--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.23

シーネ

Category: 怪我
先週日曜日は、地元の消防署の開放日でした。
たくさんの折り畳み式テーブルとベンチを並べて、ビールを飲んだり食事をする場所が作られ
その日は、誰でも消防署の中に入ることができます。
子供達は、消防車に乗せてもらえたり、 空気を入れて膨らませたトランポリンのようなもので
遊べるようになっていたりして、年に一度ある、消防署のお祭りのようなイベント。

DSCF1424.jpg
2007年の開放日にて。 消防車に乗って喜ぶ息子達

日本でも、田舎は同じような感じだと思うのですが
ドイツの田舎の消防署は、普段 一人か二人の消防署員が常駐しているだけで
火事や大きな事故の際は、地元の消防団に所属している男性達が駆けつけることになっています。
オットも若い頃は消防団に所属していたので、年に一回の開放日に
普段会えない、昔からの知人とビールを飲むのが楽しみ。

でも、私と子供達は毎年通って、このイベントにはもう飽きてる・・・
ってことで、 今回、私は家に残り、オットと子供達だけ
消防署に、夕食の焼きソーセージを食べに行きました。

私が、家でのんびりしていたら、誰かが帰って来た気配があったので
見に行くと、長男一人。
「おかえり~」 と声を掛けたら
なんか 「アウ・・・アウ・・・」 と泣きそうな変な顔をしている。
「どうしたの?」 と聞いても、無言で鏡を覗き込んでいるので
顔を見たら、 顎がこんな状態になっていた・・・
あちゃーーー
Roller (キックボード) に乗ってて、コケたらしい。

DSCF0287.jpg
写真だとよく分からないけど、アゴが腫れてます。 数日後には、口元まで黒くなった・・・


以前も、アゴがパックリ割れて縫ったことがあるのですが
今回は 「もっと痛くて、口が開けない・・・」 と言うし
歯も磨けないので、 やはり早目に医者に行くことにしました。

レントゲンを撮ったら、アゴの骨は折れていませんでしたが
下の前歯、永久歯が2本グラグラになっているようで
ドクターが  「シーネで固定しましょう」 と。

えっ、シーネ?   歯に!?
シーネって、手足を骨折した時なんかに
こうやって添えるものだよね?

長男が先月、右手親指に使用していたシーネ。
(最近のは、温めると形が自在に変えられて、すぐ固まる)   
DSCF0316.jpg 

シーネの上に包帯。
DSCF7943.jpg


口腔外科 (ドイツでは Kiefer-orthopaede ですが) のドクターに
「2時間後にもう一度来てください」 と言われたので
(もう何度もシーネを使った経験のある) 長男と
「一体、歯のシーネって、どんなものだろうね!?」
と話しながら、 医院に戻ると・・・


プラスチックのような硬い素材で、こんな物が出来ていました。
保護する下の前歯だけ、すっぽり被せる形になっていて
あとの歯は、上のほうに引っ掛けるだけになっています。
DSCF0300.jpg


6週間、装着するらしい・・・  手足の骨折より長いくらいじゃないの!
それも、毎食後に歯磨きして、シーネも洗わないといけないなんて面倒くさいなあ
でもまあ、これくらいで済んでよかった。


実は、普段から、こんな ごっつい歯の矯正器具を入れている長男。
上のシーネくらい、どうってことなさそう。
DSCF5970.jpg
左の道具でネジを回して、少しずつアゴを広げていく床矯正


日本でも、子供が永久歯をぶつけたりしてグラグラになったら
シーネなどで固定して治療する歯科が多いようです。
完全に歯が取れてしまっている状態でも、上手く付くこともあるそうなので
もし、お子さんが口元を怪我したら、歯医者さんにすぐ見てもらってくださいね。


そういえば乳歯の時も転んで打って、歯が黒くなったことがあったっけ・・・
あの時は、どうしたんだったかな・・・?  
もうすっかり忘れてるよ・・・    私の頭も大丈夫か・・・  





スポンサーサイト

コメント
さらっと記事にしていますが、大変だったでしょう、特にご長男、本人!
3年前だったか、階段でつまづいて唇を切って出血したわたし、それだけでもパニックでした。
(歯が無傷だったのが今更ながら本当にラッキーです)

私も消防車に乗ってみたいものです、だめか、大人は・・・
りすdot 2012.09.23 17:35 | 編集
ありがとうございます。
長男本人はパニックだったでしょうね。
私は、もう子供達の怪我に慣れっこになっていて
「まあ、仕方ないよね。 医者に行ったほうがいいのかなあ・・・」
って感じだったんですが。
でも、もし顎が折れていたら、手術して、しばらく何も食べられないようなことに
なっていたかもしれないので、これくらいで済んでホントによかったです。
りすさんの唇の怪我も、きっとその時は痛くて大変だったでしょうけど
大事に至らなくてよかったですね。

消防車は、大人でも大丈夫ですよ!
日本人だったら、大人なのか若い子なのかも不明だろうし・・・ (^^;)
私も以前、スイスの消防署で、ハシゴ車に乗って
すっごく高くまで上がらせてもらったことありますが、気持ちよかったです~。

pau paudot 2012.09.23 21:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。