--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.09

五感で楽しむ 2

前回の続き。
「Erfahrungsfeld der Sinne」  という
五感を使った色々な遊びが出来る場所での話です。

道具を使って遊ぶだけでなく、インストラクターさんに色々な事を教えてもらえるコーナーもあります。
私達が参加したのは  「チョコレートを作ってみる」 体験。


まず、カカオの実を触らせてもらい、説明を受けました。
カカオの実は木の枝に生るのでなく、幹から直接ぶら下がっています。
(以前書いた こちらの記事 に写真が)
実を振ると、中の種 (カカオ豆) がカラカラしてマラカスみたい。 
カカオは大きくなるまで、他の木の陰で生育させる必要があるそうで
コーヒーやバナナのように大規模プランテーションでは栽培できず
アフリカでも生産できる国は赤道直下の数カ国に限られているそう。

DSCF6028.jpg
DSCF6057.jpg

実を割ると、中からカカオ豆が・・・  (これは、既に乾燥させてあるものですが)
DSCF6035.jpg

皮を剥いて・・・
DSCF6039.jpg

砂糖と混ぜて、子供達が機械をグルグル回して挽きました
DSCF6045 (2)


すると、甘~いチョコ味に!
DSCF6053.jpg

混ざり物の入っていない、砂糖とカカオだけのチョコレート、素朴な味で私には美味しかったです。
砂糖が入る前のカカオだけを潰したものも食べましたが、こちらもビターチョコのようで悪くなかったし。
でも、スーパーで売られているチョコが大好きな息子達は、「どちらも美味しくない」 と言ってました。
他のテーブルの子供達は完食して、おかわりまでしてたんですけどねえ・・・



次に行ってみたのは、トルコの影絵劇コーナー。
動物の皮 (と言ってたけど、黄色っぽいゼラチンをガチガチに固めたようなもの)
で作った人形を使い、まずは影絵の寸劇を見せてくれます。

DSCF6172.jpg

小さい子供でも退屈しない、5分くらいの短い劇で
誰も笑ってなかったけど、私と息子達には、この劇のオチが結構ウケました 

以下、ネタバレです。  
ドイツ旅行に行ったトルコ人が、 トルコ語で 「この駅の名前は?」
「この建物は?」 などと質問したので
ドイツ人が全てに  「なに言ってるのか分からないよ・・・」 と答えるのですが
それでトルコ人が  「ああ、この駅の名前は  『「なに言ってるのか分からないよ駅』 か」  とか
「ああ、この建物も  『ミスターなに言ってるのか分からないよ』 が所有しているのか」 と勘違いして
『ミスターなに言ってるのか分からないよ』 は、 大金持ちなんだなあと感心します。
最後にお葬式に出くわし、「誰が亡くなったのですか?」と聞いたら、また
「なに言ってるのか分からないよ・・・」  と言われたので 
「ああ、 『ミスターなに言ってるのか分からないよ』 は 死んでしまった。 お金を借りようと思ったのに・・・」 
という、 シュールな(!?)話 


劇の後は、この劇に登場した人物二人の絵を描かせてもらえます。
DSCF6179.jpg
右上にぶら下がっているのが、劇に使われる本物のゼラチン(!?)人形

下絵の上にプラスチックの板を重ねて写し、色を塗っていきます。
DSCF6180.jpg


夕方でもう疲れてきているし、やりたがらないだろうと思ったら、息子達は結構 夢中になってやってました。
私が急かしたので、きちんと写しきれていない部分もあるけど、まあまあの出来 
DSCF6200.jpg



今回は参加しませんでしたが、簡単なパンを作る体験や
DSCF6139.jpg

「足の裏についての説明」を受けるコーナーなんかもあります。
ドイツでは 「足の裏のツボマッサージ」 なんかも結構人気あるんですよね。
DSCF6140.jpg


帰る時になって 「そういえば、真っ暗闇の中でお茶を飲むカフェがあるって聞いたなあ・・・」 と
思い出したのですが、もう遅かった・・・  どこにあったんだろう?
今度また試してみたいです。


私も、 結構楽しめた一日でした。
・・・けど、子供達が一番楽しかったのは、ここよりも隣りにあった無料の公園だったらしい   
そんなもんだよねえ、 こどもって。     


帰りも、もちろん電車です。
学校が休み中とはいえ、平日の夕方7時5分。
日本でも知られている町の中央駅だというのに、人影はもうまばら。
勤め人の帰宅のピークは夕方5時台なのです。
DSCF6194.jpg

それにしても日が長いね~。
昨日も、夜10時に運転してても、まだ暗くなかったし・・・
もうすぐ夏至かあ  





スポンサーサイト

コメント
コメントありがとうです!
下の子はどっか行きたがりなのにお姉ちゃんがNGなのでかわいそうなんですよねぇ。
在宅ヘルパーがほしいわ。
スケートもしたい気持ちがいっぱいなのに、外で犬の声や子供の声がすると落ち着かなくって続きませんわ。
今がピークなのかな。そう思いたい!

それにしてもこの施設、おもしろそう。大人でも楽しめるよね。
カカオからのチョコづくりってありえない(笑)
影絵もすごく上手にできてるし感動したわ。
すばらしいな。
京都も最近水族館ができたのだけど、入場券買うのに長蛇の列・・。マメマメだけ連れて行っても大変だったのでほとぼりさめてからマメを連れていくわ。
ショコラdot 2012.06.10 21:14 | 編集
追伸・・フェイスブックはしてない?
ショコラdot 2012.06.10 21:16 | 編集
ショコラさんへ
京都に大きな水族館ができたんですね~。
こちらは海がないからだと思いますが、 全然 水族館ないので羨ましいです。 
出来たばかりの施設はすごく混むのでしょうね。
日本は、どこに遊びに行ってもすごい人なので、大人でも疲れますが
聴覚過敏があると人混みは辛いだろうし、初めての場所は落ち着かないだろうから難しいですよね。
うちの子達も、日本に行った時は、どこに遊びに行っても すぐ 「帰りたい」 って言ってました。
お姉ちゃん、スケートもやりたい気持ちはあるのに、周りの音が気になって出来ないのは可哀想ですね。
耳栓とかするのは・・・?  でも、耳栓自体が気持ち悪いかな。

チョコ作り、私が楽しかったです!
影絵は、写すだけなので、誰でも上手くできますよ~。

フェイスブック、やってないんです。
友達にも 「やろうよ!」 って言われるんですけど、SNS系はどうも苦手で。
私も、 実は 人とコミュニケーション取るの苦手なのかも・・・ (;^_^ A

pau paudot 2012.06.11 04:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。