--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.16

再生可能エネルギーへの取り組み&ドイツ人

Category: ドイツの話
先日、我が家の近くにある、 世界的に有名なおもちゃ会社Pが
ものすごく大きな ソーラーシステムを取り付けた写真を載せましたが
気を付けて見ていると、最近は本当にあちこちに ソーラーシステムが取り付けられているんです。


これ、 今週 撮った写真の、 ほんの一部だけなんですが・・・
(車の中から撮った写真は、ボケててほとんど使えなかったので)

DSCF5258.jpg


DSCF5141.jpg

DSCF5074.jpg

DSCF5144.jpg

DSCF5223.jpg

DSCF5190.jpg

DSCF5232.jpg


DSCF5245.jpg

DSCF5243.jpg

DSCF5308.jpg

DSCF5238.jpg

DSCF5236.jpg ←クリックで拡大
このお宅は、セントラルヒーティング用の薪も並んでますね。
うちも使っていますが、地下でお湯を沸かして、全部屋にパイプで熱い湯を送り込むのです。
前にある黒いネットは子供用のトランポリン。





屋根だけでなく、アウトバーンにも、あちこちにこんなものが・・・

DSCF5077.jpg ←クリックで拡大します


これは、マウトと呼ばれる通行税を、トラックが払っているか監視する装置のようです。

DSCF5079.jpg


ドイツのアウトバーンは、自家用車は使用料金を払わなくてもよいのですが
商用の大型トラックは通行税を払わなけければなりません。
そして、日本の人に話すとビックリされそうですが
トラックは、日曜日にアウトバーンを通行してはいけない ので、それも監視しています。


写真は撮れませんでしたが、駐車場の精算機なんかもソーラーで動いていたりするんですよね。
日本でも、、あちこちにたくさんある自動販売機くらいは太陽光で動かせないのでしょうか?
そしたら、ちょっとは 電気を節約できそうですが・・・


ドイツは、風の強い北部では、風力発電に力を入れているので、あちこちで
風車を見かけますが、 比較的 天気の良い日が多い南部では
太陽光での発電に力を入れようとしているのかもしれません。
倹約家の多いドイツ人達が、 最初に設備投資の必要なソーラーシステムを付けるのは
 「このほうが電気代が安いから」  という理由もあるのだと思います。

しかし最近、政府による、太陽光発電の買い取り価格の引き下げが
決まってしまったんですよね。
ドイツ最大手のソーラーシステム会社も経営破綻してしまったりして
先行き不透明な感じの 太陽光発電ではあります。
でもまあ、原発には後戻りできないですから
これからも、この国は、再生可能エネルギーによる発電率を増やす為に
色々 模索し続けていくのでしょう。


日本も、今 原発の再稼動に揺れていますが
なんとか 原発ではない他の方向にシフトしていけないのかな・・・  と思います。
今すぐには無理だとしても、 これからの事を考えていかないと
いつかまた・・・    同じ悲劇が起こりそうで本当に怖いですよね。




*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・゜・*




ソーラーパネルの写真ばかりを撮っていたら、 通り掛かったドイツ人達に話しかけられました。

「あなた、産業スパイかなんか~?」 


もちろん、冗談なんだけど、 ドイツ人のこういうところも  なんかいいなぁ・・・  と思うのですよ。




スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。