--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
12.05

レーゲンスブルクとニコラウス

先日、友人達と電車で出掛けたのは
ユネスコの世界遺産に登録されている美しい街
Regensburg   (レーゲンスブルク) 

DSCF2150.jpg

街中もクリスマス市で賑わっていましたが
私達が目指した先は  Schloss Thurn und Taxis  (トゥルン・ウント・タクシス城)
(城のHPの右上、冠をクリックすると城の中などを動画で見られます。 日本語はないですが・・・)
で行われているクリスマスマーケット  
ドイツ各地の普通のクリスマス市は無料なのですが、 こちらは 土日だと 6.50ユーロ 
平日は 5.50ユーロ の入場料が必要です。

DSCF1923.jpg

さ、寒そうでしょ~~~ー  
それでも、たくさんの人で賑わっていました。
夜だと、ここは幻想的にライトアップされ、とても綺麗なようです。 
(HPの動画の中にも出てきますね)
DSCF2061.jpg

中世のお城で開催されているクリスマス市だからなのか
その時代を感じさせる雰囲気があちらこちらに。

どのお店も、木の看板にバーナーで焼き入れた文字で、何を売っているのか書かれています。
立って食べるためのミニテーブルも木で作られているし、上には可愛いランタンが。
DSCF1988.jpg

ここはお菓子屋さん。 看板には 「焼きたてアーモンド」 と書かれています。
DSCF1993.jpg

それは、こんな機械で作られる、ローストしたアーモンドに砂糖を溶かして絡めたもの。
どこのお祭りでも売っているので・・・
DSCF2114.jpg

今回 友人達が買ったのは、こちらの、かぼちゃの種をローストして砂糖を絡めたもの。
これも美味しかった・・・ カロリーも多少 少なめだしね!
DSCF2023.jpg

ハチミツや蜜蝋のお店もたくさんでています。
DSCF1968.jpg

ハチミツから作った石鹸やクリーム、リキュールなども。
DSCF1970.jpg

昔の養蜂道具かな。
DSCF2062.jpg

蜜蝋作り体験もできます。
DSCF2117.jpg

鍛冶屋さんが実演していたり・・・
DSCF2085.jpg

DSCF2014.jpg

フェルトで作ったものや織物のお店も
DSCF2049.jpg

籐で編んだカゴばかりを売る職人さんのお店があったり
DSCF2066.jpg

中世風の弓矢で遊べるコーナーも。
DSCF1941.jpg

寒いので、あちこちに暖を取るための場所が設けられていますが
こちらもいい感じ。
DSCF1962.jpg
途中ですごい雪が降りだしました! 
すぐに止んだのでラッキーでしたが、上のような焚き火がたくさんあると
見ているだけでも暖かく感じます。
DSCF2041.jpg



もちろん、普通のクリスマスグッズもたくさん。
DSCF1974.jpg

細かい細工が施された 窓辺に飾る木製ライトや、 クリスマスピラミッド
DSCF2069.jpg

ロウソク立てなど
DSCF2033.jpg

家や教会型のお香立て。
DSCF1954.jpg

これ、ちょっと笑えました・・・  鉢植えの飾り、なんで スリッパ???
DSCF2039.jpg


あっ、前から来る あのおじいさんは・・・  聖ニコラウスだ!
DSCF2125.jpg

明日  12月 6日は聖ニコラウスの日
この日の前の晩に、ブーツや靴下を準備しておくと、翌朝その中にお菓子が入れられています。
昔、貧しくて娘を嫁がすことができなかった家庭に、ニコラウスが煙突から金貨を投げ入れ
それが暖炉の下に干してあった靴下に入ったことが、この習慣の始まりだとか。

日本のクリスマスイブのプレゼントの渡し方は、こちらを真似たものですね。
(ドイツのイブのプレゼントは、クリスマスツリーの下に置かれている)
この日は、幼稚園や小学校でもニコラウス型のチョコをもらえたりします。
そう、ヨーロッパの子供達は、 12月6日と 24日、 2回もプレゼントをもらえる日があるのですよ!
といっても、ニコラウスの日はチョコや胡桃、ミカンといった、ちょっとしたものだけですけどね。


まだまだ、クリスマスマーケットの話が続きます。
だって、まだ何も食べてないもんね~  





スポンサーサイト

コメント
いいクリスマス市でした。お金はとられるけど、それなりの価値はあるなぁと思ったよ。あの焚き火一つだって、なんかありがたい心配りだよなぁって。また何か発掘しようね~。
isohadot 2012.12.05 17:46 | 編集
そうそう、歩いていた時はあまり気にしてなかったんだけど
写真を見ると、焚き火とか暖を取る場所があちこちにあるんだよね。
薪だけでも、すごい量が必要だろうな・・・ と思ったよ。
入場料はちょっと高かったけど、私もあそこの雰囲気はすごく好きだなあ。
お店の人達も親切だったしね。
とっても楽しい一日でした。   またみんなで遊びに行きましょう   (=^0^=)/
pau paudot 2012.12.05 19:23 | 編集
何がウラヤマシイって、寒そうなのが......v-10
私は暑いのが苦手なんですの.......実は。
あぁ~~~!
スキーやりたい!温泉行きたい!鍋~!(←そっちかいっ!)
ケイdot 2012.12.06 20:45 | 編集
あははi-202・・・ でも、ちょっとソレ分かりますよ~!
以前ケニアに一ヶ月程滞在したことがあるんですけど
暑くて暑くて・・・ もう早くドイツに帰りたかったですもん。
夜中は電気が来ないので、エアコンが付けられないし
サルがいたずらして荷物を持っていってしまうので、窓も開けられなかったんです。
もう17年くらい前の話ですけどね。

でも、毎日 寒いっていうのも、なかなか大変ですよ~。
特に車の運転が怖いです。
近くに山がないからスキーは出来ないし、温泉もないし
鍋も、うちは食べないからなあ・・・  
雪掻きは大変だし、やっぱり雪があって嬉しいのは子供達だけでしょうかねえ。
あっ、でもクリスマスの頃だけは、ちょっと雪があったほうがムードがでますね!
・・・って、 人間なんて勝手なものですな・・・  (^ ^;)ゞ
pau paudot 2012.12.07 06:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。