり物の入っていない、砂糖とカカオだけのチョコレート、素朴な味で私には美味しかったです。
砂糖が入る前のカカオだけを潰したものも食べましたが、こちらもビターチョコのようで悪くなかったし。
でも、スーパーで売られているチョコが大好きな息子達は、「どちらも美味しくない」 と言ってました。
他のテーブルの子供達は完食して、おかわりまでしてたんですけどねえ・・・



次に行ってみたのは、トルコの影絵劇コーナー。
動物の皮 (と言ってたけど、黄色っぽいゼラチンをガチガチに固めたようなもの)
で作った人形を使い、まずは影絵の寸劇を見せてくれます。

DSCF6172.jpg

小さい子供でも退屈しない、5分くらいの短い劇で
誰も笑ってなかったけど、私と息子達には、この劇のオチが結構ウケました 

以下、ネタバレです。  
ドイツ旅行に行ったトルコ人が、 トルコ語で 「この駅の名前は?」
「この建物は?」 などと質問したので
ドイツ人が全てに  「なに言ってるのか分からないよ・・・」 と答えるのですが
それでトルコ人が  「ああ、この駅の名前は  『「なに言ってるのか分からないよ駅』 か」  とか
「ああ、この建物も  『ミスターなに言ってるのか分からないよ』 が所有しているのか」 と勘違いして
『ミスターなに言ってるのか分からないよ』 は、 大金持ちなんだなあと感心します。
最後にお葬式に出くわし、「誰が亡くなったのですか?」と聞いたら、また
「なに言ってるのか分からないよ・・・」  と言われたので 
「ああ、 『ミスターなに言ってるのか分からないよ』 は 死んでしまった。 お金を借りようと思ったのに・・・」 
という、 シュールな(!?)話 


劇の後は、この劇に登場した人物二人の絵を描かせてもらえます。
DSCF6179.jpg
右上にぶら下がっているのが、劇に使われる本物のゼラチン(!?)人形

下絵の上にプラスチックの板を重ねて写し、色を塗っていきます。
DSCF6180.jpg


夕方でもう疲れてきているし、やりたがらないだろうと思ったら、息子達は結構 夢中になってやってました。
私が急かしたので、きちんと写しきれていない部分もあるけど、まあまあの出来 
DSCF6200.jpg



今回は参加しませんでしたが、簡単なパンを作る体験や
DSCF6139.jpg

「足の裏についての説明」を受けるコーナーなんかもあります。
ドイツでは 「足の裏のツボマッサージ」 なんかも結構人気あるんですよね。
DSCF6140.jpg


帰る時になって 「そういえば、真っ暗闇の中でお茶を飲むカフェがあるって聞いたなあ・・・」 と
思い出したのですが、もう遅かった・・・  どこにあったんだろう?
今度また試してみたいです。


私も、 結構楽しめた一日でした。
・・・けど、子供達が一番楽しかったのは、ここよりも隣りにあった無料の公園だったらしい   
そんなもんだよねえ、 こどもって。     


帰りも、もちろん電車です。
学校が休み中とはいえ、平日の夕方7時5分。
日本でも知られている町の中央駅だというのに、人影はもうまばら。
勤め人の帰宅のピークは夕方5時台なのです。
DSCF6194.jpg

それにしても日が長いね~。
昨日も、夜10時に運転してても、まだ暗くなかったし・・・
もうすぐ夏至かあ  






Comment:3
2012
06.07

五感で楽しむ

久しぶりに電車で出掛けようと、子供達と駅へ
・・・向かったはいいけど、途中で息子二人がじゃれ合って、次男が鼻血を出し
一旦 家に戻ることに・・・   はぁ   朝からドッと疲れます。

まあ、なんとか 乗る予定だった電車に間に合い、 行った先は、 まず映画館。
日本でも、 昨夏公開された  「スパイキッズ 4D」
ドイツでは、なぜか今頃、 ひっそり小規模で公開されています。
入り口で  「映画の中に出てきた番号をこすると匂いがする」  というカードがもらえて
子供達大はしゃぎ。
まだ、こすったらダメ! だっつーの。

