--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.16

フランスでビックリ

夏休みにした南仏旅行の続きです。

ドイツも、結構な 「カード社会」 だと思うのですが、 フランスはドイツ以上なのかも・・・
ホテルやアウトバーンでの支払い も、カードで簡単に出来ましたが
マクドナルドや KFCにも、 カードで注文できる機械が2台ずつ置いてありました。

DSCF9722.jpg

ドイツのファストフード店では、こういう機械を見たこともないし
カードでの支払いは出来ない店がほとんどじゃないかなあ。
フランスでは、店内で並んで注文した人より
この機械で注文して、カードで支払ったお客さんを優先するシステムになっているそう。

しかしねえ、上の写真は フランスの小学校も夏休み中、 夕方6時半のマクド。
(フランス人は マクドナルドのことを、関西風に「マクド」と、頭にアクセントを置いて発音するらしい)

私達以外、お客さん全くいません。

そんな機械、置く必要あるんかい!   っていう感じです。

↓ KFC も然り。
DSCF0150.jpg
左の、白い矢印の下に機械が

ドイツのファストフード店のほうが、よっぽど混んでるゾ~~~。
ドイツに、こういうの置いて欲しいな。
でも、どこの店も食事時は混んでるから
こんな機械があったら、余計に混乱するような気もするけど。


そして、 それよりもビックリしたのが・・・
なんと、マクドで、ドライブスルーしているパトカー発見!
ええっ? それってアリ~???
ドイツだったら、 問題になりそう・・・

あっ、いや、 ただのパトロールかもしれないですよね。
きっと、そうでしょう、 そうだと思うよ・・・ そういう事にしておきましょう。  
DSCF9714.jpg


こちらは、ある日、義妹に誘われるままについていった 「ケリビュス城」
普段から、お城の多い南ドイツに住んでますから
色々な古城を見てはいるんですけど・・・

「えっ、 ま、まさか、 あそこに登るのーーー???」  
っていうくらい、高い場所にあるんですよ。

建てられたのは、1020年。
1244年に、十字軍によるカタール大虐殺の舞台となったお城なんですが
千年近くも前に、一体ここまで、どうやって 石を運んだの???
・・・って、誰もが同じ感想を持つと思うな、ここ。

DSCF9562.jpg

そんな恐ろしく高い場所だというのに、全く高さを気にしない男、ちょうなん。
滑り落ちたら、死ぬで~~~。
左のほうまで行って 「戻って来なさい!」 と叱られ、戻る途中。
DSCF9580.jpg


まあ、お城は高い山の頂上にあるのですが
かなり上のほうまで車で上れることを知って、 ホッとしたんですけどね。
でも、ここからでも結構登るんですよ!
DSCF9518.jpg


古城といえば、やっぱりあるのが、このタイプのトイレ。
下にいる敵に、ブツを・・・
DSCF9634.jpg
こちら、ケリビュス城でなく、近くのペイルペルテューズ城のトイレです。


お城の近くにある、 名前も可愛い  Cucugnan ククニャンという村。
箱で作ったおもちゃみたいな家々が並んでます。
DSCF9603.jpg

MAURYの町にあった              「MA」
Schild.jpg ma.jpg
下の標識は  「ケリビュス城」 


この辺り、フランス語とカタルーニャ語、 両方の地名表示があります。
斜線が引いてあるのは、ここで町が終わるから。
DSCF9494.jpg


この建物、好きだなあ。
DSCF9489.jpg


しかし、フランスをあちこち走ると、 ものすっごく 「ラウンドアバウト」 が多くてビックリします。
ドイツにもあるんだけど、これほど多くはないし
二車線になっている恐ろしいタイプのものはないと思う。

日本には、 ほとんど無いようなんですが
「ラウンドアバウト」 とは、 一体なにか・・・  次回に・・・






スポンサーサイト

コメント
日本好きのドイツ人友人によると、ドイツは日本ほどカードを使えないそうです。
っていうか、私もそう感じます。
日本ではスーパーで100円の買い物でもカードOKですが、こちらでは一定の金額以上でないとカードを使えない様子ですし、
また、クレジットカードが利用できるという常時も実家付近の店より格段に少ないように感じます。
在独17年と5年の違いかな。
私も長くなると日本事情と比較ができなくなる物事が多くなる覚悟を決めたところです。

