--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
11.09

マウスのミュージアムとムル

Category: ケルン
ハリー・ポッターのイベントを息子達と三人で見た後、夫を探しつつ
マウスのミュージアムのほうを回っていたら
ん? なんだか見たことあるような顔が・・・

うわーっ、義妹一家の四人がいるではないですか 
な、なぜここに???  聞いてないよーーー!
義妹の家からケルンまでは5時間以上掛かるんですが
私達を驚かそうと、キャンピングカーで追って来たようです。

義妹一家とは普通に仲良くしてますが、一緒に旅行すると、自分勝手な義妹に
いつも振り回されるので、最近一緒に出掛けたりはしてなかったんですよね。
この時は、もうお昼の12時過ぎで、私達はお腹がペコペコだったのですが
義妹達はお腹が空いていないようだし、こんなとこでは食事したくない、と言うので
じゃあまず一緒にマウスのミュージアムを見よう、ということになりました。
イヤな予感がするなあ  

その後、近くのショッピングモールで食事する店を探そうと言うので
そちらのほうに行ってみましたが、義妹達のキャンピングカーをとめられる駐車場が
みつからず、町をグルグル回ることに・・・
結局、かなり離れた場所に車を駐車して歩き、義妹達が気に入る店を探したのですが
4時半過ぎに、やーっと昼食にありつけた時には、私はもうぶっ倒れそうでした・・・
だから義妹達と行動するのはイヤなのよ~  

食事をしたショッピングセンターに、「回転寿司屋があるんだ~」 と思って見てたら
他にも寿司屋が入ってる!  アジア料理の店も何軒か入ってたし
ケルンではアジア料理が人気あるのかな・・・?
それとも都会はどこもこんな感じなのか???
私達はビュッフェのアジア料理店にしたのですが、ここも安くて美味しかったです。
でも義妹達と一緒だと、いつもドタバタで写真の一枚も撮れないんだよね。

食事の後、義妹達はケルンに残るそうなので (よかった
私達はコブレンツのホテルへ向かいます。
さようならケルン、 バイバイでっかい大聖堂・・・ 
そのうちまた中をじっくり見に来るわ~ 
3110145.jpg

でもケルンで一番印象に残った建物って、これだった!
Kranhaus(クラーンハウス)という、港湾の積荷クレーンをイメージした
建築物なんだそうですが、ここから見ると子供が作ったブロックみたい・・・ 
バイエルンだったら、こんなデザインは建築許可が下りないだろうなあ。 
0411141.jpg


義妹達は翌日、私達も見学したチョコレート博物館に行ったそうなんですが
「すごくよかった~」 と言ってました。
義妹と話してて、なんかおかしいな・・・ と思って調べたら
どうやら私達、博物館の中を全部見ていなかったようです。
もっと広かったのね 
まあ今回は長男が病気だったから仕方がないんだけど
ここもまたそのうちゆっくり見たい、子供抜きでね・・・ 
子供と一緒なら、以前近くの町で体験した 「カカオからのチョコ作り」 のほうが
私には楽しかったな。


旅行最後の日、私達はコブレンツのホテルに泊まったのですが
翌朝チェックアウトして、ホテル前に停めた車に戻ってみると・・・
なんとうちの車の前に、懐かしいムルティプラが

0611143.jpg

私達が乗っていたものより、ちょっと明るいブルーですが
この型のムルティプラは、もう一年くらい見ていないような気がします。
グレートブリテンのステッカーが貼ってある右ハンドルの車ですが
イギリスから来たんでしょうか?  勇気あるなあ・・・
(なかなか故障の多い車だったので)
0611144.jpg

息子達が 「このクルマって、こんなに小さかったっけ?」と言ってましたが
私も同じこと思いました。
現在 乗っている Meriva のほうが、(中は狭い気がするけど) どう見ても大きい。 
ドイツ車ってドアがものすごく分厚いし、重厚感あるかも。
ムルのドアはペラペラだったからなあ・・・ 
ミラーを折り曲げて駐車してる姿がなんか可愛いです 
あの縦に長いミラーがあると、初心者にはすごく駐車し易くてよかったんだよね~。

などと言いながら、次の目的地へ出発。
そこが今回の旅行で私が一番行ってみたかった所です。 
着いたら、またビックリな出来事が待ってたんですけどね~  





スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。