--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.07

やっと遭遇

Category: ドイツの話
先週まで、真夏のように暑くて良い天気だったのに、 この土日はずっと雨。
そんな中、子供達は、テントを張ってキャンプしてきたのですが
持ち帰った荷物は、 カバンや寝袋まで、 全部ドロドロ、 ビショビショ・・・
片付けと洗濯、 ボチボチやります。
夜はちょっと寒かったらしいですが、 楽しかったようなので、 まあいっかな!

しかし、いつも面白いなと思うんですけど、 ドイツの子供達って 小学生でも
キャンプの時まで、 夜一緒に寝る ぬいぐるみを持ってくるんですよ。
50cmくらいある ハスキーを持って来た子もいてビックリ!
皆、赤ちゃんの頃から、親と離れて子供部屋で寝ているから
そういうもので寂しさを紛らわせているのかな?


DSCF5675.jpg
集合場所は、すぐ近くなので、車で行くほどでもなく・・・  
でも荷物が多いので、自転車の後ろに付ける荷車が活躍!

      
       
        

                                              
 



以前から 「あれはスゴイ!」 と思っていたものがあるのですが
なかなかカメラを持っている時には遭遇しないものなんですよね。

急いで 車で出掛けようとしている時なんかに限って
「邪魔だよ~ どいて!!!」  って感じで、 ドデンと道路に停まってるんですけど。


それは、なにかというと ゴミ収集車


こちらでは、 ゴミ収集日の前夜、 ゴミ容器を家の前の道路に出しておき
それを収集車が 一軒ずつ回収していってくれるのですが
運転手さんが一人で働いていることも多いのです。


それは、こんな風にできるから。



収集車から アームが伸びてきます。
DSCF5494.jpg

ゴミ容器を持ち上げて
DSCF5495.jpg

クルマの中へ、ゴミをポイ!
DSCF5496.jpg



動画サイトを見ると、 他の国では
収集車が、もっと大きなゴミコンテナを持ち上げている映像があったり
同じような回収方法を取っている国もあるんですけど
降ろしたゴミ容器が倒れていたり、 ゴミが辺りに散乱していたり・・・
車を進め過ぎて、バックしていたり・・・  など
なかなかワイルドで大雑把な仕事ぶり。


でも、ここらのゴミ収集車は、違うんですよ~!
少しの間隔を空けて置いてあるゴミ容器も、 少しずつ車を進めて上手く挟み
容器を倒したりもせず、 きちんとまた元通りに並べて回収していってくれるんです。
初めて見た時は、本当にビックリしました。
まあ慣れれば、ある程度できるようになるものなのかもしれませんが
ものすごく狭い道や、両脇に車が駐車しているような道にも
入っていかないといけないから、 かなり運転が上手い人でないと難しそうです。


そういえば、 ゴミ収集車って、横幅はあまり広くならないよう
考えられていると思うのですが、 結構 高さがあるんですよね。


数年前、 うちの近くの橋を 作り直した時・・・

完成後   橋が低すぎて ゴミ収集車が通れない!  ってことがありました。


仕方ないので、橋はもう一回作り直されたんですけど
あれはホント、 みんな苦笑するしかなかったなあ・・・  







スポンサーサイト

コメント
ドイツも地域によってえらく違うことがはっきりわかる記事です。
ええええっ!ハイテクゴミ収集車!!
驚きますよ。ドイツにこんなのがあるのですねぇ。
こちらは手作業です・・・・
りすdot 2012.05.11 05:22 | 編集
ええっ、私もビックリ  v-405
見たことないですか?  同じ州内でも違うのかな・・・?
3、4年くらい前から、見かけるようになりました。
全部のゴミじゃなくて、 Biomuell と Restmuell くらいです。

道の端にゴミ容器を置かないといけないので、街中なんかではちょっと難しそうですよね。
田舎町でしか、こういう収集車は利用していないかもしれないです。

我が家は、細い道を入った奥にあって、広い道まで容器を持って行かないといけないので
自宅から収集車が見えなくて、 私も 収集車を見る機会ってあまりないんですけどね~。
pau paudot 2012.05.11 15:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。