--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.20

怖くて楽しいラウンドアバウト

フランスを車で走ると、 とにかく 「ラウンドアバウト」 が多いことに驚きます。

「ラウンドアバウト」 というのは・・・  信号のない、円形交差点。
三本以上の道路を、円形のスペースを介して接続したもので
この円形のスペースの真ん中には、島のようになった、丸い通行できない部分があります。
ドイツやフランスなど、右側通行の国は左回りしますが、 左側通行の国は時計回りするそう。


フランスで見た、三本の道路を繋ぐ、とっても小さい ラウンドアバウト。
DSCF0136.jpg

フランスは、左回り。
DSCF0133.jpg


フランスの田舎町では、こんなラウンドアバウトが
信号代わりに、ドンドン出てきます。

こちらは、少し大きなもの。
DSCF8505.jpg

南仏だと、やっぱり真ん中の島が南国風。
DSCF9709.jpg

DSCF9723.jpg


ドイツにも、「ラウンドアバウト自体」 は、たくさんあるのですが、
ドイツに無くて、フランスにたくさんあるのが、 「円が二車線になっているラウンドアバウト」

DSCF9402.jpg

車が多い時に、うっかり内側の車線に入ってしまうと
「出られなーーーい 」 状況になってしまい
グルグル何度も円を回ってしまうことも。   ・・・って、それは、私だけ
出口も二車線あるとは限らないので、 慣れないうちは、外側だけを走ったほうが無難です。
どうやって利用するかというと、こんな感じ。





歩行者が多い街中には、 「ラウンドアバウト」 は向かないかもしれませんが
郊外なら、利点がたくさん!
信号の電気代を節約できるし、渋滞になってしまうことも少ない
(スッと中に入れない人がいると困りますが・・・)
速度を落とさないと円に入れないので、スピードの抑制になる。
一旦停止せずに入れることも多いので、排気ガスの排出量が減るし、燃費や騒音も減少する。
ということで、 ドイツでも、近年は田舎町に 「ラウンドアバウト」 が増えつつあります。


真ん中の、 車が通らない 「島のような部分」 は、色々と地方色が出ていたりして面白いんですよ。
残念ながら写真はないのですが、 フランスは、海の近くだとボートが置いてあったり
ワインの産地だと、ワイン畑が作ってあったり・・・
楽しんでデザインしている人達がいるんじゃないかな。



でも、ドイツの ラウンドアバウトの島も、 色々あって楽しいです。
最近、 こんなのみつけてビックリしました。

ん?  人がいる・・・?
DSCF0206.jpg


まるで、本物の消防士さんみたいでしょ!
もちろん人形なんですけど、腰に付けてる花が可愛い~。

DSCF0209.jpg




消防士さんといえば、先日の日曜日、オットと子供達は
消防署の開放日 (消防車に乗せてもらえたり、ちょっとしたお祭りのようなものがある) に
遊びに行ったんですけど、  帰りに また大変なことが~~~  




スポンサーサイト

コメント
今年も旅行記、楽しく読ませてもらっています。
市場やトイレ。撮影用の四角い穴等々、目のつけどころがとても面白く、一人笑っています。

「ラウンドアバウト」。いろんな国にあるんですね!私は初めてイギリスで見た時には驚きましたが、沢山あったので、イギリスのものかと思っていました。島部分も大概、ガーデン風に木や花が植えてあったから・・・。
そういえば、日本でも近所で一か所だけみたことがあります。

そこに、目が止るとは、さすが素晴らしい着眼点を持っていらっしゃる。
くろろdot 2012.09.23 02:03 | 編集
旅行記、実は2年前にも同じところに行って、似たような事を以前のブログに書いたので
「前と同じじゃん!」 と思ってる人も多いかも・・・  (;^_^A
トイレの話は初めてですけどね~。

ラウンドアバウトは、フランスで最初に作られて、イギリスにも広がったようです。
私は、イギリスに行ったことがないので、イギリスにどれくらいあるのか分からないんですが
フランスの地方に行くと、本当に全然信号がなくて、ラウンドアバウトが5、6回続くようなことも
あるので、 本当にグルグル回ってばかりいるような感じなんですよ~。
ドイツにもあるんですけど、あまり多くないので、ドイツからフランスに行った人は皆ビックリします。

日本にもあるんですね!
ということは、やっぱり時計回りなんでしょうか?
実家の近くの駅にも  「ロータリー」  ならあるんですけどね。
あそこは、どっち回りだっけ・・・   嗚呼 思い出せない・・・  v-393
pau paudot 2012.09.23 03:57 | 編集
二車線のラウンドアバウトう内側をいかにスムーズに出るか、
、帰国までの目標でしたが結局怖くて外側しか走れませんでした。
余談ですが帰国してすぐ、近所のロータリーで危うく反対方向に入りそうになりましたよ!
いかに欧州に多く日本に少ないかですね。ちなみに日本は時計まわり。
ショコラdot 2012.09.26 23:26 | 編集
ショコラさんがお住まいだった国にも、二車線のラウンドアバウトがあったんですか?
あれはホントに、内側に入っちゃうと出るのが大変ですよね。
右側通行に慣れてしまうと、日本の交差点で曲がった時、反対の車線に入りそうになったり
ロータリーを反対に回りそうになったり・・・  しそうで怖いですね。
でも、ショコラさん、どちらの国でも運転できるなんてスゴイですよ!
私、日本で運転なんて、怖くて出来そうにないもんなあ。
やっぱり、日本のロータリーは時計回りなんですね~。
pau paudot 2012.09.27 04:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。