DSCF6169.jpg





上映中に  『1』  が出てきたので、 私もワクワクして、 匂いを嗅いだら・・・
このカードに反応したのか、映画館の空気が悪かったのか
はたまた隣りの女の子が食べてたチップスに反応したのか・・・
花粉症の症状が、 突然 出てきちゃって大変なことになりました 
スプレー持ってて、よかったよ~。
もちろん、その後、 カードの匂いは全然分からず・・・。

でも、落ち着いてから、匂いを嗅いでみたら、どのニオイも甘い感じで、あまり変わりないような 
私の臭覚がおかしいのかと思いましたが、他の大人もまあ同じような感想でした。
赤ちゃんがプー  した場面で、 みんなが カードのニオイを嗅いだ途端
「ふえ~」 なんて声も上がってたんですけどね。

映画は・・・   ネタバレですが・・・
妻と死別した、二人の子持ち(意地悪な娘と難聴の息子)テレビ司会者が、若い女性と再婚
赤ちゃんも生まれるのですが、 彼女は実はスパイ。
若い継母を嫌う娘が色々と意地悪するので、妻はなんとか娘と仲良くしようと
母からもらったネックレスをあげるのですが、このネックレスが曰く付きで
これを奪いたい一味と 色々騒動に・・・
最後は、悪者をやっつけて、子供達と継母も仲良くなって、めでたし、めでたしなのですが
笑えるシーンがいっぱいで  (でも、ちょっと汚いシーンがある・・・ そのせいで、この規模の公開!?)
ホロッとさせられるような場面もあって、なかなか面白かったです。
子供達が大きくなってきたので、やっと、私も居眠りなしで楽しめる映画が観られるようになって嬉しい。
やっぱり、あまりにも単純な映画は、どうしても眠くなってしまうので。


映画の後、向かったのは 「Erfahrungsfeld der Sinne」 という場所。
日本語にすると 「色々な感覚を体験することができる (五感で遊べる) フィールド」 っていう感じでしょうか。
ここも、子供達が大きくなって 「そろそろ楽しめるようになったんじゃないかな」 と思って
行ってみたのですが、やっぱり良かったです。

昨年までは、 家の近くにある 某テーマパークのシーズンカード (春から秋の 外で遊べる期間だけ
何度でも入園できる) を3年続けて買っていたので、 暇があると そこばかり通っていましたが
さすがに子供達も ちょっと飽きたよう。
これからは、私も楽しめて、子供達が色々学べそうな遊び場を探してみようかなあ。


さて 「色々な感覚を体験する」 と聞いたらなんとなく想像は出来ると思いますが
裸足で歩いて、足の裏の感触を楽しむコーナー。
これ、ドイツには あちこちにありますが。
DSCF6022 (2)

壺の中や、箱の中に入っている物の感触を手で確かめて、中身を当てる。
DSCF6070 - Kopie
DSCF6079.jpg

素材の温度差を体感。
DSCF6077.jpg

ニオイを嗅いだり
DSCF6088.jpg

足で漕いでみたり
DSCF6146.jpg

迷路を走ってみたり
DSCF6061.jpg

水の入ったマットで遊んだり
DSCF6156.jpg

これは、掘っ建て小屋にしか見えないけど  おかしな家 
『Das verrückte Haus』  お菓子の家じゃなくて、気がおかしくなりそうな家です。
床がものすごく斜めになっていて、まっすぐ歩けません。 き、気持ち悪い・・・
DSCF6124.jpg

こちらは、ドイツ式 竹馬。
といっても、ドイツに竹はほとんどないので、竹で作られているのは見たことないですが。
足を乗せる場所を内側に入れ、体の重心を前に持ってきて乗ります。
DSCF6130.jpg


こちらは大砲。
後ろを叩くと、ドーナツ状の煙が出てきて、前方にある旗に当たります。
喫煙してる人が、口からこんな煙、 出してますよね~。
DSCF6102.jpg


