--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.12

息子が受けているディスレクシア支援

Category: 未分類
コメント欄でご紹介いただいたのですが
NHKニュースで 「ディスレクシアを知ってほしい」 という特集があったそうです。
短く編集したものですが、 こちらで  動画を観ることができますので
ご興味のある方はご覧ください。

この番組にご出演なさった 井上智さんの HP 
「成人ディスレクシア toraの独り言」 はこちら  です。

「理解していても書けない」 ということが、日常生活にどれほどの困難を伴うのか
学校生活にどれほどの影響を及ぼすのか・・・
井上さんのHPを読むと、とてもよく分かっていただけると思います。

心無い教師やクラスメイトの言葉に傷つき、読み書きできないことを
悟られたくない為に、中学生になった井上さんが取った行動とは・・・
学校生活を放棄して、やっと勉強から開放されたと思っても
その先にあったものは・・・
「読めなくても書けなくても、勉強したい!」 と強く願った井上さんの勉強法とは・・・

井上さんの半生が綴られたHP、 ディスレクシアに興味のない方でも
きっと引き込まれて一気に読めてしまうと思いますが、 特に 
子供の教育に携わっていらっしゃる方には
是非とも 読んでいただけたら
  と思います。  


本もご出版なさっていますが、どうも今は売り切れているようですね・・・
私も、最近やっと購入できたところだったのですが。
 yomenakutemo.jpg Amazonへ


井上さんがディスレクシアだと気付くきっかけになった本は こちら。
巻末に、 全国の 「相談機関連絡先リスト」 が載っています。
 namaketenankanai.jpg Amozonへ




。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆ 。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆ 。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆ 。・:*:・°'★




さて、遅くなってしまいましたが  「ディスレクシア」
(主に書くほうの困難である、書字障害) だと診断された次男が
小学校で受けている支援についてです。

やはり、一番助かっているのは、テストの時
「答えさえ合っていれば、文字や綴りの間違いは点数に反映されない」
ということでしょうか。 ドイツの学校のテストは、日本のように
正解の数がそのまま点数になるのではなく
1 ~ 5 (たまに6) までの、 5(6) 段階評価です。
(「相対評価」 と書いてしまいましたが、各評価の人数の割合が
  決まっているわけではないので間違っていました、すみません) 

1が最高点 で、  5 (6) が最低点。

次男のテストは、先生が 綴りの間違いを直してくださっているので
訂正だらけで、いつも真っ赤なのですが、それでも 1や2をもらっています。
綴りの間違いも評価に加えてしまう先生なら、5や6しか取れないところなんですが。


そして、テストの時に、全ての問題を一度に見せると
「読み書き障害のある子は、たくさんの文字を見ただけで、やる気をなくしてしまう」
そうで、 テストの問題が多い時は 
「用紙を三つくらいに切って、 一つが終わったら 次を渡す」
ということを、してくださっているようです。
全てのテストではないですが、 特に 読む部分が多いテストの時は
配慮してくださっているようです。

「テストの問題を、先生に読み上げてもらう」 とか
「テストの時間を延長する」 (読み書きに時間が掛かる為)
という支援も受けることができますが
これは次男が、自分で断っているようです。

次男の場合、 「書くスピード」 は遅くないのですが
書くことに時間が掛かるお子さんだと、授業を録音するとか
タブレットを使ってノートを取る(打つ) ことも許可されるようです。
(長男の学校では、使用しているお子さんもいるようです)

あとは、担任の先生が、週に一度 「読み書きに困難のあるこども達」
を呼び出し、個別に指導もしてくださっているようです。

ディスレクシア児用の、学年別になった PCソフトも紹介されましたが
かなり高額であることと、やはり 「書ける」 ようになって欲しいので
(ドイツ語は、日本語ほど書くことが難しいわけではないですからね)
今のところ購入する予定はありません。

日本でも最近は、 「マルチメディアDAISY」 を使った教科書や
テストを受けることができる学校もあるようですね。 
「マルチメディアDAISY」とは、 テキストに音声をシンクロさせて
読むことができるものです。
音声を聞きながらテキストを読み、同じ画面上で絵を見ることもできるので
読みの負担が軽くなります。

「書くこと」の負担を軽減させる道具といえば、やはり今はIT機器になるのでしょうが
多くの成人ディスレクシアの方が 「今の世の中でも 『書く機会』 というのは
想像以上に多く、やはり書けないのは困る」 と仰っています。
書かなければ、ドンドン漢字が書けなくなってしまうのは、普通の人でも同じですから
漢字はやはり、繰り返し練習するしかないのかもしれませんね。

以前にも書きましたが、 ディスレクシアの子供は 視点が定まらず
「字が綺麗に書けない」「手本の通りに書けない」 といった問題があるのですが
これは なかなか良さそうだな、と思った支援グッズをみつけたのでご紹介します。
漢字の隣に窓が開いている 「窓あきシート」 です。
これなら、どこでも何度でも繰り返して漢字を練習することが出来ます。

