--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.21

偉大なるモーツァルト&アクリルたわし

Category: 未分類
ちょっと、 次男とディスレクシアの話は休憩して・・・

実は、長男のほうも最近 新しい言語セラピーに通うようになりました。
長男は、次男のように 「読み書きの困難」 はないのですが
「聞いて、話す」  ことが苦手です。
聞き間違いも多いし、とにかく喋ることが苦手で会話が噛み合わない・・・
小さな頃から、本はスラスラ読めたのですが
内容はきちんと把握できず・・・ 次男と正反対もいいとこです 

算数も、 次男は文章問題を読むと、 「頭の中ですぐ (映像になって!?)
答えが出てしまうので、 式が書けない」 ・・・といった問題があるのですが
長男は、「何を問う問題なのか」、 文の意味がつかめないようです。
(最近は改善されつつあります、これに一番よいのは、絵をイメージさせることだそうで・・・ 
 次男がやってることと同じだった!)

二人とも、計算を解くこと自体には全く問題がないというか
むしろ暗算は、私なんかよりずっと早いんですけどね。

長男も、 最近 色々な検査をして 「聴覚処理障害」 だと診断されました。
普通の聴力検査に問題はないのですが、なんらかの原因により脳の情報処理が
スムーズにいかず 「聞こえてはいるけど、理解ができない」 というものです。
ドイツ語では Auditive Verarbeitungs- und Wahrnehmungsstörungen (AVWS)
といいます。
診断が難く、ADHD(注意欠如・多動性障害)や 他の発達障害と誤診されることも
少なくないようですが・・・  長男も、まさにそのケースだったらしく
今回の詳しい発達検査で  「ADHD傾向全くなし」 「集中力は、むしろあるほう」
なんていう結果が出ていました。
ちょっと 「そうかなあ・・・?」 と疑問に思う部分はあるんですけどね。

ところがですね、 実は12月の検査で 次男が ADHD (ドイツではADHS)傾向あり
と診断されています。
「不注意」 で思い当たるところは、いーっぱいあるので 
(なんせ、ランドセルを忘れて学校に行ってしまったりする奴なのだ!) 
全く驚きませんが・・・
しかし 「ギフテッド?」(IQがかすってるだけ) で 「ディスグラフィア」 で 「ADHD」 
なんて、 まさか次男が こんなスペシャルな奴だったとは・・・
(って、もうなんのことやらサッパリ分からん方は、無視してくださいませ)



それで、まあ 長男のほうは、普通の言語セラピーでなく 
「聴覚処理障害」 を得意としているセラピストさんのところに通うことに
なったわけですが、 先日、一回目のセラピーの後、驚いたことが・・・

その日、長男はオットと出掛けたので
帰宅後、 私が 「どうだった~?」 と話しかけたのですが
長男の様子が、明らかに いつもと違うのですよ。
ものすごく饒舌に、色々語ってくれます。
いつも、こちらから質問したって、ちっとも答えないのに
一体、どうしちゃったのか・・・?

長男の話によると、言語セラピー中ずっと
ヘッドフォンで、何かの音楽を聴いていたらしい。

「あっ、それは、 もしかして アレでは!!!」


複数の知人からチラッと聞いたことがあるのですが
ある周波数をヘッドフォンで聴かせるセラピーがあり
すごく効果があると・・・

長男に 「こういう音楽だったんじゃない・・・?」 と、あるCDを聴かせたら
「そうそう、 そういう音楽」 だと。

やっぱりね・・・


それは、どんな音楽かというとですね、   モーツァルトの曲です。
きっと、多くの方が 「胎教に良い」  とか  「ストレスに効く」 などと
小耳に挟んだことくらいはあると思うのですが
私も、 「こんなに即効性があるの???」  とビックリ。
うちにも、モーツァルトのCDはあるのですが、どの曲の周波数が特に良いのか
分からないし、 ちょっと検索してみてたところ・・・

こんなCDをみつけました。
すごいんですよ、  レビューが!
即効性はない、 と商品の説明に書いてありますが
皆さん、効果を実感していらっしゃるようです。

モーツァルト療法 ~音の最先端セラピー ~1.
もっと頭の良くなるモーツァルト ~脳にエネルギーを充電する音"