ときどき行く中国料理店で食事をしていたら警察の人が入ってきて注文していました。持ち帰り。
パトカーは歩道の上に乗り上げて駐車。
同行していたドイツ人はひどく機嫌を悪くしていましたね。
私も怖かったです、腰に銃がある姿を目の前にしながら食事するのはなかなか大変です。
日本がいろいろな意味できちんとしすぎている、ということで、こちらのおおらかさに慣れなくては、とこれも覚悟を決めたところです・・・
とほほほほ~
りすdot 2012.09.17 01:37 | 編集
日本も、都会だとまた違うのでしょうか・・・?
実家のある地方では、デパート以外全然使えないし
東急ハンズなどでも、引き落とし忘れがいっぱいあったりして
どうなってるんだろう・・・? っていう感じだったのですが。

確かに、こちらは、ECカードなら多くの店で使えるけど
クレジットカードは種類が限られる店が多いし
5ユーロ以上からしか使えないとか、店によって違ったりしますよね。
そうか、ドイツは あまりカード社会でもないのかな?
私は、パン屋以外、ほとんどカードでしか買い物しないので
「どこでもカード使えて便利だわ~」 と思ってたんですが。
じゃ、ちょっと記事、書き直しておきますね。

確かに、 「お店で注文してお持ち帰り」 は、ドイツのお巡りさんもやってますよね!
そっか、ドライブスルーも同じっちゃあ、同じか~。
なんか  「えっ、パトカーでドライブスルー?」 って笑えたけど
パトカーをその辺に停めておくよりは、安全そうですよね。
店内に警官が入ってきたら、ビックリする人も多いだろうし。

りすさん、 今日は、お電話ありがとうございました。
私の勘違いのせいで、ビックリさせてしまって、すみません  v-435
そう、頂いたお手紙のお礼を言おうと思っていたのに、忘れてしまって・・・
お手紙もありがとうございました。
あのお手紙、ブログ記事にさせていただこうかと思っているのですが・・・
また、一度メールしますね!
pau paudot 2012.09.17 05:11 | 編集
パトカーがドライブスルーで買ってる場面、遭遇したことがありますよ。後ろから観察してたら、お会計のときにクーポンらしきものを使ってました。
「おまわりさんも節約せんといかんのね・・・」と、違和感もなく眺めておりました。

ドイツのマクドナルド(ケンタッキーはほどんど見かけないですよね?)、夏休みの6時半ごろっていったら、すごく込んでいる気がするのですが・・・。
あちらは、スペインやイタリア、ギリシャのように、夕食の時間が遅いのかもしれないですね。
フランス人の友人の子供(独逸在住)も、寝かせるのは9時過ぎって言ってました。うちは、8時に寝かせてますが、ドイツ人の友人には「遅すぎる」と指摘されてます。

カードが使えないということは、まだまだ「現金を店においといても、安全な国」ということの証明でしょうね。フランスなどは、それだけ危険なのかな・・・と思います。だって、手数料をカード会社に払っても、カードを受け入れるメリットがあるということですよね。
ベルギーもドイツ以上にカードが発達してました。ドイツじゃ、ECカードのみという店も多いですよね。そんなものを持たない外国人旅行者には不便・不親切ですよ。
らくだのせなかdot 2012.09.17 18:28 | 編集
ドイツでも、パトカーでドライブスルーしてましたか!
そっか~、 ドイツでもあることなんですね。
よくファストフード店利用するんですが、一度も遭遇したことなかったです。

ケンタッキー、ドイツには少ないですよね。
Nの隣町にはアメリカ人が多いので一軒あるけど、いつもガラガラだし・・・
ドイツ人は、Puten好きだけど、鶏肉はイマイチだからかな。
フランス人は鶏肉好きみたいで、ケンタッキーはたくさんあるけど
バーガーキングはフランスに進出していないんです。
マックもパリなどの都会はともかく、地方ではドイツほど人気がないようです。
夕食の時間も、確かにドイツより遅いかもしれませんね。
ドイツは、本当に子供達を寝かせる時間が早いですから。
フランスは、幼稚園児も小学生も、日本より帰宅が遅い地域もあるようなので
夕食の時間も、全体的にドイツより遅めかもしれませんね。

ベルギーのマックにも、カードで注文できる機械があるようです。
やはり、ドイツよりカード利用できる店が多いのでしょうね。
確かに、ドイツは 「現金を店に置いていても大丈夫」 な地域が多いですよね。
フランスやスペインのほうが、絶対に犯罪は多そうだ~。
家にお金を置いていても、財布にたくさん入れていても安全だから
住む分には有難いけど、観光で来る人達はクレジットカードが使えないと不便でしょうね。
そういえば、日本のマックには携帯電話をかざしてクーポンが使える機械とかあるんでしたっけ?
ドイツのマック、 時代に乗り遅れてるのか・・・   
pau paudot 2012.09.18 04:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。