長くなりそうなので、次回に続きます・・・





Comment:2
2012
06.04

二国で同じ!?&カラフルチョコ

Category: 食べ物
15年以上前のことですが、 ドイツ人の義妹から、こんな話を聞きました。

日本にも進出している北欧の某巨大家具店で、 以前 恐ろしい事件があったと。

両親と一緒に来ていた 2歳の女の子がいなくなったので
親が店員に話すと、店員は焦った様子でどこかに電話し、すぐに店の全てのドアが閉められた。
そして、レジにお客さん達を並ばせて、全員をチェック。
すると、女の子はみつかったのだが、知らない夫婦が連れていて
服は全部着替えさせられていた上、髪の長さや色も変わっていた・・・   というもの。

「えっ? 誘拐? 怖いねえ」 と思い、 後日 ドイツ人や日本人の友人にその話をしてみたところ
何人かは   「あ~、それ 私も聞いたことがある!」  と。
どうも有名な話だったみたいです。


私にも子供が生まれてからは、 たまにその家具店に行くと
この話を思い出し、 息子達を見失わないよう気をつけたりしていたのですが・・・



その話しを聞いてから 10数年経った ある日、 日本の母から電話が掛かってきました。

同僚から、 こんな話を聞いたと・・・

関東地方にある、子供にも大人にも大人気の巨大テーマパークで
父親が、 娘を一人だけで女子トイレに行かせたら、女の子が戻ってこない。
心配して母親が中を探したけど、娘はいなかった。
従業員に話して、入退園ゲートで係員と一緒に娘を探したところ
知らない夫婦が押していたベビーカーで眠っている女の子の靴に見覚えが!
服や髪型は変わっていたが、靴が同じだったので女の子はみつかった、  というもの。


いや、これ あまりにも二つの話、似すぎでしょう 
ドイツで義妹から話しを聞いた時は信じていたけど
母の話しを聞いて 「ん?」 と思い調べてみたら、  いわゆる 「都市伝説」 みたいです。
日本とドイツで 同じ話が・・・  っていうのは不思議ですけどね。


でもねえ、 実は  母方の親戚のある女性は
旅行先のアジアの国で、 服の試着をする為に試着室に入ったまま・・・ 
消えてしまっているのですよ。

もう、 40年以上前のことですが。
なので、 母は テーマパークでの話も信じきっています。


まあ、巨大テーマパークのように、高い入場料を払わないといけない場所での誘拐は
ちょっと真実味がないけど、 世界中のあちこちで、消えてしまった人は たくさんいるようですからね。
私も、皆さんも気をつけましょ  




*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・゜・*




週末は、友人のご主人の誕生会に招待されました。
他のお客さんは皆ドイツ人ですが、日本食好きな人達ばかりなので
私も餃子を焼いて持って行ったら、 すぐに全部なくなった。
蕎麦なんて、ものすごく久しぶりで嬉し~  
DSCF6007.jpg

メインは鶏料理だったけど、手伝ってたら写真がなかった・・・
DSCF6009.jpg



私がブログを書いている事を知っている友人  (でも読んでな~い!)
「これ、撮ったら?」 と見せてくれた、カラフルなボタン (か、画鋲のようにも見える) 
M&M'sのチョコレート。   へ~きれい、 面白~い!  と思ったけど・・・
DSCF6018.jpg


ニューヨークのM&M'sワールドに行くと、 こんならしい。 アメリカだな~ スケールが違うわ 
M&M
M&M's ワールド ニューヨーク (トリップアドバイザー提供)

下から、少しずつ出して買うらしい。
M&M
M&M's ワールド ニューヨーク (トリップアドバイザー提供)





Comment:2
2012
06.02

コンタクトレンズと目薬

Category: ドイツの話
ドイツには、 ドラッグストアのチェーン店が色々あるのですが
そのうちのいくつかの店  (Müller, dm, Ihr Platz など)  では
一ヶ月で使い捨てるタイプのコンタクトレンズを販売しています。

Kontakt.jpgLinse - Kopie


通販などで激安レンズを買うより、 値段は少し高めだけれど
装用感は良いし 急に 「あっ、替えのレンズがない!」 っていう時にはとっても便利。
ドイツだと、通販で注文しても、 日本のようにすぐには届かないしね。
「なんだか最近、このレンズじゃ見辛いな・・・」 って時でも、すぐに一段階 上の度数を試せるのもいい。

