--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.03

懐かしの療育時代

Category: 未分類
アルバムの整理をしていたら、懐かしい写真をみつけました。

それは、長男が 「自宅で」 療育を受けていた頃のもの。
三歳半を過ぎても一向にお喋りが上達しない長男が心配になり
小児科へ相談に行ったところ、 週に一回 セラピストさんが
我が家に来て、療育をしてもらえることになりました。

セラピストさんは毎回、車のトランクに色々なおもちゃや
療育に使う道具を積んで来てくださったのですが
これが出てきた時は、かなりビックリ 

なんと、 我が家の子供部屋で 『砂遊び』 です~。
 
0206136.jpg


てんとう虫を、ガラス板の下から磁石で動かして遊んだりも。

0206135.jpg


当時、私は車の免許を持っておらず、下の子も連れて電車で一時間掛けて
療育に通うのは難しい、ということで、半年ほど我が家へ通ってもらいました。
しかし、セラピストさんが来ると、興奮して逃げ回る長男 
セラピストさんが、幼稚園での様子も見に行ってくださったのですが
ボーっとして先生の指示に従えず、お友達とも遊べない息子を見て 
「これは転園したほうがいいかも・・・」 ということで
発達に軽度の遅れがある子供ばかりの幼稚園を紹介されたのでした。

しかし、その園には定員の空きがなかったので、翌年まで待つことに。
「自宅まで来てもらうセラピー」も保険の関係で、これ以上は無理! ということで
結局、下の子も連れて、しばらくは電車で一時間以上掛けて療育に通ったんですけどね。
あれは本当に大変だったわ・・・ 
でもまあ、そのお陰で 車の免許を取る決心がつきました。


こちら、その頃 撮った兄弟のツーショット。
髪や肌の色が全然違うので、いつもビックリされました。

0206134.jpg

・・・が、 今は次男の髪も黒くなり、兄弟ソックリだと言われます。 
特に、ドイツ人には。

久しぶりに会った知人に
「あれ、金髪の子もいたよね。 お子さん三人だった?」 
と聞かれたことも・・・ 




スポンサーサイト

コメント
保険がきく出張セラピストさんにも、持ち運びできる砂場にも驚きましたけど、療育を受けるために幼い長男くんと次男くんともに、電車で1時間以上も通われたというPau pauさんの頑張りに驚きました!
いつもお子さんの問題について懸命に学ばれる様子、私も真似したいところです。

そして、長男くんと二男くんのツーショット。
確かに兄弟とは思えないかも…。
Clolodot 2013.06.05 20:35 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.06.05 20:39 | 編集
Cloloさんへ
この兄弟ツーショット写真の一年くらい前、次男の髪は
もっと色が薄かったのですが、 ドンドン濃くなっていきました。
生れた時は黒髪だったんですけどね。
なぜか一度ほとんど抜けてしまって、そのあと金髪が生えてきたんです。
髪の毛って、すごく生え変わってるんだなあ  w(°o°)w
ってビックリしました。

4歳と2歳を連れて、 電車で往復二時間は本当に大変でしたよ~。
冬だと電車の中がすごく暖かいから、二人共眠くなっちゃうんですよね。
次男はベビーカーだったけど、まさか長男を抱えるわけにはいかないので
寝かせないよう、お菓子で釣ったりするのに必死でした  (;^_^A
マイカーだと本当に楽でいいです~。
pau paudot 2013.06.06 05:03 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.06.06 15:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。