--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.04

幸運のシンボル

Category: ドイツの話
少し遅くなりましたが・・・  明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

こちらは、新年といっても特別な料理や行事などはないのですが
年末からあちこちで、新年の幸運のシンボルとして、四葉のクローバー
てんとう虫や馬の蹄鉄、煙突掃除夫、白い水玉模様が入った赤いキノコ 
   ←この反対ですね、 
そして、なぜか豚のグッズやチョコレートといったものをよく見かけます。 

DSCF3347.jpg

日本にも豚の貯金箱などがありますが、 昔は 豚を飼っていることが
豊かな家庭の象徴だったようです。
豚は一度にたくさん子供を産むので、子孫繁栄の象徴でもあるようですね。
今は豚といえば、四葉のクローバーとセットになっていることが多いのですが
ドイツマルクが流通していた頃は、1ペニヒ硬貨とセットになっていることが
多かったような気がします・・・  今は 1セントなのかな!?  
あっ! よく見たら、 この豚さん達も左手にコインを持ってますね。


そして、こちらは、多くのドイツ人が大晦日に楽しむ  Bleigießen (鉛占い)
大晦日近くなると、あちこちに 鉛とスプーンがセットになったものが売られています。
DSCF2673.jpg

スプーンに鉛 (これは王冠型になってますね) を入れて、ロウソクの火にかざし
DSCF2674 (2)

すっかり鉛が溶けたところで、水の中に落とします。
DSCF2682 (2)

さて、どんな形になったかな・・・?
鉛が何の形に見えるか・・・ によって、今年の運勢を占います。
結果は、右に見える付属の紙に。
やはり 「四葉のクローバー型」 や 「蹄鉄型」 などが 「最高によい結果」
のようですが、 実際は 「なんの形やらサッパリ分からん?」 っていうことが
ほとんどみたいですね  


大晦日は、多くの家庭で ラクレット (ジャガイモや野菜とチーズを
大きなスプーンのようなヘラに乗せて、専用の機械で焼く料理)
 や
チーズフォンデュ、又はオイルフォンデュを食べるのですが
私達は、ここ数年 友人家族と、すき焼きを食べているので
子供達のみ、 食後に チョコフォンデュです。
串に刺した果物や、グリッシーニ (長い棒状のクラッカーのようなもの) に
溶かしたチョコをたーっぷり付けて食べていました。
畳にこぼすなよ~~~
DSCF2653.jpg

3mもあるでっかいクリスマスツリーが置いてある友人宅の居間で
楽しくお喋りしていたら、 あっという間に0時に・・・
大人はゼクト(発泡ワイン) で 「明けましておめでとう」 と乾杯!
ゆっくり呑みたいんだけどね、 花火の音が聞こえてくるので
子供達は待ちきれず、0時になった途端 外に飛び出して行きました。

ドイツでは、大晦日の一日しか花火をやってはいけないので
ご近所さん達もバンバン打ち上げていて、うるさい うるさい・・・
風情などといったものは全くなく、ひたすら楽しくドンドン、バンバン上げていき
翌朝は、国中の道路に花火の残骸が散乱しています。
良識ある大人は片付けますけど、若者達がねえ・・・

子供が手に持ってできるような花火って、これ一種類しかない!
日本だと、レストランでアイスに刺さって出てきたりするような花火。 
(こんな説明で分かる・・・!?)
たくさん地面に突き刺すと、なかなか綺麗ですけどね。
・・・っていうか、ドンドンつけていかないと、すぐに火が消えてしまって
なかなか次がつかないのよ~
DSCF4821.jpg
こちら、一昨年の写真です



あ~、楽しい大晦日だった~  
と、この人以外は思っていることでしょう。



DSCF2683.jpg


やっぱり・・・
前回の記事で恐れていた通り、 甥たちの病気がうつったようです。
長男は途中から、グッタリしてソファで寝ていました。

でも、翌日 起きてきた時には、もうほとんど元気になっていたのでよかったです。
子供は回復が早いね!

大晦日を一緒に過ごした皆さま、ご心配おかけしました。
今ではスッカリ何事もなかったかのように元気になっております。

ということで、年末はいきなり長男がダウンしてビックリしたのですが
その後 「嬉しいビックリ」 に出くわし 「今年もいいことありそう
と思った年の始めでありました。  その話はまた次回にでも。


皆さまにも、たくさんの幸せが訪れる一年になりますように~  





スポンサーサイト

コメント
明けましておめでとうございま~す!

この占い、ダンナに見せたら「あ~!子供の頃にやったことあるっ」って言ってました。
それと写真を見て「あぁ~あー!こんなちっちゃいの!ダメだなぁ」っとエラぶってましたぞ。e-454

今年もよろしくデス!
ケイdot 2013.01.05 21:16 | 編集
明けましておめでとうございます。

市販されている鉛占いのセットは、大体この大きさだと思うのですが
昔は、もっと鉛が大きかったのかな・・・?
最近は  「鉛を燃やすのは身体に良くない」  と言われるようになって
やらない人も多いんですよね。
まあ、一年に一回くらいはいいかな・・・ と、私は思うんですけど
そういう理由もあって、昔より鉛のサイズが小さくなっているのかもしれません。

タイも、大晦日には花火を上げるのでしょうか?
日本の 「除夜の鐘」 とは対照的なうるさい年越しですが
カウントダウンから 花火ドーンe-329 も慣れると楽しいんですよね。
お正月は何もないので、ちょっと味気ないですが・・・ 

こちらこそ、 今年もよろしくお願いしま~す v-410
pau paudot 2013.01.06 06:12 | 編集
あけましておめでとうございます。
私、鉛占いってしたことがないです。
夫も「知ってるけど、やったことないよ」と申しております。子供のころに、父親に禁止されたとか・・・。
でも、理科の実験みたいで、とても楽しそうですね。

うちの子は、花火がバンバンなっている中、ぐっすりと熟睡しておりました。子供が起きて泣かないなら、こちらのにぎやかな年越しもいいかと思っています。でも、ときどき、静かに年越ししたいなと・・・日本を懐かしく思いますよ。

今年もよろしくお願いいたします。
らくだのせなかdot 2013.01.07 04:52 | 編集
私も実は 「鉛占い」 初めてやった・・・ というか
実際に子供達がやっているところを見たんです。
あれはやっぱり、友達同士などでやらないと盛り上がらないかも・・・
「身体に良くない」 と聞いていたので、もっと煙が出たりするのかと
思ったんですけど、煙もニオイもほとんどないし、楽しかったです。

ご子息は、やはり熟睡でしたか・・・
家族だけで過ごしていた時は、なんとなく日本の年越しというか
「コタツでのんびり紅白」 みたいな大晦日が恋しいような気もしたんですが
やっぱり子供が大きくなると、皆でワイワイが楽しいです。
0時まで、子供達も時間を持て余すし・・・
友人達がおいしいものをたくさん作ってくれるので
私はそれも楽しみです。
お子さんが花火に興味を持つようになったら
大晦日もまた違った過ごし方になると思うんですけど、もう少し先ですね~。

今年もよろしくお願いしま~す v-410
pau paudot 2013.01.07 16:00 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.09.06 23:07 | 編集
秘密のコメントをくださった方へ
メールアドレスの欄にいただいたアドレスが開けられなかった為
貴社のメールアドレスに直接お返事をさせていただきました。
ご確認ください。

もし、そのメールが読めないようでしたら、もう一度 鍵コメント欄の
『メール: のところでなく』、  「コメント本文中に」 メールアドレスを入れていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。
pau paudot 2014.09.07 19:38 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.09.08 16:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。