CD1.jpg


妊娠中、ロックばっかり聴かず、 こっちにしとけばよかったのかもなあ・・・ 



                     
 


モーツァルトの音楽効果も良さそうなんだけどね
最近もう一つ 「良いモノ知った!」 と思ったのがこれ。
日本で以前 流行った(んだよね?)  「アクリルたわし」

DSCF2728.jpg
かなり使ってから撮影したので、ちょっとヨレてますが・・・


友人から 「使ってみて~」 と一つもらったのですが、  「すごーい!」
フライパンの油汚れも、素早くスッキリ落ちるし、洗剤もほんの少しでOK。
スポンジだと、乾かすのを忘れると、すぐにヌルヌルして気持ち悪くなるんだけど
(こんな事になるのは、私だけかもしれんが・・・)
そういうこともないし、 とにかく素早くお皿がキュッとなって気持ちいいのよ。

編み物ができる方にはホントにおススメですよ~。
こちらに 作り方がありますので。

私みたいに、できない方は・・・  できるお友達に頼んじゃおう! 
 




スポンサーサイト
Comment:8
2013
01.07

新年最初のビックリ!

Category: クリスマス
「タイトルは  ↑ これにして」 とその場に居合わせたお友達からのリクエスト。
新年になってすぐ、 普段は 全く私が行かないような場所で
友人とウィンドウショッピングしていた時にみつけたもの。

それは!



なんと!




年末にご紹介した、 日本の Cloloさん宅にある
Cloloさんのお母様が 35年以上前に購入なさったものと同じクリッペ!
 (なんのことか分からない方は、 こちら と こちら をどうぞ )

「えっ、 ウソ~~~、 また、同じものだーーー   」 


DSCF2703.jpg

kurippe_3.jpg
こちら、日本の Cloloさん宅にあるクリッペ



よほど縁があるのでしょうか?
こんなに何度も同じクリッペを見かけるなんて
そうそう無いと思うのですが・・・


上のクリッペ、 小さなおもちゃ屋さんのショーウィンドーに飾られていました。

「これは、お店に聞けばメーカーなど色々教えてもらえるかも!」 
と思ったのですが、 なんとお店は昼休み中。

現在も販売されている伝統的なクリッペなら
家で調べればすぐ分かるだろうと
帰宅後、 ネットで探してみたのですが・・・ 


これが、なかなか・・・


木製玩具のメーカーや工房、通販サイトって
思ったよりたくさんあるようです。
一つずつ検索していっても、なかなかヒットしません。



しかし・・・



とうとう みつけました~~~   
ここに間違いないでしょう!

Lotte Sievers-Hahn (ロッテ・ジーバース・ハーン)

こちらに この工房で作られた木彫りの人形や動物の写真が色々あります。
Cloloさんのクリッペの人形も、全部 写っていますね。


工房は、やはり Cloloさんが子供の頃お住まいだった 北ドイツの港町
ハンブルクの近く。 ハンブルクから車で一時間くらいの所にあるようです。
ドイツの木製クリスマスオーナメントといえば、東部のエルツ地方が有名であり
クリッペといえば、 南ドイツ、バイエルンが有名なのに
なぜ私が何度もニュルンベルクで、北ドイツ産のクリッペを見かけたのか・・・
とっても不思議だったのですが、 「ロッテ・ジーバース・ハーン」 は
伝統的な木製クリッペの工房として  (ドイツではちょっとだけなんですが) 
世界的にはかなり知られているようです。
日本にも通販で取り扱ってるお店が数軒ありました。


ひょっとしたら、Cloloさんは、クリッペが入っているパッケージなどから
産地やメーカーをご存知だったかもしれませんが
私は、年末にちょっと調べてみた時も、全然分からなかったので
今回色々知ることが出来て、すごくスッキリ   


とても簡単に購入することは出来ないような高価なお人形達ですが
少しずつクリッペの人形を買い足しているドイツ人もたくさんいるので
もし、よかったら Cloloさん、そのうちまたお人形を増やしていってみてくださいね!


