--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.01

ドイツで免許取得

Category: ドイツで免許
今、私と同じ年齢の、 息子の同級生ママが 自動車学校に通ってます。

彼女から  「教習に通っている」  と聞いたのが昨年末。
先日会った時に 「免許は取れた?」 と訊ねたところ、  「まだ」 と暗い顔をしていたので
それ以上は聞かなかったのですが、このママの子供の話しによると、縦列駐車に失敗して試験に落ちたらしい。

ドイツでも  「年齢+00 (ゼロ2つ) ユーロが 自動車学校に掛かる費用」  などと言われるようなので
年を取るほど免許取得が難しくなるのは、どこでも同じみたいです。
かくいう私も、40歳近くなってから、ドイツで自動車学校に通ったので、なかなか覚えが悪くて大変でしたが・・・ 

ドイツにもAT限定免許はあるのですが、 ほとんどの人が MT免許を取ります。
家にAT車を持っている人自体が少ないですからね。
教習は初日から公道で、毎回かなりの距離を走るので、 車のガソリン代が 
(多くはディーゼル車ですが)  教習費用に反映していて、MT免許のほうが安いということもあります。 
(AT車のほうが燃費が悪い、 っていうことですね)

こちらが教習車。
DSCF6051.jpg

毎回、こうやって公道を走ります。
屋根の上にあるタクシーの表示灯みたいなものに  「自動車学校」 と書いてあるだけなので
他の車から、教習車であることは分かり難いです。
(車体に自動車学校の名前が書かれていることも多いですが、特別には目立たないし)
免許取得後も、 日本のように  『初心者マーク』 などは付けません。


日本のように仮免許という制度もなく、 全く運転したことない人がいきなり
MT車で こんな風に公道を走るのだから  (時にはアウトバーンを 時速150km以上で)
教官は、片時も気を抜けない命懸けの仕事ですし、 事故も多いようです。

お友達ママも、路上駐車の試験中 何かにぶつけたそうですが (ポールとか木だと思いますが)
ご近所の方も、 あわやぶつけそうになった・・・ と以前 語っていたので、そういう事もあるのでしょう。、
大抵の場合は、ぶつかる前に、助手席に乗った教官が 
(試験官は、自動車学校とは別の機関の人で、後部座席に座っている)
ブレーキを踏んでくれるのでしょうが、勢いつけてバックされたら間に合わないこともあるかもしれません。


ドイツの自動車学校の技能試験は、路上で縦列駐車もさせられるし、アウトバーン走行もあるし
ロータリーに入る手前で  「次、左折してね」 (ロータリーで右回りして、左の出口から出ないといけない)
と言われたり、 右折禁止の道で 「次、右折してね」 なんて、 引っ掛けのような指示もされます。
(そこで右折してしまったら、もちろんその時点で不合格!)

教官は 試験前に 色々と、その ひっかけ対策を教えてくれるのですが
試験官も、手を替え品を替え、新しい難題を考えるようで・・・


私が試験を受けた時も、住宅街を走っていたら、いきなり
 「どこでもいいから、その辺でUターンして」  と言われて
 「えっ、そんなん聞いてないよーーー」 と、すごく焦りました。
今だって、同乗者にいきなり  「ちょっとUターンして」 と言われたら
場所によっては焦るのに、 免許取る前なんて無理、無理!!!  (って、まあ やりましたけど)


「次の交差点で左折して」 と言われたので、 左に車線変更してウィンカーを出したら
なんと交差点のすぐ手前に、 もう一つ左折できる道があって  「ウィンカー出すの早過ぎ」 って
注意されたし・・・    そ、そんな~、 知っててわざとやったんでしょ、 このイケズーーー 
と思わず言いたくなってしまうような、 難題がいっぱい。


日本のように、自動車学校の先生が試験をするのではなく
全く違う機関に行って、そこの試験官が、後部座席に乗り込んで色々チェックするので
運転技術が未熟だと、 容赦なしで不合格にされてしまいます。
なので、 3、4回 試験に落ちる人もザラにいるんですよね。

