--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
12.08

クリスマス市とフラムクーヘン

レーゲンスブルクのクリスマスマーケットへ行った話の続きです。

聖ニコラウスだけでなく、こんなお姉さま方にも遭遇しました。
クリスマス市に行くと、たまに電飾が付いた赤いサンタの帽子を被っている人は見かけますが
カチューシャは珍しいかも。  それも帽子の上からだし 
これサンタの帽子をかぶったクマ・・・ なのかな?
DSCF1977.jpg


この丸いもの、私は初めて見たんですけど、なにか分かりますか?
DSCF2096.jpg

お茶の葉らしいです。
これをティーポットやグラスに入れると、花のように開いて面白~い。
友人達は知っていたので、 日本では もう有名なのかな???
私、コーヒー党なので、お茶には全く疎いのですが・・・
  DSCF2098.jpg


この長~いソーセージは、テューリンゲン州の名物。
(レーゲンスブルクはバイエルン州ですけどね
ソーセージと同じくらい長~いパンに挟んで、ホットドッグのように食べます。
DSCF2078.jpg


お次は、豚の丸焼き~。
なんだか随分スタイルの良いブタさんみたいですね。

DSCF1996.jpg


これは丸太に彫ったイエスの顔なんでしょうか?
面白いような怖いような・・・
 DSCF2100.jpg


友人達とつまんで食べたのは、 輪切りのリンゴに衣をつけて揚げた
Apfelküchle  (アプフェルキュヒレ) というデザート。
それにバニラソースが掛かっています。
熱々でおいしい!
DSCF2142.jpg


この釜の中では、パン生地に野菜やチーズをのせて、ピザのようにしたものを焼いていました。
DSCF2104 - Kopie

段々お腹が減ってきたので、すご~く美味しそうに見えます。
・・・が、 ここでは我慢 ガマン!


なぜなら、この後、似たようなものが食べられるレストランを予約していたから。
クリスマスマーケットを出て、細い路地を迷いながら進み、お店に到着。

偶然なんですが、こちらのお店にも、先程まで行っていたお城のように
中世の雰囲気が漂っています・・・  でもカジュアルな感じのお店。  
飲み物もグラスでなく、陶器で出てきました。 
ここで私達が注文したのは、 色々な  Flammkuchen フラムクーヘン。
元々フランス、アルザス地方の名物ですが、ドイツでもよく知られた料理で
ピザよりもっと薄い生地に、ベーコンや野菜、きのこなどをのせ
サワークリームやチーズをかけて焼いたものです。
DSCF2147.jpg
美女達をお見せできなくて残念!

私が注文したのは、 ハムと玉ねぎ、きのこ、香味野菜をのせ
サワークリームだけで味付けした、チーズ無しのフラムクーヘン。
ピザほどクドくないし、パリパリ生地が美味し~い!
ペロッと全部食べちゃいました   モグモグ
DSCF2146.jpg
店内が暗かったので、写真はイマイチなんですが・・・


お腹もいっぱいになって満足~ で帰途に就きました。
今回の電車旅行も、バイエルン州内を日帰り旅行する際にはとってもお得な
バイエルンチケットを利用したのですが、 今回 五人で購入しようとして初めて
2012年 6月から料金が変わっていることに気付きました。

以前は、一人でも五人でも同じ値段だったのですが
現在は、一人だと22ユーロ、 一人増えるごとに 4ユーロ増しになり
五人だと 38ユーロになっています。
それでも五人で割れば、  一人 7.60ユーロ (800円ほど) で
バイエルン州内のどこにでも行けますから、やっぱりお得なんですけどね。

子供抜きで、友人達との遠出なんて本当に久しぶり。
ずーっと笑いっぱなしで、すっごく楽しかった~ 
また行けたらいいな。

旅行中も、こちらでも愚痴った 「広告と一緒に捨ててしまった写真の件」 ですが
なんと昨日、写真の束が  オットの仕事部屋から出てきました・・・
やっぱりー!  そんなこったろうと思ったのよ。

どうやら、私がボケいたのではなかったようで、 ちょっと安心しました。
しかし忘れるかねえ、自分で仕事部屋へ持っていったこと。  
それはそれで、またちょっと困ることだったりするわ・・・  怖いなあ  



スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。