私は、家ではメガネだし、ワンデーや 2週間で交換するレンズだと
一回の装用時間が短すぎて勿体無いので、  「一ヶ月装用できる」  というのもすごく助かる。
(使い捨てないレンズや三ヶ月用だと、きっちり消毒しないと、ちょっと心配だし)

たまに通販で安いレンズを買っても、 なんだか違和感があったりして
結局、 ここ 5、6年は ずっと、このドラッグストアのコンタクトを愛用しています。


近視用のメガネやコンタクトレンズの度数は、-0.25D (ディオプター) ずつの単位になっていて
  
  -3.0Dまでが弱度近視
  -6.0Dまでが中等度近視
  -10.0Dまでが強度近視
  -15.0Dまでが最強度近視          らしいのですが

ドイツのドラッグストアの多くは、 -4.75D までのレンズを置いていて
大きな店だと、 -6.0D くらいまであるので
近視のドイツ人の多くは、 それくらいの度数で大丈夫なのでしょう。

私も、少し前までは それでよかったのですが
最近メガネを新調したら、  度数が  -6.50D に・・・
といっても、 新調したメガネは、ちょっと度数がきつ過ぎるような感じなので
今のところ -6.0D くらいで十分見えるのですが、そのうちには ドラッグストアでレンズが買えなくなりそう。
老眼が始まってるみたいなのに、近視も進んでるって・・・   ホントに 老化って嫌だなあ 


まあ、ドラッグストアでレンズが買えなくなるのも困るんですけどね
ドイツではこんなに手軽にコンタクトレンズが買えるというのに
日本ならどこでも買える  「コンタクト装用時に注せる目薬」  がほとんど売っていないのですよ!

ドイツには、ドライアイの人、いないんかな?
いやいや、 普通の目薬ならドライアイ用も色々あるのだから (私も愛用者) ドライアイの人はたくさんいる筈。

でも  「コンタクトを入れたまま注せるタイプ」 は、 数回 どこかで見かけたけど
こういった一回ずつ使い捨てるタイプしかないんですよね。
こんなの一回で全部使い切れないから、勿体無さすぎます。
Augen.jpg


なぜ、 ドイツでは、 「コンタクト装用時に注せる目薬」  を販売しないんだろう?
コンタクトレンズ用の目薬っていうのは、保存料を入れると何か問題があるのでしょうか

・・・と、 日本で買ったコンタクト用目薬を注す度に、 ちょっと気になるのでありました。


   Aaibon.jpg
この目薬、 潤うのはいいんだけど Amazonのレビュー にもあるように
コンタクト装着時に使用すると、視界がちょっとぼやける。
車の運転前は要注意





Comment:0
2012
06.01

ドイツで免許取得

Category: ドイツで免許
今、私と同じ年齢の、 息子の同級生ママが 自動車学校に通ってます。

彼女から  「教習に通っている」  と聞いたのが昨年末。
先日会った時に 「免許は取れた?」 と訊ねたところ、  「まだ」 と暗い顔をしていたので
それ以上は聞かなかったのですが、このママの子供の話しによると、縦列駐車に失敗して試験に落ちたらしい。

ドイツでも  「年齢+00 (ゼロ2つ) ユーロが 自動車学校に掛かる費用」  などと言われるようなので
年を取るほど免許取得が難しくなるのは、どこでも同じみたいです。
かくいう私も、40歳近くなってから、ドイツで自動車学校に通ったので、なかなか覚えが悪くて大変でしたが・・・ 

ドイツにもAT限定免許はあるのですが、 ほとんどの人が MT免許を取ります。
家にAT車を持っている人自体が少ないですからね。
教習は初日から公道で、毎回かなりの距離を走るので、 車のガソリン代が 
(多くはディーゼル車ですが)  教習費用に反映していて、MT免許のほうが安いということもあります。 
(AT車のほうが燃費が悪い、 っていうことですね)

こちらが教習車。
DSCF6051.jpg

毎回、こうやって公道を走ります。
屋根の上にあるタクシーの表示灯みたいなものに  「自動車学校」 と書いてあるだけなので
他の車から、教習車であることは分かり難いです。
(車体に自動車学校の名前が書かれていることも多いですが、特別には目立たないし)
免許取得後も、 日本のように  『初心者マーク』 などは付けません。