従来の漢字ドリルのように視線の移動を伴わず、お手本がいつも横にあるだけでも
子供の負担が大きく減り、学習効果も上がるのだそうです。
こちらで サンプルを試すことができるそうですので
ご興味のある方は、お試しになってみてはいかがでしょうか。


ドイツでディスレクシアだと診断された息子は、漢字の練習はしませんが
「毎日、家でやってください」 と言われたのは、こんな方法です。
まず、「学校で最近習った単語」を含めた文章をいくつか書き取らせます。
(Diktat ですね)
間違った箇所がいくつあるのか、 親が 文の右側に ////  で示し
どこが間違っているかは 自分で探させ、 書き直しさせる、というもの。
毎日やっていますが、 なかなか //// は減ってくれません・・・

でも、息子は結構 喜んでやっていますので、楽しいようです。
Rechtschreibung  が苦手なお子さんをお持ちでしたら
試してみてくださいね    





スポンサーサイト

コメント
前にも書きましたが、息子クン達はpau pauさんの元に生まれてきて幸せですよねぇ。
生まれつき様々なものを抱えている子達は多いんでしょうが、やはり
親の接し方で明暗にも影響があるような気がしますね。
いとこの娘達が、姉妹そろって聾唖なんですけど、二人とも
底抜けに明るいんですよねぇ.....うるさいくらい!e-350

無印パウダー到着したんですな。
我が家ではもっぱらポップコーンをスモークドチーズ味で♪....ばっかり。
タイにはドイツはモチロン諸外国のお菓子やら食品、沢山ありますよ~!
ケイdot 2013.02.14 18:05 | 編集
いとこさんの娘さん達、お二人とも聴覚障害をお持ちなんですね。
きっといとこさん、最初はすごく悲しんで悩まれたのでは
ないかとお察しします。
娘さん達が、うるさくらい楽しそうにお喋りされるのは
自分達の声の大きさが分からないからなのかな・・・!?
すご~く明るいお子さん達に育っていらっしゃるようなので
よかったですね v-343
きっと ご家族で色々と努力なさったのだと思います。

実は私、昔から 夢で見たことが時々現実になったのですが
もうずーっと以前から、しょっちゅう  「男の子二人連れて
遊園地に遊びに行く夢」  を見ていたんです。
だから不妊治療していた頃も、妊娠してドクターから
エコー検査で 「女の子です」 と言われた時も
「絶対、子供は男の子二人のハズ」 だと妙な確信がありました。
子供達が生まれてからも、色々不思議な体験をしたので
子供達は私の元に来るべくしてきたのだろうな・・・ と
まあ半分、諦めといいますか・・・ 
最初から こうなる運命だったような気がします。

スモークチーズのパウダー、家にもあるんですけど
まだ試していないので、今度使ってみます!
タイって、外国の食べ物が色々あるんですね~。
ケイさんのお話を伺っていると、すごく面白そうな国なので
いつか行ってみたいです v-354
pau paudot 2013.02.14 19:26 | 編集
彼女たちが、うるさい!.....と書いたのは、声ではないんですよ。
20前後の普通の子達で声だけ無し....って、わかります?(笑)
動作やらがやたら大きく明るく楽しく....と、つまり「やかましぃ~!」(笑)
親は....二人共ですからねェ、やはり最初はショックだったと思います。

そうですか...不妊治療までされてたんですね。でも、と言うことは
彼等というよりも、pau pauさんが「コッチ来~い。コッチぃ~!
美人で!やさしーいママになるよ♪」と誘ったんでしょうね、きっと!?
とっても会いたかった子達なんですから、大丈夫。
ちょっとやそっと辛いことあっても、約束破れないから頑張れますよねっ!?

タイは.....まぁ、楽しい所ですよ。(まぁ....ってのは気になる?v-392
基本、老人や子供には優しい国民性で、子連れでも旅し易いと思います。
是非ぜひゼヒ~~~!

....今、気づいたんですが、この「秘密」ってのをクリックすると、秘密裡
pau pauさんにメールが行くってこと、なのかな?(遅っ!?)
ケイdot 2013.02.14 22:34 | 編集
なるほど、若い女の子達って、声を出さなくても
明るく元気いっぱいな感じ! ありますよね。
なんでも楽しくて仕方ない、っていうお年頃でしょうしね~。

美人のママ??? って誰ですか~ v-16
美人でも優しくもないママなので
今頃、子供達は 「違うママがよかった・・・」 と思ってるかもしれませんが
まあ、お互い様! って感じでしょうかね i-229

タイの人達って、老人 子供に優しそうなイメージ
すごくあります、ありますv-510v-511  いいですねえ、そういう国。
ドイツ人も、他の欧米人に比べたら優しいというか・・・
真面目な人が多くて、日本人の気質に似ていると思うんですけどね。

そうですよ~、 「秘密」 の隣にある 「管理者にだけ表示を許可」
にチェックを入れると、ブログには表示されず、私だけがコメントを読めます。
内緒話があったら、 そちらにどうぞ~ v-392
pau paudot 2013.02.15 05:45 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.02.15 16:24 | 編集
は~い、 それではメールのほうでお返事させていただきますので
ちょっと待っててくださいね!
pau paudot 2013.02.15 19:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。