ああ、色々なクリッペを見たら、私も木製のものが欲しくなっちゃったなあ  





Comment:2
2013
01.04

幸運のシンボル

Category: ドイツの話
少し遅くなりましたが・・・  明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

こちらは、新年といっても特別な料理や行事などはないのですが
年末からあちこちで、新年の幸運のシンボルとして、四葉のクローバー
てんとう虫や馬の蹄鉄、煙突掃除夫、白い水玉模様が入った赤いキノコ 
   ←この反対ですね、 
そして、なぜか豚のグッズやチョコレートといったものをよく見かけます。 

DSCF3347.jpg

日本にも豚の貯金箱などがありますが、 昔は 豚を飼っていることが
豊かな家庭の象徴だったようです。
豚は一度にたくさん子供を産むので、子孫繁栄の象徴でもあるようですね。
今は豚といえば、四葉のクローバーとセットになっていることが多いのですが
ドイツマルクが流通していた頃は、1ペニヒ硬貨とセットになっていることが
多かったような気がします・・・  今は 1セントなのかな!?  
あっ! よく見たら、 この豚さん達も左手にコインを持ってますね。


そして、こちらは、多くのドイツ人が大晦日に楽しむ  Bleigießen (鉛占い)
大晦日近くなると、あちこちに 鉛とスプーンがセットになったものが売られています。
DSCF2673.jpg

スプーンに鉛 (これは王冠型になってますね) を入れて、ロウソクの火にかざし
DSCF2674 (2)

すっかり鉛が溶けたところで、水の中に落とします。
DSCF2682 (2)

さて、どんな形になったかな・・・?
鉛が何の形に見えるか・・・ によって、今年の運勢を占います。
結果は、右に見える付属の紙に。
やはり 「四葉のクローバー型」 や 「蹄鉄型」 などが 「最高によい結果」
のようですが、 実際は 「なんの形やらサッパリ分からん?」 っていうことが
ほとんどみたいですね  


大晦日は、多くの家庭で ラクレット (ジャガイモや野菜とチーズを
大きなスプーンのようなヘラに乗せて、専用の機械で焼く料理)
 や
チーズフォンデュ、又はオイルフォンデュを食べるのですが
私達は、ここ数年 友人家族と、すき焼きを食べているので
子供達のみ、 食後に チョコフォンデュです。
串に刺した果物や、グリッシーニ (長い棒状のクラッカーのようなもの) に
溶かしたチョコをたーっぷり付けて食べていました。
畳にこぼすなよ~~~
DSCF2653.jpg

3mもあるでっかいクリスマスツリーが置いてある友人宅の居間で
楽しくお喋りしていたら、 あっという間に0時に・・・
大人はゼクト(発泡ワイン) で 「明けましておめでとう」 と乾杯!
ゆっくり呑みたいんだけどね、 花火の音が聞こえてくるので
子供達は待ちきれず、0時になった途端 外に飛び出して行きました。

ドイツでは、大晦日の一日しか花火をやってはいけないので
ご近所さん達もバンバン打ち上げていて、うるさい うるさい・・・
風情などといったものは全くなく、ひたすら楽しくドンドン、バンバン上げていき
翌朝は、国中の道路に花火の残骸が散乱しています。
良識ある大人は片付けますけど、若者達がねえ・・・

子供が手に持ってできるような花火って、これ一種類しかない!
日本だと、レストランでアイスに刺さって出てきたりするような花火。 
(こんな説明で分かる・・・!?)
たくさん地面に突き刺すと、なかなか綺麗ですけどね。
・・・っていうか、ドンドンつけていかないと、すぐに火が消えてしまって
なかなか次がつかないのよ~
DSCF4821.jpg
こちら、一昨年の写真です



あ~、楽しい大晦日だった~  
と、この人以外は思っていることでしょう。



DSCF2683.jpg


やっぱり・・・
前回の記事で恐れていた通り、 甥たちの病気がうつったようです。
長男は途中から、グッタリしてソファで寝ていました。

でも、翌日 起きてきた時には、もうほとんど元気になっていたのでよかったです。
子供は回復が早いね!

大晦日を一緒に過ごした皆さま、ご心配おかけしました。
今ではスッカリ何事もなかったかのように元気になっております。

ということで、年末はいきなり長男がダウンしてビックリしたのですが
その後 「嬉しいビックリ」 に出くわし 「今年もいいことありそう
と思った年の始めでありました。  その話はまた次回にでも。


皆さまにも、たくさんの幸せが訪れる一年になりますように~  






Comment:7
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。