日本のように仮免許という制度もなく、 全く運転したことない人がいきなり
MT車で こんな風に公道を走るのだから  (時にはアウトバーンを 時速150km以上で)
教官は、片時も気を抜けない命懸けの仕事ですし、 事故も多いようです。

お友達ママも、路上駐車の試験中 何かにぶつけたそうですが (ポールとか木だと思いますが)
ご近所の方も、 あわやぶつけそうになった・・・ と以前 語っていたので、そういう事もあるのでしょう。、
大抵の場合は、ぶつかる前に、助手席に乗った教官が 
(試験官は、自動車学校とは別の機関の人で、後部座席に座っている)
ブレーキを踏んでくれるのでしょうが、勢いつけてバックされたら間に合わないこともあるかもしれません。


ドイツの自動車学校の技能試験は、路上で縦列駐車もさせられるし、アウトバーン走行もあるし
ロータリーに入る手前で  「次、左折してね」 (ロータリーで右回りして、左の出口から出ないといけない)
と言われたり、 右折禁止の道で 「次、右折してね」 なんて、 引っ掛けのような指示もされます。
(そこで右折してしまったら、もちろんその時点で不合格!)

教官は 試験前に 色々と、その ひっかけ対策を教えてくれるのですが
試験官も、手を替え品を替え、新しい難題を考えるようで・・・


私が試験を受けた時も、住宅街を走っていたら、いきなり
 「どこでもいいから、その辺でUターンして」  と言われて
 「えっ、そんなん聞いてないよーーー」 と、すごく焦りました。
今だって、同乗者にいきなり  「ちょっとUターンして」 と言われたら
場所によっては焦るのに、 免許取る前なんて無理、無理!!!  (って、まあ やりましたけど)


「次の交差点で左折して」 と言われたので、 左に車線変更してウィンカーを出したら
なんと交差点のすぐ手前に、 もう一つ左折できる道があって  「ウィンカー出すの早過ぎ」 って
注意されたし・・・    そ、そんな~、 知っててわざとやったんでしょ、 このイケズーーー 
と思わず言いたくなってしまうような、 難題がいっぱい。


日本のように、自動車学校の先生が試験をするのではなく
全く違う機関に行って、そこの試験官が、後部座席に乗り込んで色々チェックするので
運転技術が未熟だと、 容赦なしで不合格にされてしまいます。
なので、 3、4回 試験に落ちる人もザラにいるんですよね。

まあ、その辺りのちょっとした田舎道でも 時速100km以上でビュンビュン飛ばせる国ですし
アメリカのように、広くて真っ直ぐの道が続くわけじゃないですから
ある程度の運転が出来ないと免許を与えられない!  っていうのはよく分かるんですけど。
 



・・・で、結局 何が言いたいかというとですね


私、この自動車学校へ通学中のママの、 お子さんの習い事への送迎もお願いされているんでありますよ。
うちの子達も通っているので、通り道なら問題ないんですけどね。
このお宅は、習い事の場所を通り越して、 更に10分以上走らないといけないのです。
普段より 25分は早目に出なければならないのですよ。  
帰りも、もちろん送らなくちゃならないし。

「免許を取るまで」 と言われたけど、 
    『一体 いつまで掛かるんじゃーーー』 

もう、半年経ってるんですけど・・・   
なんだか、このままずっと続きそうな、 イヤ~な予感が・・・  はぁ~~~ 


最近、このブログのタイトル、 「愚痴日記」 とかに変更したほうがいいのかも・・・ と思ったり・・・。
いや きっと、  休み中なのに、どこにも出られないストレスでしょう! 
休み初日から、 子供8人 我が家に来てましたから・・・  





初めて見た時、思わず笑った、自動車学校の教習本セット  『教習生の友』 
パロディーで作ったのでしょうか・・・
DSCF1105, 2007.05.07, 09.24.08 - Kopie


こちらが本家本元  『漁師の友』  という名前の、有名なメントール菓子。
fischer.jpg



学科試験の問題集。
左のオレンジの用紙の真ん中辺りにある紫の線を、問題集の中の小さな紫の線に合わせると
答え合わせが簡単にできるようになってます。
DSCF1109, 2007.05.07, 09.29.39





Comment:4
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。