まあ、その辺りのちょっとした田舎道でも 時速100km以上でビュンビュン飛ばせる国ですし
アメリカのように、広くて真っ直ぐの道が続くわけじゃないですから
ある程度の運転が出来ないと免許を与えられない!  っていうのはよく分かるんですけど。
 



・・・で、結局 何が言いたいかというとですね


私、この自動車学校へ通学中のママの、 お子さんの習い事への送迎もお願いされているんでありますよ。
うちの子達も通っているので、通り道なら問題ないんですけどね。
このお宅は、習い事の場所を通り越して、 更に10分以上走らないといけないのです。
普段より 25分は早目に出なければならないのですよ。  
帰りも、もちろん送らなくちゃならないし。

「免許を取るまで」 と言われたけど、 
    『一体 いつまで掛かるんじゃーーー』 

もう、半年経ってるんですけど・・・   
なんだか、このままずっと続きそうな、 イヤ~な予感が・・・  はぁ~~~ 


最近、このブログのタイトル、 「愚痴日記」 とかに変更したほうがいいのかも・・・ と思ったり・・・。
いや きっと、  休み中なのに、どこにも出られないストレスでしょう! 
休み初日から、 子供8人 我が家に来てましたから・・・  





初めて見た時、思わず笑った、自動車学校の教習本セット  『教習生の友』 
パロディーで作ったのでしょうか・・・
DSCF1105, 2007.05.07, 09.24.08 - Kopie


こちらが本家本元  『漁師の友』  という名前の、有名なメントール菓子。
fischer.jpg



学科試験の問題集。
左のオレンジの用紙の真ん中辺りにある紫の線を、問題集の中の小さな紫の線に合わせると
答え合わせが簡単にできるようになってます。
DSCF1109, 2007.05.07, 09.29.39




スポンサーサイト

コメント
「試験に何度も落ちたので諦めた」
という話をおととい聴きました、
うわ~、それまでたくさんお金払っていただろうに、諦めたなんてっ!!
ドイツの運転免許取得、大変ですねぇ。
私は日本で普通に運転していましたが、こちらではなにしろ車がないので、免許持っていたって無意味です・・・・
りすdot 2012.06.08 15:48 | 編集
りすさんへ
諦めてしまったのはドイツ人じゃなくて、外国人じゃないですか?
ドイツ人の若い人だと、親が絶対に免許を取らせたいので、練習場 (日本の自動車学校のように限られた敷地内に道路や交差点が作ってある) に連れていって何度も練習させたりするのですが、そういう事をしないと、なかなか免許取れない人もたくさんいますからね。
私も、結局 諦めてしまった日本人の方を二人知ってます。

出来ない事があると、すごく教官に怒られるので  (まあ、覚えさせる為に わざと恐ろしい形相で叱るのでしょうが)  年を取ってから通うのは、なかなか辛い場所なんですよね。
私は幸いにして一度で合格できたのですが  (でも、家でかなり練習してます)  同じ時期に通った 私より少し年上の日本人の方は、一度不合格になって 「この歳になって、こんなに怒鳴られるなんて・・・ もう鬱になりそう・・・」 だとすごく落ち込んでいました。

免許や車はいつ、急に必要になるか分からないですよ~!
教官が言ってましたが、 ご主人が亡くなり  「どうしてもクルマに乗れないと困る」 (免許は持っていたそうですが 何十年も乗ってなかった)  と自動車学校に来た80歳過ぎのおばあさんもいたそうです。

pau paudot 2012.06.08 18:19 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.03.15 23:46 | 編集
秘密のコメントくださった方へ
ドイツでの最終試験、日本よりも厳しいし難しいですよね。
普段なら出来ることでも、試験は緊張しますし。
ドイツに来てすぐに教習所通いというのも大変でしょうね。
でも取ってしまえば一生もので、日本のように更新もないし
ドイツでのドライブは本当に快適ですので、どうか頑張ってくださいね。
pau paudot 2014.03.16 10:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。