--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
10.04

Kärwa

Category: 行事、記念日
近くの町の Kirchweih (キルヒヴァイ) というお祭りに行ってきました。
こちらの、サッカーブンデスリーガのチームがある町です。
DSCF0656.jpg

どの町のお祭りも同じですが、折り畳み式のテーブルやベンチをたくさん並べて
ビアガーデンのようになった飲食店がたくさん並びます。
DSCF0435.jpg

DSCF0470.jpg

DSCF0458.jpg

この季節にしか飲めない フェーダーヴァイサーという
発酵途中のぶどうを原料にしたアルコール飲料を売る店も。
DSCF0629.jpg

秋らしい飾り付けをした店や、いかにもバイエルン! な屋台がたくさん。
DSCF0462.jpg

こちらピザ屋さん
DSCF0561.jpg


毎年のように書いているので、何度も目にした方も多いと思いますが
このお祭りで一番目立つのが、こちらの灯台のようなお店。
DSCF0546.jpg

真ん中の段の、でっかいフライパンになっている部分で (柄しか見えませんが)
魚のフライ (Backfisch)  を揚げて
DSCF0548 - Kopie

滑り台でスルッと下へ落ちてきます。
DSCF0553 - Kopie

でも、このお店の 魚フライは昨年イマイチだったらしく
オットや友人達は、こちらの巨大プレッツェルを売るスタンドの隣りで買っていた。
DSCF0521.jpg

燻製の鮭や、ニシンの酢漬けと玉ねぎなどを挟んだ丸パンも。
DSCF0519.jpg


このお祭りの為に組み立てた
移動式遊園地のような乗り物もたくさん。

結構 大きな観覧車なんですが、周りに囲いがない上に
座る位置が高いので、小さな子供を乗せるのはちょっと恐ろしい・・・
DSCF0724.jpg

そういう方には、ミニ観覧車もあります。
DSCF0590.jpg


長男が 「これに乗りたい!」 と言い出して、  えーーーっ
身長 140cm以上とあるから、ちょっとどうかな・・・ っていう感じだったんだけど
問題なく乗せてもらえた。  下で見てるだけでも怖いよ~~~
DSCF0492 - Kopie
左上の足がオットと長男

長男、ずっと頭が後ろにゴンゴンぶつかっていて痛かったらしい・・・
そうだろうなあ。 
上から降ろすU型の安全ベルトも、こんなにユルユルだもん。 
こうやって写真で見ると改めて恐ろしい!
DSCF0485.jpg


お祭りに行くと、いつも同じような物しか食べないので・・・
また 「ランゴス」 ですが。
揚げた生地に、左は、ニンニクソース、チーズ、サワークリーム
右は、 赤いパプリカソースも掛かっている。
DSCF0571.jpg

今回は食べなかったけど、いつも 「美味しそう」 と思うのがコレ。
大きな玉ねぎを花型に切って、揚げたもの。
でも実際に食べてみると、かなりクドくて、一人ではとても食べきれない。
DSCF1759, 2007.01.20, 21.16.27

DSCF1760, 2007.01.20, 21.16.58


なんと、ドイツにはないと思っていた 「チュロス」 の屋台をみつけました!
でも、フランスや日本のチュロスとは、似ても似つかぬような代物だった。
ものすごくたくさん砂糖の掛かった、細長いドーナッツみたいで。
DSCF0683.jpg

今年は、こんなものが、あちこちに置いてあって笑ってしまったよ~。 
ドイツ語が分かる人でも、フランケン地方以外の人に読めるかな・・・?
DSCF0714.jpg

Kärwa ケルバ は、 Kirchweih キルヒヴァイ のこと。
Aamerla アーマラ は、 Eimer (アイマー) バケツ、ポリバケツのこと。
つまり  「キルヒヴァイ用のゴミ箱」 なんですが、フランケン地方の方言で書いてあるんです。


昔 お隣さんちの子が小学一年生の時、 授業中に先生が
『 「A」 から始まる単語は、なにがあるかな? 』  と質問したので
ハリキッて手を上げ  『 Aamerla アーマラ 』  と発言したら、みんなに大笑いされて
家で泣いてた・・・ と、 ママが言ってたっけ  
(正しい綴りは  Eimer アイマーなので、 Aから始まる単語ではない)


そんな話を思い出しながら、 この近くで 「ピタギュロス」 を食べたのですが

DSCF0710.jpg
こちらが ピタギュロス、 ピタパンの中に豚肉、野菜、ヨーグルトソースが挟んである。


次男は、買ったばかりのピタギュロスの中身を全部、下へぶちまけてしまい
パパに ガッツリ叱られたのでありました   



次回へ続きます。




スポンサーサイト

コメント
ドイツのいろいろな地方に住む日本人の書くブログではっとさせられるのですが、ドイツは本当にそれぞれの地域で違う物事がある様子ですね。
今回はこのたまねぎの揚げ物。
まだこちらでは見たことがありません。

あ、でも囲いの無い観覧車は一緒ですね。
本当に怖いです。
オクトーバーフェストの観覧車は囲いがあるそうで、今年は乗ってみたいと思っていたのですが、秘かに行くチャンスを今年も逃してしまいました。
りすdot 2012.10.08 18:01 | 編集
玉ねぎの揚げ物、 誰かが  「日本でも見た!」  と言ってましたよ~。
私は最近 お祭りって、この町しか行かないので
他の町には、どんな屋台が出ているのかサッパリ分かりません。

そちらの観覧車も囲いがないですか?
これ、事故とか起こらないんでしょうかねえ?
人が落ちなくても、子供がなにか投げちゃうとか・・・
一番上まで来ると、大人でもすっごく怖いですよね。

以前りすさんが、ブログ記事にしていた 「Japanisches Minzöl」 だけを売る屋台が
このお祭りに毎年でているので、 写真を撮ろうと思ってたんですけどね。
そこに辿り着く前に事件(!?) が起こって 行けなかったんです、 残念!
オクトーバーフェストもいいんですが、あそこは人が多すぎて写真が撮りづらそう・・・
インゴルシュタットのお祭りも、 是非またそのうち紹介してくださいね~。 
pau paudot 2012.10.08 19:17 | 編集
N市に住んでたときに、私も行きました。
あのBackfischのスタンド(というか、舞台の大道具並みですね。)、あの町で初めてお目にかかって、感動したのを覚えています。(味は、イマイチだったような・・・)

玉ねぎのフライ、美味しそうです~。
初めてみたけど、そのうち、うちのあたりでも進出してくれるかな??
らくだのせなかdot 2012.10.13 04:19 | 編集
F市のお祭り、いいですよね。
あのBackfischのスタンド、 この辺りはFでしか見たことないんですけど
北ドイツには、よくあるんじゃないかなと思います。
というのも、以前、Nordsee近くにある鉄道模型の博物館に行った時
そこには、オクトーバーフェストなど色々なお祭りのジオラマが作られていたのですが
その中の、あるお祭りの場面に、あのスタンドと全く同じものがあったんですよ。
「えっ、F市のお祭り?」 と思ったけど、まさかねえ・・・

玉ねぎのフライ、 見た目はすごく美味しそうなんですけど
揚げ物好きの私でも、一度食べたら  「もう、いいや・・・」  ってなりました。
外側はパリッと美味しいんですけど、中は生の玉ねぎの部分が多いんです。
すごく売れてるという感じでもなさそうなので、あまり他の地域には広がらないかも・・・
pau paudot 2012.10.13 08:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。